モテる男性がするLINEの上手な返し方とは?注意点も含めて紹介

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「モテる男性はLINEの返事をどんな風にしているのでしょうか。」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、LINEのモテるテクニックがあれば知りたいですよね。

そこでこの記事では、LINEでモテるための返し方やシチュエーション、注意点について解説します。

本記事のゴールLINEでモテるための返し方やシチュエーション、注意点を知る

モテる男性がするLINEの上手な返し方4つとは?

line 返し 方 男

まずはモテる男性がするLINEの上手な返し方について4つを紹介します。

1.女性を引き立てる

モテる男性のLINEは、女性を褒めて主役にして、とにかく引き立てるもの。

誰だって褒めてくれる人とは一緒にいて気分がいいのと同じように、LINEでもやりとりをしていて楽しいと感じさせることはとても重要なんです。

ただ、褒めすぎるとわざとらしく感じられてしまうので、本当にいいと思ったことを素直に表現するようにすると丁度いいでしょう。

2.女性に共感する

女性に共感してあげるのも、モテるLINEの返し方。

女性は自分の気持ちを共感し、肯定してくれる人に好感を抱きやすいです。

たとえ言っていることが正しくても共感ができていないと「正論ばかり並べて私のことをわかろうとしてくれない」とマイナスイメージになってしまいます。

特に文章だと気持ちが伝わりにくいので、とにかく女性の気持ちを受け止める、包容力をアピールしましょう。

3.返信は早めにする

モテるLINEがしたいなら、返信はなるべく早めにすることも忘れずに。

時々かけひきでわざと返信を遅らせる男性がいますが、それは逆効果です。

「返信が遅いってことは私への優先順位が低いんだな」と恋愛対象から外されてしまう可能性があります。

女性からLINEがきた瞬間に返すのは避けるべきですが、なるべく1時間以内に返信して会話のキャッチボールをスムーズに行えるよう意識してみてください。

おすすめは、相手の返信頻度に合わせることです。

4.女性のLINEの特徴に合わせる

女性のLINEの特徴に合わせることも大切です。

絵文字を使う女性にはあなたも絵文字を使い、絵文字の少ない女性には絵文字の数を減らすなど女性によって内容を変えるのです。

また、絵文字だけでなくメッセージの口調や長さも合わせることがポイントです。

もし絵文字の少ない女性が、男性から絵文字だらけのLINEをもらえば気を遣います。

普段LINEの短い女性が長いLINEをもらっても同じです。

女性からすれば「こっちも同じように返せってことかな?」と不安になるでしょう。

「この人とのLINEは気を遣わなくて楽だな」と女性に思ってもらえるように心がけましょう。

【シチュエーション別】モテる男性のLINEの返し方とは?

line 返し 方 男

続いて、モテる男のLINEの返し方を、シチュエーションごとに伝授していきます!

詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

初めて女性からLINEがきた返し

初めてきたLINEでは「がっつきすぎない」というのがポイントになってきます。

気になる女性とLINEができるのが嬉しくて、つい舞い上がって長文を送ったり、次のデートの約束を持ち掛けたり・・・。

気持ちはわかりますがひとまず一旦落ち着いて見せるのが得策です。

LINEありがとう!よろしくね」のように、相手とやりとりすることに前向きな姿勢を軽く示した上で短めの文章を送りましょう。

そうすることで余裕を感じさせてかっこつけることができます。

スタンプだけのLINEがきた返し

スタンプだけのLINEが来たときは女性の気分が乗らないか、もしくは忙しい場合が考えられます。

そんなときは無理にLINEを続けるようにはせず、時間を置いてからLINEを返すのが良いでしょう。

なお、LINEの内容が女性にとって返信しづらいものであった可能性もあります。

一度送ったLINEの内容を確認し、思い当たるところがあれば直してみてください。

時間を置いてから、女性が興味を持ちそうな話題を加えて返すのがおすすめです。

デートに誘ってOKをもらった返し

デートに誘ってOKをもらったら、感謝の気持ちを伝えることは忘れないようにしましょう。

女性は男らしく頼りがいのある男性が好きですが、「俺様気質でお礼も言えない」のは全く逆効果。

相手とデートに行けることを素直に喜び、「ありがとう!」と伝えることで好印象を与えることができますし、デートへのモチベーションを上げることも可能です。

自分が言われて嬉しいことを言う意識でいると良さそうですね。

デートのお礼メールの返し

デートの直後は気持ちが盛り上がっているものですが、いったん落ち着いて相手の反応を伺うことが大切です。

もちろん「今日はありがとう」とお礼を言うのは自分から。

そのLINEへの返信で、相手の女性がどう思っているのか客観的に見るようにしましょう。

心から楽しんでくれた様子だったら次の約束を持ち掛けるのもOK。

反対にイマイチな反応が返ってきた場合は次の話は一旦やめておいてください。

またLINEでやりとりをする中で盛り上がった流れで誘った方が、成功率は高まります。

LINEの返し方で男性が注意することとは?

line 返し 方 男

最後に、モテるLINEをしたいなら注意すべき返し方についてお話ししていきます。

1.質問ばかりしない

まず、質問攻めはやめようということ。

「えっ?質問した方が返信しやすいからいいんじゃないの?」と思った人は多いでしょう。

もちろんまったく質問をしないと「私に興味ないのかな」「話すことないな」と思われてしまうので多少は会話の中に質問を取り入れるのがおすすめ。

しかし毎回質問しすぎるとしつこく感じられてしまいます。

1つ質問して答えてもらったら、その内容で話を広げてみるなど会話を盛り上げるように意識してみてください。

2.ネガティブな内容を話題にしない

また、ネガティブな発言ばかりするのも絶対にNG。

多少の悩みや愚痴なら「心を許してくれているのかな」と思えますが、あまり多すぎると「一緒にいて暗い気持ちになりそう」と疲れさせてしまいます。

極端に明るくする必要はありませんが、楽しい気持ちになれる前向きさは持っておいたほうがいいでしょう。

3.長文は送らない

長文は送らないようにしましょう。

長文のLINEは読む方にとって手間がかかります。

最悪の場合、女性が面倒くさくなってそのままにしてしまうことも。

LINEを返すときはダラダラとした長文は避け、女性が読みやすくて返しやすい内容を心がけましょう。

LINEの返し方をマスターしてモテる男に近づこう!

「モテる男のlineの返し方なんて、自分にはできない!」

そう決めつけていませんか?

こちらの記事でご紹介したように、シチュエーションや女心を理解すれば意外と簡単に女性の印象は変えられますよ。

今すぐできることばかりなので、ぜひチャレンジしてみてください。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -LINE