「自分はどう見られてる!?」女性の意見がもらえるフィードバックデート

今回は「恋愛を勉強」する上で僕がたどり着いた、1つの”正解”についてお話しします。

この企画はコンサル生に対してのみ行なっていたものですが、その有用性と効果を実感したことと、「これを必要としている男性は世にたくさんいる!」という受講生、講師からの強い声をいただいたので、この度こうした形で一般公開することにしました。

何度デートしてもうまくいかないわけ

・会話中に相手がどんどん盛り下がっていくのがわかる

・1回目のデートはできても、2回目につながらない

・上手くいった!と思ったデートの後、LINEに既読がつかなくなる

あなたも、こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

「どうしてだ!何が悪かったかわからない!」

「改善したくてもできない・・・」

これは参考書で言えば、問題を解きっぱなしにしている状態です。当たり前ですが、これでは力がつきません。

次のデートこそは頑張ろう!と意気込むも、次のデートでも撃沈して、1人打ちひしがれながら家に帰る。

そしてまた、同じことを繰り返して失敗し、連絡が取れなくなる・・・

どうしてこんなことになるのでしょうか?

その答えは1つ、フィードバックがないからです。

人は気づいていないことを改善できない

恋愛の難しさ=PDCAをまわしにくいこと

PDCAサイクルという言葉があります。

Planで計画を立て、Doで実行し、Checkでやり方を評価し、Actで改善する。これを繰り返していくことによって、適切にゴールに近づいていきます。

そして、恋愛に関して言えば、CとAが圧倒的に難しいです。

計画を立て、実行することができても、

  • それがうまくいったのか?どこが悪かったのか?
  • それを元に、どう次のアクションに移すか?

これができなければ、当たり前ですが改善できません。

これが、

  • 自分は最大限できることをしたのにうまくいかなかった。相手がおかしいんだ。
  • いくら自分で改善しても、全く効果がない。もう何をしても無駄だ。
  • 恋愛なんて勉強できない。初めからモテる男とモテない男がいるだけだ。

といった、誤った考えの原因になっているのです。

そうではなく、適切にフィードバックを受けることによって現状を正しく認識し、より効率よく成長していくことができます。

反対に、女性から直接受けたフィードバックは、あなたにとって一生の資産になるとさえ言えます。

いつまでも原因に気づかず、愚痴をこぼし続ける男の話

こんな男がいました。

彼は、人と目を合わせることが極端に苦手でした。自分では気づかないうちに、つい相手から目をそらしてしまいます。

女性からしてみれば、目を不自然に動かすことで、「この人は変な人なのかも・・・?」と思われて距離を置かれていたのですが、彼自身はそれに気づいていませんでした。

俺がモテないのは顔のせいだ!!と思い続け、「俺もイケメンに生まれてこればよかった」といつも愚痴をこぼしていました(その愚痴のせいで余計に人がよりつかなくなっていたのですが・・・)

彼に必要なことは、「自分が目をそらしすぎていると認識すること」です。それを指摘してくれる機会が今まではいなかったので、今まではうまくいかなかったのです。

 

というのは実は、僕の話で・・・笑

 

「全然人と目を合わせないよね」と言われたことをきっかけに、人と目を合わせる練習をするようになり、今では自然と目を合わせることができるようになりました。

あの時、「人と目を合わせないよね」と指摘してくれる友達がいなければ、根本の原因に気づくことなく、伏し目がちに今も生きていて、「結局人は顔か・・・」と愚痴をこぼし続けていたと思います。笑

【自分が問題だと思っていること】と【人が問題だと思っていること】を一致させることが大切だということですね。

正しいフィードバックで期待できる効果

つまり、正しくフィードバックデートを受けることによって、最短で恋愛を勉強することができる、というワケです。

言われてみればそうですよね。

勉強だって、独学でやるよりも、優秀な家庭教師にに指摘してらいながらやる方がうまく行くのは当たり前です。

「その式変形は遠回りだよー。この公式つかった方が早いよー。」

「こういう時はこういう考え方したらうまく解けるよー。」

といった具合に、今の自分の問題点を指摘してもらうことによって、物事を最短で習得することができるのです。

女性だって言いたいことがある!!

実はフィードバックは、男性側のニーズだけではありません。

女性も多くの不満を抱えています。ナンパをしていた頃、特にこんな不満は山のように聞きました。

女性「聞いてよ。この前こんな男がいてさー・・・」

女性「もー最悪。ひどい男がいたんだよ」

女性「実は彼氏がひどくてさ・・・」

だからと言って、「じゃあその男に言えば?」「彼氏に言えば?」と言うと、

「そんなの言えるわけないじゃん!!」と口を揃えて言うのです。

面と向かっては言えないけど、胸の内に抱えていることがある。そんな状態では、仮に付き合えたとしても長続きはしませんよね。。

女性が心の中で思っていることを、男性が理解し、改善することができたら・・・。

「ひどい男」が世の中に少なくなり、「いい男」が増えていくのではないでしょうか。

実際にフィードバックをもらうことの難しさ

女性からフィードバックをもらうことが最短であることはわかっていただけたかと思います。

しかし、実際にフィードバックをもらおうと思うと、実はこれが難しいんですよね。

女友達にちゃんとフィードバックしてもらうのは不可能?

仮に、女友達にフィードバックをもらおうとするとしましょう。

男「ちょ、俺の悪いとこ教えてー」

女(悪いとこ?いっぱいあるけど本音で言ったら気を悪くするかもしれないし・・・)

男「なんかある?」

女「え、特にないよー^^」

男「そうだよな、ありがとー!」

このように、気を使って本音を言ってもらえないのは明らかです。

イチ個人の意見になりがち

もう1つの難しさは、イチ個人の意見になりがちだということです。当たり前なことですが、女性だって千差万別です。人によって「これはオッケー」「でもこれは許せない」など、感性が違います。

どれが正しくてどれが間違っている!ということではないのですが、偏った完成を持った女性にフィードバックを受けては、おかしなことになる可能性があります。

・男性経験がそれなりに豊富で

・女友達も多くて女性の一般的な意見を理解しており

・それを正しく伝える能力がある

フィードバックを受けるなら、そんな女性であることが求められます。

そして、そんな女性に対して、「今回は思ったことを全部言ってもらう」という約束をした上で、お互いの了承のもと、ありとあらゆるフィードバックをしてもらうこととなります。

そういった間柄の女性が周りにいるなら、ぜひ彼女にフィードバックをしてもらってください。しかし、必ずしもそうではないともうので、東大式恋愛勉強法のフィードバックデート(FBD)のご紹介をさせてください。

東大式恋愛勉強法のフィードバックデート企画

実際に、講師の女性とデート前のラインやりとりから、デート場所の決定、待ち合わせ、デートと、進めていっていただきます。

デート当日は待ち合わせから約1時間30分後にヤジマが合流し、ヤジマが司会者として入った形で、約1時間のフィードバックを行います。(※面と向かってフィードバックを受けたくない場合は、ヤジマが講師に話を聞いている音声を後日送付する形でも対応しています。)

フィードバックではまず4枚のフィードバックシートを記入していただき、・安心感 ・社会性 ・印象 などの、多くの女性が見ているポイントについて5段階評価でチェックしていただきます。

その際には、受講生にもシートをお渡しするので、自分の認識と、女性の認識のギャップを理解することができます。

自分が思っていたポイントが実は問題ではなく、大丈夫だと思っていたポイントが大きな問題だった・・・ということがよく起こります。笑

他にも、「一番盛り上がった話題は?」「男女の会話の比は?」など、自分と相手でどのような認識の差があるかをチェックしていきます。

そして最後に、自由に質問する時間を用意しているため、気になる部分を直接女性に質問することができます。

スケジュール例

事前面談withヤジマ(デート以前・1時間程度)

ヤジマとの事前面談です。FBDをできる限り有意義なものにするよう、課題を明確にします。

この際に、FBDが必要ない、もしくはより準備が必要と感じた方についてはFBDの見送りを提案することもあります。

デートwith女性(1時間30分)

実際に女性とデートを行なっていただきます。

予定は渋谷で、待ち合わせ場所決めからお店への誘導まで、すべて男性主導で行なっていただきます。

時間は約1時間です。

フィードバックシートの記入with講師・ヤジマ(15分程度)

独自のフィードバックシートを元に、フィードバックを行います。

男性が感じている印象と、実際に女性が感じた印象を照らし合わせ、女性からどう見るかを知ることができます。

直接フィードバックwith講師・ヤジマ(1時間程度)

ヤジマが仲介し、よかった点、今後改善していける点を浮き彫りにしていきます。

事後フィードバックwithヤジマ(別日)

デート音声を録音しておき、希望者にはヤジマがトークのフィードバックを行います。

対象

18歳以上の男性

フィードバックって誰がやってくれんの?

誰にフィードバックしてもらうかは大切ですよね。

そもそもこの企画をすることになったきっかけとなる音声をお聞きください。

フィードバックしてくれるのは「みーちゃん」です。

CAをしていて日本にいないことが多いため、大変予約が埋まりやすくなっています。希望者は早めにご連絡ください。

金額

多くの要望に応えられるよう、コースを3つ用意しました。

①フィードバックシートコース

女性とデートし、フィードバックシートに記入してもらうだけのコースです。直接のフィードバックを受けることはできません。

金額は20000円+自分と講師分の飲食代です。ヤジマの飲食代負担は必要ありません。

②スタンダードコース

女性とデートし、フィードバックシートに記入してもらった後、直接フィードバックを受けることができるコースです。「シートのこの部分はどういうこと?」「俺のこの部分はどう思う?」など、直接質問することができるので、一番オススメのコースです。

金額は25000円+自分と講師分の飲食代です。ヤジマの飲食代負担は必要ありません。

③プレミアムコース

女性とデートし、フィードバックシートに記入してもらった後、直接フィードバックを受けることができるコースです。「シートのこの部分はどういうこと?」「俺のこの部分はどう思う?」など、直接質問することができます。また、デート音声をヤジマが聞き、会話展開などについて、後日1時間程度のフィードバックを行います。

会話を直接ヤジマが聞き、アドバイスをするので、かなり気づきの多い体験になると思います。

金額は50000円+自分と講師分の飲食代です。ヤジマの飲食代負担は必要ありません。

 

1回女性とディナーに行けば、2人で約1万円くらいはかかるでしょうから、スタンダードコースでも3回デートに行く料金と思えば十分に元がとれます。

決して安い金額ではありませんが、女性からの意見と、ヤジマからの意見をもらえることによって、デート10回分の気づきが得られることは保障します。

それと、正直、メンタルがやられると思います。

もちろん、最大限の敬意と配慮を持って望みますが、今まで自分で気づいていなかった、もしくは気づかないふりをしていた部分に向き合わされるわけです。

ダメージがないわけがありません。笑

しかし、そのダメージが大きいほど、自分が向上できる伸び代も大きいと言えます。

自分と向き合う覚悟のある、向上心を持ち、自分を本当に変える覚悟がある人だけ申し込んでください。

参加特典

ヤジマと講師で、具体的に改善する方法までサポートします。

あと、ヤジマとしても熱が入るので、相談に優先的に乗ります。

 

参加の申し込み、質問などはLINE@からお願いします。

※送っていただいたメッセージはヤジマとあなたにしか見えませんのでご安心ください。友だち追加