ありのままの自分を受け入れてほしいのはわがまま?上手な接し方も

皆さんは女性に対してどのように接していますか。

実は女性との接し方は、「女性と何を話すか」や「女性とどのような LINE のやり取りをするか」よりも、恋愛において重要な要素になってきます。

なぜなら、女性とどのように接するかによって女性にとってのあなたの印象が全く違ってきてしまうからです。

皆さんの周りにも女性との接し方が上手いモテる男がいるのではないでしょうか。

しかし彼らを真似しようにも、 接し方にはいくつものパターンがあるため、なかなかうまくいきません。

そこでこの記事では、

  1. ありのままの自分を受け入れてほしい時に取ってしまう態度
  2. ありのままの自分を受け入れてほしい男が実践するべき女性との接し方

について解説していきます。

【非モテ男性が陥りがち!】ありのままの自分を受け入れてほしい時に取ってしまう態度とは?

ありのまま の自分を受け入れてほしい

誰しも「ありのままの自分を受け入れてほしい」と思っている一方で、「ありのままの自分で接すると、きっと女性から引かれてしまうだろう」とも心配しているはずです。

まずは非モテ男子の女性との接し方について説明していきます。

女性を特別な存在として扱う

ありのままでいられない男性は、女性を「特別な存在」として扱いがちなんですが、実はそれは間違いです。

確かに女性の中には、男性に特別扱いをしてもらいたいと思う人もいるでしょう。

しかしそれは、 いつも特別扱いをしてもらいたいと思っているわけではありません。

他の女性が大勢いる時や、自分が何か悩みを抱えている時など、ここぞというタイミングで特別扱いをしてほしいのです。

女性を特別な存在として扱っている男性は多くの場合、 女性に距離を感じさせてしまっています。

過度によそよそしい

非モテの男性は、女性によそよそしく接してしまう傾向があります。

この時彼らが思っているのは、「いきなりフランクに接したら引かれてしまうのではないか?」ということ。

確かに見知らぬ男が仲のいい友達かのように話しかけてきたら引いてしまいますが、その逆もまた然りです。

つまり、ある程度親しくなったはずなのによそよそしいと、女性は「自分はまだ友だちだと思われていないのかな?」という不必要な不安を抱かせてしまうのです。

ありのままの自分を受け入れてほしい男が実践するべき女性との接し方とは?

ありのまま の自分を受け入れてほしい

では、ありのままで女性にモテる男は、女性とどのように接しているのでしょうか。

多くの男性は、「女性を落とすためには自分をよく見せないといけない」と思い込んでいますが、実はそうではありません。

女性にありのままの自分を受け入れてほしいと願うなら必見です。

女性と友達のように接する

ありのままの自分でモテる男は、非モテ男子のように女性を特別視したりしてはいません。

むしろ、自分と同じ立場の友達として接しています。

女性も「気を遣ってもらっているな…」といううしろめたさを感じませんし、リラックスして相手との時間を楽しむことができるのです。

女性と友達のように関わるためには、時に「いじり」も大切。

ただし、上手にいじれないと怒らせたり嫌われる可能性もあります。

女性をいじって距離を縮めたい人は、こちらの記事でよく勉強してからにしましょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://todai-renai.com/ijiri-ex/ target=]

いつも女性と友だちのように接していても、そのまま友だち関係を深めてしまうだけです。相手に恋愛関係を意識させる必要が出てきます。

そこで、モテる男はたまに相手を特別扱いしたり、恋愛を意識させる発言を挟んだりするわけです。

女性と自然な会話を楽しむ

「友だちのように接する」といっても、具体的にイメージできませんよね。

ありのままでモテる男の女性に対する接し方がわかるシーンの一つに、女性と会話する場面があります。

女性と会話する際に、皆さんは展開する話題や、口調、目線など、様々なテクニックを実践するのに必死になっていたりしませんか。

確かに、恋愛テクニックを意識的に実践してみるのは自分が成長する上でも重要なことです。

しかし、それらを意識しすぎて女性と自然な会話をすることができないのなら、あまり意味がないですよね。

お互いが意識しすぎて探り探り会話をするのは面倒に感じますよね。

恋愛テクニックは、自分が無意識に実践できるようになったとき、その真価を発揮します。

ありのままの自分を受け入れてほしいなら、あまり考えすぎることなく自然に会話して楽しむことも重要でしょう。

女性の前で完璧であろうとしない

ありのままでモテる男は、女性の前でいつも完璧になろうとはしていません。

結構多くの男性が勘違いしていることです。

そもそも、あなたはいつ会っても完璧な女性と接していてどう思いますか。

僕なら、「あ、この人は僕に見合う人じゃないな…」とか、「この人といると劣等感を感じるな…」と思ってしまうでしょう。それは女性も同じです。

自分が本当に完璧かどうかに関わらず、相手の女性の前で完璧になろうとすることは、相手にも完璧になるよう、暗黙のうちに求めていることと同じなんです。

女性の長所を探す

ありのままの自分を受け入れてほしいなら、相手のありのままも受け入れてあげる必要があります。

女性の長所は積極的に探して、それを伝えるようにしましょう。

女性が短所だと感じていることも、あなたが長所に変えてあげるのもいいですね。

「すぐに怒る→素直な感情を表に出せる」「飽き性→様々なことに挑戦できる」などのように、女性も自分を変えずにいられるようにしてあげましょう。

「この人は私のありのままを受け入れてくれる!」と思ってくれた女性は、自ずとあなたのこともそのまま受け入れてくれるはずです。

女性を褒めるコツについては、こちらが参考になりますよ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://todai-renai.com/mote-home/ target=]

ありのままの自分を受け入れてほしい願いを叶えよう

ありのままの自分を受け入れてほしいという願いは叶います。

女性のこともありのままを受け入れ、自然体で接することで実現するでしょう。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -会話術