聞き上手 特徴

聞き上手な男性の特徴とは?女性にモテる理由や好感度の上げ方も解説

どうも!TO-REN編集部です。 先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

TO-REN
聞き上手な男性にはどんな特徴があるの?聞き上手になって好感度を上げたい!
確かに、聞き上手な男性には特徴があり、話を聞いてもらうのが好きな女性にモテますよね。
そこでこの記事では、聞き上手な男性の特徴や女性にモテる理由、好感度の上げ方について解説していきます。

TO-RENは、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

聞き上手な男性の特徴3選

聞き上手 特徴

聞き上手な男性は、女性からみてかなり大きな魅力に溢れています。

女性は自分の話を聞いてくれる人に好印象を持ちます。

どんな人が「聞き上手」と呼ばれるのか、具体的な特徴を3つ紹介します。

1.常に笑顔である

聞き上手な人は話している時、相手に笑顔を見せている人です。

話している時相手が笑顔でいると、「ちゃんと話を聞いてくれている」と思い、女性にとっては印象がかなり良いポイントです。

逆に不機嫌だったり興味なさそうな顔をしていたら、「ちゃんと聞いてるのかな……」と不安に思います。

そのため笑顔でいることが、聞き上手であるなによりの証拠になるのです。

2.相手の意見を否定しない

話している時に、相手の意見を否定しないことは、聞き上手な人の特徴の一つです。

会話していれば、時には相手の意見と食い違うこともあるでしょうが、聞き上手な人はその意見を否定することはありません。

否定するのではなく、まず「聞き入れる」ことをして、しっかりと受け止めます。

相手の話をすべて聞いてから、「こういう意見もあるよ」と反対の意見を述べます。

否定や反論をせず、話を途中で遮らない人は、誰にとってもとても話しやすい人に見えますよね。

3.相槌を打つタイミングが上手い

相槌を打つことは会話の基本です。聞き上手な人は、上手なタイミングで相槌を打ちます。

上手な相槌は相手に「ちゃんと話を聞いている」という証明です。

逆に相槌がない人と話していると、「ちゃんと聞いているのかな」「興味ないのかな」と不安になりますよね。

そういう人と話しているとストレスにもなり、会話が続きにくくなります。

そのため相槌がうまい人が、聞き上手ということになるのです。

聞き上手な特徴を持つ男性が女性からモテる理由2選

聞き上手 特徴

聞き上手な相手と話していると女性は口が軽くなり、いつまでも話し続けていられます。

そういう男性は多くの女性からモテます。

なぜ聞き上手な人がモテるのか、その理由を2つ解説します。

1.話していて楽しい

自分の話をちゃんと聞いてくれる相手との会話は、女性にとって何より楽しいものです。

女性が会話に求めているものは、ズバリ「共感」です。

共感を得ることであたかも自分と相手が一体になったような感覚になり、会話が盛り上がります。

楽しい会話ができる人とはいつまででも話すことができ、結果的にそれがモテ要素につながるのです。

2.親近感や信頼感を抱く

聞き上手な人と話していると、女性は親近感や信頼感を感じます。

先でも述べたように、話の中で「共感」を得ると相手との共通点が生まれ、そのことが親近感や信頼感につながります。

女性が好意を抱くのは、相手と自分の中に共通するものがある人に対してです。

そのため親近感や信頼感を感じる男性に、女性の心は揺れ動き、モテるようになるのです。

【特徴から見る】聞き上手になる方法5選

聞き上手 特徴

聞き上手の特徴や、それがなぜ女性にモテるかはこれでわかりましたね。

たとえ今はそんなに聞き上手な人間でなくても、コツを掴めば誰でも聞き上手になることが可能です。

では早速、聞き上手になるための方法を5つ紹介するので、それをよく理解して明日からあなたも聞き上手な男に変わりましょう。

1.女性に興味を持つ

聞き上手になるための方法1つ目は、話している相手に対して興味を持つことです。

的確な相槌やリアクションを取るためには、まず相手の話をよく聞かなければなりません。

興味のない話というのはあまり頭に入ってきませんよね。

そのため相手の話に興味を持つことが、聞き上手になるための第一歩です。

2.視線を合わせる

聞き上手になるため、話している時に相手と視線を合わせるようにしましょう。

会話の中でよそ見をしている人って、ちょっと感じが悪いですよね。

向かい合っている時には正面を、隣に座っている時でも身体ごと相手の方を向き、視線を合わせるようにトライしてみましょう。

そうすることで「話をしっかり聞いている」という印象を与えることが可能で、聞き上手の男になれます。

3.話を最後まで聞く

相手の話をちゃんと最後まで聞くことも、聞き上手になる1つの方法です。

「相手の意見を否定しない」項目でも述べましたが、どんなに食い違う意見を相手が言ったとしても、まずは最後まで話を聞いてみましょう。

何か言うべきことがあるとしても、そのあとに口にするようにすることで、相手が話しやすい環境を整えることが、聞き上手になるためのポイントです。

4.リアクションをする

会話の中において、リアクションを取ることは相槌と同じくとても重要です。

リアクションを取ることは、相手から見て話を聞いていることの一番の証明になります。

話している相手が、笑っていたり驚いているリアクションをしていると、とても話しやすいですよね。

もしリアクションを取るのが苦手なら、少し大げさなリアクションを取るように意識してみましょう。

その際は目を大きくして見たり、手振り身振りを交えてみると効果的です。

5.上手に質問して話しやすい状況をつくる

聞き上手であるということは、同時に質問も上手な人のことを指します。

ただ「うんうん」と単調な反応ばかりでは、相手も飽きてしまいます。

適度な相槌の中に質問を挟み込むことで、より相手が話しやすくなります。

  • 「うん、そうだね。具体的には?」
  • 「へえ。それってどういうこと?」
  • 「そうなんだ。もっと詳しく聞きたいなあ」

という風に詳細を尋ねる質問をすると、相手の口も雄弁になり、あなたが聞き上手な人になれる日も近くなります。

聞き上手の特徴をおさえて、女性との距離を縮めよう

聞き上手 特徴

相手の話を上手に聞ける人は、女性の親近感が得られるため好印象です。

聞き上手な人の特徴は「常に笑顔」であったり「相槌がうまい人」です。

仮に今自分が聞き上手でなくても「視線を合わせたり」、「リアクションを取る」ことを意識することで聞き上手になれます。

聞き上手の人の特徴を上手く捉え、あなたも聞き上手となって、意中の人との距離をぐっと縮めましょう。

>職場での出会いが0でも彼女を作る方法

職場での出会いが0でも彼女を作る方法

TO-RENの公式LINEでは、過去、東京大学で行った講義をもとに作成した「3か月で彼女を作るスタートガイド」を「無料」でお配りしています。「職場での出会いも恋愛経験もない」「まず何から始めればいいか分からない」という方に対して作成し、既に1000人を超える方々に読んでいただきました。今すぐ自分を変えたい方は下のボタンから友達追加してください!