合コン 二次会

合コンで二次会に誘われた女性がつい行きたくなる誘い方とは?

どうも、TO-REN編集部です!
TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

好きな人に彼氏ができた
「合コンでいつもスムーズに女性を二次会に誘えないんですよね…どうしたらいいですか?」

 

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、どのタイミングで女性を二次会に誘うか、なかなか分からないものですよね。

そこでこの記事では、合コンで女性がつい行きたくなる誘い方について解説していきます。

TO-RENは、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

合コンでスムーズに女性を二次会に誘う方法とは?

合コン 二次会

合コンで出会ったのに一次会ですぐに解散してしまうのはもったいないですよね。二次会に行くからこそ、親睦を深められたり、その後の関係性へとを発展しやすくしてくれます。

そのためには女性が行きたくなる、もしくは行きやすくなるような誘い方をするのが大切なポイントになっていきます。

どのような風に誘うと効果があるのか、早速一緒にみていきましょう。

「楽しかったからもう少し話したい」などの気持ちを伝える

さあ二次会に行こう!となった時に、直接それを伝えるだけではなく、自分の気持ちを添えるだけでグッと女性の心を掴むことができます。

例えば、「すごい楽しかったから、もう少し話ができたらいいな」ですとか、「さっきは席が遠くてあまり話せなかったから、次のお店でゆっくり話したいな」などなど、二次会に行きたい理由を気持ちと共に伝えてみましょう。

そうすることで女性も「そういうことなら」と二次会へ行きやすくなります。

「男性側が話したがっている」という明確な理由があれば、女性も自分で納得しやすいんですよね。

女性幹事を事前に誘っておく

女性幹事を味方につけておくと、二次会への参加率も高くなります。

男性が誘うよりも、女性から誘われた方が断りにくいこともありますが、幹事が行くというなら参加してもいいかもという安心感も参加率を上げる効果に繋がっています。

事前に女性幹事と二次会の場所などを打ち合わせておいたりしておくと、よりスムーズになります。

幹事をしてくれているということで、多少優遇してもおかしくありません。

女性幹事にはサービスをしておくと味方になってもらいやすいので、気遣いの心も忘れずに行動してみましょう。

男性陣がイニシアチブを取り、時間をコントロールする

二次会に行きやすくするためのポイントとして、合コン全体の流れやどんなことをするかなどを事前に決めておくこと。

それを当日に女性陣にも大まかでも伝えておくこと。

そして盛り上げながら進行役は男性が担うということを念頭において行動すれば、二次会に行きやすい雰囲気を作ることができます。

合コンの全体像の中に二次会も含めておくと、女性陣も心の準備ができ、終わりが見えることで安心して参加することができます。

ダラダラとしていて先が見えない、ゴールが見えないことが女性を不安にさせてしまうので、ある程度明確化しておくことが二次会へと誘いやすくさせるポイントになっていきます。

合コンの二次会に定番のスポットとは?<目的別に、その雰囲気にあったお店を選ぶ>

合コン 二次会

次は二次会の定番スポットに関して見ていきましょう。

二次会の場所選びのポイントは、目的別に決めるようにすることです。

合コンの二次会をする目的として、一次会の盛り上がりをそのままに、わいわいしながらより仲を深めていきたいというものと、一次会より落ち着いてじっくりと話をしたいというものの2つが大きく分けてありますよね。

それぞれに適した二次会スポットを詳しく紹介していきたいと思いますので、チェックしてみてくださいね。

まだまだ盛り上がりたいならカラオケ・ダーツ・ボウリング

一次会の盛り上がりを壊さず、そのまま仲を深めていきたい!と思った時にはアクティブなプランがおすすめです。

例えば、カラオケやダーツ、ボウリングなどですね。

カラオケは苦手な人や好まない人もいるので要注意です。

ボウリングも女性の中には爪を気にしたり、服装的にボウリングはちょっと…という人もいるので注意が必要な場所でもあります。

注意点を考慮しながらやれば、楽しく、初心者でも盛り上がれますので、一次会の盛り上がりを持続させながら二次会への選択肢にいれてみましょう。

まったり静かに話したいならバー

一次会とは雰囲気を変えたい、一次会ではゆっくり話せなかったから落ち着いた場所でと考えた時にはバーがおすすめ

一気にムードを変えられますし、一次会は居酒屋で二次会はバーというのは鉄板な流れなので自然にもっていきやすいというメリットもあります。

バーもさまざまなので、マスターが面白いこじんまりとしたお店からお店自体がフォトジェニックな雰囲気があるなど、好みに合わせたりして場所を選んでみてもいいですね。

あまりお酒を飲みたくないならカフェ

お酒があまり強くなかったり、苦手な女性もいますよね。

そういう女性がいたら、一次会では頑張ってお酒ありで盛り上がったけど、二次会でもお酒を飲む雰囲気なら行くのをやめようかなと考えてしまうのもわかりますよね。

ですので、お酒は抜きの二次会を考えてあげると女性も行きやすくなります。

夜でもやっているカフェや、デザートの美味しいお店などをセレクトしてみてもいいですね。

可愛い、オシャレなど雰囲気のあるカフェに女性も行ってみたい!と心惹かれる要素が隠されているので、事前にリサーチしておきましょう。

合コンで女性が二次会に行きたがらない本当の理由とは?その対策とは?

合コン 二次会

合コンで女性が二次会に行きたがらない理由がわかれば、対処の仕方もわかってきますよね。

次では女性が二次会に行きたがらない理由を3つ紹介していきます。

それぞれの理由に合わせてどうしたらいいか、一緒に考えていきましょう。

そもそも二次会にはネガティブなイメージを持っている

一次会でお酒を飲むということが当たり前になっていると、二次会はその酔っ払いの相手をしなくてはならないなどの、お酒にまつわるめんどくささがあるという意見も。

参加しても疲れるだけ一次会でも気を使うのに二次会はさらにという考えもあり、二次会へのネガティブなイメージを持っている人は少なくないんですね。

そんなマイナスイメージを持っていたら、二次会への参加率も下がってしまうのは頷けます。

いつ終わるのか、帰れるのかが分からない不安がある

女性が合コンの二次会に行きたくない理由のひとつとして、先が見えないからや終わりが見えないからというものもあります。

「この合コンはいつ終わるんだろう」「どんな予定でいるんだろう」と気になっている女性は多いんですね。

そしてそこが気になってしまうと、いつ終わるのかということばかりに気を取られてしまうようになり、一次会で帰りたいなと感じてしまうんですね。

女性にも心の準備などありますし、先がわかるようにするだけで気持ちが変わるということがあります。

本当は行きたいけど、行けない理由がある場合もある

門限や終電が早いなどの時間の都合や、金銭的な理由、なんとなく周りに気を使ってしまってなど、行きたい思いはあるものの参加しないという女性もいます。

そんなときには理由をさりげなく聞いてみたり、それに対してのフォローをいれながら二次会に誘ってみましょう。

「 少しの時間でいいから、もう少し一緒に飲まない?」など無理強いしない程度にお誘いして、それでも断られてしまうときには男性陣の中から一人、駅まで送ってあげるようにしてみてください。

そうすることで他の女性が、先に帰る女性一人にしてしまうことへの罪悪感が軽減され、二次会に参加しやすくなりますよ。

そのような気遣いも意識して、女性を二次会に誘えるようにしましょう!

 

>今すぐ「彼女を作りたい」あなたへ

今すぐ「彼女を作りたい」あなたへ

TO-RENの公式LINEでは、過去、東京大学で行った講義をもとに作成した「3か月で彼女を作るスタートガイド」を「無料」でお配りしています。「彼女を作りたいけどうまくいかない」という方に対して作成し、既に1000人を超える方々に読んでいただきました。気になる方は下のボタンから友達追加してみてください!