3回目のデートで振られる理由とは?女性心理と成功のポイントを解説

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

「3回目のデートで振られてしまいました。」

確かに、3回もデートにOKしてくれたのだから脈アリじゃないの?と疑問に思う男性は多いですよね。

そこでこの記事では、3回目のデートで振られる理由・女性心理・コツについて解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

3回目のデートで振られる理由3選

3 回目 の デート 振 られる

3回目のデートで振られると、「3回目のデートまで漕ぎ着けたのに何がいけなかったんだ…」と落ち込みますよね。

3回目のデートで振られる理由をしっかり把握して、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

1.友達としか思えないから

あなたと女性がもともと友達で、友達関係が長かった場合は、何度デートを繰り返しても男友達としか見てもらえない可能性があります。

デートを重ねても恋愛関係に進展しなかった場合、たとえデートが楽しくてうまくいっても、それは友達としての楽しさなので交際に至るのは難しいです。

女性が異性として意識していないようなら、この理由が当てはまります。

2.もともと好きな相手ではないから

女性が何度もデートをOKしてくれると、男性はその気になってしまいますよね。

しかし、女性の中には「なんとなく誘われたから」「本当は行きたくないけど断りづらいから」という理由で3回もデートに来てくれる人もいます。

もともとあなたへの好意がない状態でデートしているので、告白して振られるのは当たり前です。

この場合は、もう少し時間をかければ成功する可能性もあるので、見極めが肝心です。

3.3回目のデートで女性が見切りをつけたから

3回目のデートは、女性にとって男性を見極めて今後どのように付き合っていくか判断する時間。

そのため、3回目のデートで振られるのは、女性が見切りをつけたからです。

女性は「会話が楽しいから」「どんな人かまだよく分からないから」などという理由で3回目のデートまで来てくれます。

しかし、3回目のデートで「悪い人ではないけれど、やっぱり恋愛対象ではないかも…」「ちょっと価値観が合わないかも…」と感じて告白を断ります。

特に、無言の時間が多かったり、自分語りが多かったりする男性は注意が必要です。

3回目のデートを迎える女性の心理とは

3 回目 の デート 振 られる

「3回目のデートまで来てくれたのだから、少しは脈ありじゃないの?」と思う男性も多いです。

ここでは、3回目のデートを迎える女性心理について解説します。

相手に好意を持っている

1回目・2回目のデートで「一緒にいても楽しくない」「私とは合わない」と感じたら、3回目のデートには来てくれません。

そのため、3回もデートに来てくれるということは、あなたに好意をもっている可能性があります

しかし、まだ確信的な好意ではなくうっすらとした好意でしかないので、あなたの対応次第で恋愛に発展しやすくなります。

焦ってガツガツ攻めたり、彼氏ヅラしたりしなければ、好感度が大きく下がることはないです。

告白を待っている

3回目のデートで告白するのは定番なので、告白を待っている女性は多いです。

「3回目のデートにOKしたのだから、早く気持ちを伝えてほしい」と思っています。

そのため、告白されるのを期待してデートに来たのに、何も進展せず終わってしまうと「勇気がない人」「空気が読めない人」としてマイナス評価になってしまいます。

そして、待っていても進展がないと分かると、女性は早々に見切りをつけて他の出会いを探してしまうのです。

行きたくはないが誘いに乗っている

たとえ3回目のデートに来てくれた場合でも、脈なしの可能性はあります。

あなたが彼女にとってどんな存在なのかが関係していることが多いです。

たとえば、友達の友達・仕事で関わりがある人・お世話になった人などは、断りづらくて仕方なくデートしていることがあります。

そのため、女性が気を遣っていないかを見極めるのがポイントです。

3回目のデートで振られるのを防ぐコツ

3 回目 の デート 振 られる

3回目のデートで振られるのを防ぎたいなら、コツを掴む必要があります。

このコツを掴んでおけば、恋愛関係にまで発展しやすくなるのでしっかり把握しておきましょう。

3回目のデートでの告白にこだわらない

3回目のデートでの告白は定番と言いましたが、その考えはすぐに女性に見抜かれてしまいます。

そのため、「3回目のデートだからとりあえず告白したのかな?」「本当に私のこと好きなのかな?」と疑う女性も多いです。

相手の女性の気持ちを最大限に考え、回数にこだわらず自分がベストだと思ったタイミングで告白することが大切です。

その方が素直な気持ちを伝えることができます。

女性に好意を持ってもらえるよう振る舞う

女性はあなたのことを知りたいと思っているので、デートを通してどんな人なのかをテストしています。

そのため、テストの結果、女性に好きになってもらえなければ何回目のデートで告白しても振られます。

関係を進展させたいのであれば、女性に好意を持ってもらえるように振る舞いましょ

とにかく相手の好みをリサーチして、自分の良さを最大限アピールしてください。

ただし、自慢話は嫌悪感を抱かれやすいのでNGです。

好意を見せすぎない

思わせぶりな発言や行動は、女性の気を引くためにしてもOKですが、アピールし続けるのはNGです。

好意がだだ漏れだと、「好きなのは分かるけどドキドキ感がないな〜」と飽きられてしまうことがあります。

女性にドキドキ感を持ってもらうには、デート以外ではあまり連絡を送らないようにしましょう。

3回目のデートでは振られないよう気合を入れて臨もう

3回目のデートは失敗と成功のさがはっきりと出やすい傾向があります。

告白を焦って振られないように、気合いを入れて臨むようにしましょう。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -デート