医者が女性にモテる理由は3つ!女性が夢中になる医者の特徴も紹介!

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「医者が女性にモテる理由はなんですか?」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、どうして医者がモテると言われているのか気になりますよね。

そこでこの記事では、どうして医者がモテるのか、そして医者の中でもよりモテるにはどうしたらいいのかについて解説します。

本記事のゴール・医者がモテる理由とよりモテるようになる方法を知る

医者がとにかくモテる!その理由は3つ!

医者 モテ る

まずは医者がモテる理由についてお伝えしていきましょう。

1.カッコいいという社会的ステータスがある

まず、医者は社会的ステータスがカッコイイというのがモテる理由の代表です。

ご存じのとおり、医者になるには相当な勉強が必要で、誰でもなれるものではありません。

そのため、「目標に向かって努力できる真面目な人」「夢を実現した優秀な人」というとてもプラスなイメージをもたらすことができます。

もちろんステータスだけ見てお付き合いするだけではありませんが、第一印象が有利に働くことに間違いないです。

2.高収入で安定している

医者がモテる理由には収入が高く、安定しているという点もあります。

「医者=高収入」は、全国民が持っているイメージと言えるくらいよく聞く話です。

女性が収入だけで恋人を選ぶわけではありませんが、将来結婚することを考えると、お金があって安定しているに越したことはありません。

ただ、お金を持っているからといって金遣いが荒い姿を見てしまうと一気にイメージダウンしてしまうので、堅実でいることも大切です。

3.女性が多い職場環境である

女性が多い職場環境で、出会いが多いのも医者がモテる理由の1つ。

医者が働くのは病院ですが、病院にはたくさんの看護師や介護士の方が働いていますね。

看護や介護の職業には男性もいますが、現状まだまだ女性の方が多いです。

より多くの医療の知識を持ち、たくさんの患者を救っている姿を1番近くで見ている職場の女性たちは医者に魅力を感じやすいため、恋愛関係になりやすいです。

ただ、自分が医者だからといって他の職種の人たちを見下したり、偉そうにしていると嫌われてしまうので、謙虚な姿勢を忘れないようにしましょう。

さらにモテる!女性がときめく医者の特徴5選!

医者 モテ る

医者がモテる理由についてお話ししてきましたが、医者の中でもよりモテる医者の特徴をご紹介していきます!

1.身だしなみがきちんとしている

特にモテる医者に共通している点が、身だしなみがきちんとしていることです。

医者という仕事柄、清潔にしている人がほとんどではありますが、身だしなみの清潔感も非常に重要なので意識してみてください。

たとえば髪の毛は伸び放題ではなく、スッキリと切り揃えられていた方が素敵ですし、白衣も汚れやしわのない綺麗な物を身に着けましょう。

医者は皆同じ格好をしているからこそ、周りの人と差をつけやすいのです。

同じ顔でも整った身だしなみをしている人と、だらしない格好をしている人では天と地ほど印象の差があるので、気を付けましょう。

2.仕事を真面目にする

特にモテる医者は、仕事を真面目にしています。

医者という立場は病院の中でも責任のある、いわば上の立場です。

そのため多少不真面目に仕事をしていても注意できる人は少ないので、手を抜いてしまうということもありませんか?

しかし、口には出さなくとも皆、仕事ぶりはしっかり見ています。

「あの先生は真面目に仕事をしているけど、この先生は手を抜いているから好きになれない」と女性から嫌われてしまうので、自分の仕事には真面目に取り組むようにすると良いでしょう。

3.分け隔てなく誰とでも接する

分け隔てなく誰とでも接するフレンドリーさも、モテる医者になるためには必要。

医者は頭がよく、仕事が忙しいことから「気難しい人」という印象を持たれやすいです。

また、「目上の人には話しかけにくい」という心理から、他の職種の人は医者に対してコミュニケーションに遠慮してしまうことが多いです。

そのため医者は、話しかけやすい人間であることを自らアピールしなくてはなりません。

この時、気に入った女性だけに優しくするなどひいきをしてしまうと悪印象になるので、誰が相手でも変わらない態度をとることが大切。

「フレンドリーで話しやすい医者」という印象を持たせることで女性とコミュニケーションをとれる機会も増えますし、良い印象を持たせることができますよ。

4.話し上手・聞き上手である

よりモテる医者になるためには、話し上手、そして聞き上手になることも大切。

医者は人間の命を預かる仕事なので時には真剣に話さなければならなかったり、簡潔に指示しなければならない場面もあります。

ただ、いつも真剣で真顔だと冷たいイメージを与えてしまいますし、指示するだけだと会話は弾みません。

会話をする余裕がある時には、積極的に職場の人に「〇〇さんは休みの日なにしていたの?」「〇〇さんはどう思った?」などと答えやすい質問を投げかけてみると、相手は話しやすくなります。

また、仕事関係で何か質問された時にも「私は忙しいんだから他の人に聞いてよ」と突き放すのではなく、しっかり聞いてわかりやすく説明してあげる配慮も大切です。

5.自慢話や愚痴を言わない

特にモテる医者は、自慢話や愚痴を絶対に言いません。

組織というのは、トップの人の人柄がその集団の色になるもの。

そのためトップである医者がいつも愚痴などネガティブな発言をしていると、暗い雰囲気の職場になってしまいます。

暗く楽しくない職場では職員の心に余裕が生まれないため、恋愛関係が発展することはありませんし、いい印象を持ってもらうことも難しいです。

また、自慢話も話している方は気持ちいいかもしれませんが、聞いている方はうんざりしています。

「あの先生は自慢話が多いから避けよう」と思われると女性と仲良くなることもできないので、自分から自慢は話さないようにしましょう。

周囲の人の気持ちになって、何を話して、何を話さないことがベストなのかの判断を適切にできるようになるよう意識してみてください。

モテる医者とモテない医者の決定的な違いは?

医者 モテ る

医者だからといって、必ずしもモテるとは限りませんよ。

高年収高学歴の優秀な医者でも、女性から嫌われる人もいるのです。

モテない医者は、上から目線な医者です。

医者は、その職業についているだけで尊敬されるもの。

それだけに「俺は偉いんだ」「みんな俺の言うことを聞くべき」と天狗になってしまう人もいます。

人と話す時に無意識に上から目線になり、自慢したり相手をバカにしたりといった態度は嫌われて当然でしょう。

最初は医者というステータスで言い寄られることがあっても、お付き合いが長く続くことはありません。

医者はモテるが、さらにモテる医者には共通の特徴がある!

医者は万人が認めるといっていいほどモテる職業だということがわかりました。

ただ、医者という肩書きだけでモテようとするよりも、いくつかのポイントを抑えればよりモテることができるのです。

今すぐにできる簡単なことばかりなので、ぜひ今日から挑戦してみてください!

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -彼女の作り方