ダサいおじさんファッションの特徴とは?イケおじを目指す方法も解説

友だち追加

どうも!TO-REN編集部です。
TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日こんな内容の恋愛相談を頂きました。

TO-REN
ダサいおじさんってどんな人のことをいうのでしょうか…?
皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、おじさんなのは仕方ないにしても、「ダサい」と思われるのは避けたいですよね。

そこでこの記事では、ダサいと思われるおじさんのファッションや、反対に「イケてる!」と思われるファッションのポイントについて解説していきます。

ダサいおじさんファッションの特徴6選

おじさん ファッション ダサい

まずはダサいおじさんファッションの特徴を6つ紹介していきます。

自分が当てはまっていないかチェックしてみて下さい!

1.柄物ばかりを組み合わせる

おじさんに限らず「ダサい」と思われるファッションの代表例として、柄物同士を組み合わせるというものがあります。

柄物自体は華やかな印象になるのでアリなのですが、取り入れ過ぎるとセンスがないと思われてしまうのです。

まず、柄物を入れるのはトップスかボトムス、帽子や靴下、バッグなどどれか1つまでにしましょう。

おしゃれ上級者には柄物を組み合わせてかっこ良く着こなす人もいますが、おしゃれに自信のないおじさんがマスターするのは至難の業です。

2.サイズが合っていない

意外と見逃してしまいがちなのが、洋服のサイズ感です。

最近はオーバーサイズが流行っていますが、おじさんがオーバーサイズを意識しすぎるとトレンドどころかだらしなく見られてしまいます。

また、反対に身体のラインがわかるくらいピチピチのものも女性ウケが悪いので、しっかりサイズ表を見て適したサイズのものを買うようにして下さいね。

また、私服はもちろんですがスーツもサイズが合っていないとかなりダサいです。

おじさんたるものスーツの着こなしは若者よりも上手でありましょう。

3.オールドファッションをしている

あまりにトレンドからかけ離れた格好をしていると「ダサいおじさん」と思われてしまいます。

若い人がわざと70年代から90年代の格好をしていることがありますが、それは若いからこそ「レトロでかっこ良い」と思われるのです。

おじさんが古いファッションをしていると時代に乗り遅れているだけに見えるので、今の流行りを勉強しておきましょう。

もしレトロなファッションにこだわりがあるなら、全てを古いデザインにするのではなく、トレンドと混ぜ合わせて利用してみて下さい。

4.若作りしすぎている

トレンド感が大事とはいえ、年代に合わない若すぎる格好は逆に「ダサいおじさん」と思われるので気を付けましょう。

度が過ぎると「イタイ人」と思われかねません。

トレンドを押さえつつ年代的に無理のないファッションをするには、やはり同年代の人を参考にするのがおすすめ。

ファッション誌は幅広い年齢層向けの物がたくさん販売されていますし、インターネットで「50代 トレンド」などと調べれば参考になるものがたくさんあります。

5.TPOを考えない

いくらおしゃれな格好をしていても、TPOが合っていないと「ダサい」と思われてしまいます。

たとえばアウトドアの時にジャケットのセットアップ、パーティーにデニムなど。

これはかなり極端な例ですが、その場や内容に合わせたファッションを心掛けることは非常に重要です。

つまりその時々によって適した物を上手く取り入れているだけで「おしゃれなイケおじ!」と思われるので、ぜひ意識してみて下さい。

6.ブランドもので固める

「おじさん」という年齢である以上、ある程度はブランド物など高価なアイテムを持っていた方が好感度が高いです。

とはいえブランドものばかりで固めるのもそれはそれで「ダサい」と思われるので気を付けて下さい。

柄のないシンプルな物はセーフですが、ロゴが入っているものは「嫌味っぽい」「見栄っ張り」と悪い印象を与えてしまいます。

ブランド物は目立たない小物などで取り入れると「センス良いおじさんだな」と思われるのでおすすめです。

ダサいおじさんファッションにならないための3つポイント

おじさん ファッション ダサい

それでは具体的に、ダサいおじさんにならないための大事なポイントを3つ紹介していきます!

1.清潔感を意識する

おじさんのファッションにとって1番大事なのが清潔感。

年を重ねると誰でも体型が緩んだり、臭いが強くなったりしますが、これは仕方のないことです。

しかし、だからといって放置していてはモテません

髪やヒゲはしっかり手入れをし、臭いケアを徹底し、シワや汚れのない清潔な衣服を身に着ける。

たとえおしゃれではなくても小綺麗なだけで「イケてるおじさん」だと思われます。

2.小物を活用する

「ダサいおじさん」と思われないために、小物を上手く活用することが重要です。

ファッションというとジャケット、トップス、ボトムスを思い浮かべる人は多いですが、女性は靴や腕時計、鞄などの小物をよく見ているもの。

小物遣いが上手だと「おしゃれな人なんだな」と印象づけることができます。

また、ブランド物で経済的な魅力をアピールしたいのなら、小物系でアピールするのが効果的!

3.程よく流行を取り入れる

「ダサいおじさん」のファッションはいわゆる「流行遅れ」です。

つい3年前に流行っていたものも、若者の間では過ぎ去った流行になっているなんてことも少なくありません。

テレビや雑誌、インターネットをチェックしてトレンドはなるべく押さえておくようにしましょう。

ただ、全てトレンドで揃えても「頑張りすぎている」「若作りしている」という印象になってしまうので、全身のうち1つか2つくらいに留めておくとバランスが良いです。

ダサいおじさんファッションにならないようにしよう

おじさん ファッション ダサい

同じ人間でもファッション1つで「ダサいおじさん」「イケてるおじさん」に分かれます。

こちらの記事で紹介したポイントを押さえれば若い人にモテるおじさんになるのも夢ではないので、ぜひ挑戦してみて下さいね!

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

    -清潔感