LINEで聞き上手な男性の特徴とは?今すぐ聞き上手になれる方法も

自分の話をしっかりと聞いてくれる人、好感を持てますよね。

逆に、自分の自慢話ばっかりしてくる人には、嫌悪感を感じてしまうでしょう。

聞き上手な人って、もちろん恋愛関係でも成功しやすいです。

僕の周りにも、自分はあまりしゃべってないのにモテている人がいます。

ただ、聞き上手ってどうやってなるんでしょう?そもそも、どんな人が聞き上手なんでしょうか。

多くの人は、「聞き上手がモテる」ということは知っていても、「聞き上手って何?」に関してはサッパリなようです。

そこでこの記事では、

  1. 聞き上手ってなぜモテるの?
  2. 聞き上手ってどんな特徴を持っているの?
  3. 聞き上手になるためにはどうすればいいの?

といったことについて、詳しく解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

LINEで聞き上手な男性が女性にモテる理由とは?

聞き上手 ライン

聞き上手な男性ってなぜモテるのでしょうか。

一見自分をアピールする機会を失っているように思えます。

ここでは、聞き上手な男性が女性にモテる理由を説明していきます。

1.女性は「話したがり」だから

女性が聞き上手な男性を好むのは、生物的に女性が喋りたがる生き物だからです。

「女性は男性の3倍喋る」いうのはよく言われることです。

そうなると、二人でいる時間の中でより多くの時間女性に喋ってもらえば喜んでもらえますよね。

女性の方が話したいと思っているのに、そこで男性がずっと喋っていたらそりゃ嫌われますよね(笑)

2.人は自分にメリットがあることに興味を向けるから

こちらはマーケティングの考え方ですが、人は基本的に自分が得をするような情報にしか興味がありません。

だからあなたが自分の話ばかりしたり、女性が全く興味を持っていない映画の話をしても退屈だと思われるだけです。

その情報を知っても自分に得がないですからね。

逆に、女性がしゃべるとその女性の自己顕示欲を満たしてあげられます。

あなたが上手く共感し、親身になって話を聞いてあげることができれば承認欲求も満たしてあげられます。

相手にとってメリットがあるから聞き上手の男性がモテるんですね。

ちなみに、あなたの大好きな女性が自分の興味のない話をしたらどうですか?

話の内容には興味がないけど、聞いてあげたいと思うのではないでしょうか。

なぜそう思うかといえば、「自分の好きな女性について深く知れる」ことが自分にとってメリットになるからなんです。

つまり、あなたが相手の女性に好意を持たれている場合は、自分の話をするのも効果的だと言えます。

3.聞き手に興味をもつようになるから

聞き上手は相手の話を聞くのが基本スタンスになります。

話している方はここぞとばかりに色々な話をするでしょうが、ふと我に返った瞬間に、「この人はどう思っているんだろう?」という疑問を持つでしょう。

「私はこうだけど、この人は?」や「この人はどういう意見なのか?」と聞き手のことが気になって思いを馳せるのです。

聞き役というのはある意味自分の意見をあまり言わないということであり、ミステリアスな雰囲気を出す一因になります。

ミステリアスという「わからなさ」が魅力となり、話している方はそれが気になって聞き上手がモテるというわけです。

LINEで聞き上手な男性の特徴とは?

聞き上手 ライン

LINEで聞き上手な人にはいくつかの共通する特徴があります。

これからそれらの特徴を紹介するので、聞き上手になるにはしっかり把握しておきましょう。

1.共感力が高い

LINEで聞き上手な男性の一番の特徴として、共感力が高いということがあります。

なぜなら、相手の話を聞いて、しっかり相手の視点・感情を理解することができれば、相手の承認欲求を満たせるからです。

例えばあなたが自分の考えを10人の友人に言ったものの、人しか共感してくれなかったとしましょう。

すると、「俺の気持ちを理解してくれるのはあいつだけだ」という風に、その人の友人への好感度が上がりませんか。

共感力は、相手の自分への信頼度を高める大きな武器になると言えます。

2.相手を否定したり反論したりしない

話し手の意見を否定しないのが聞き上手な人の特徴です。

聞き上手な人は基本的に相手の話を否定しません。

まずは相手の話をじっくり聞き、反論や意見といった口を挟むことなく最後まで耳を傾けます。

例えばあなたが話し手側だとして、

  • 途中で話を遮ってくる
  • こちらの意見に否定ばかり返される

という相手と話していてもあまり楽しくないでしょう。

なので聞き上手な人というのは相手の話をしっかりと聞き、否定や反論しない人のことを指すのです。

これから聞き上手になるには、まずは否定や反論しないよう心がけてみましょう。

3.リアクションが大きい

聞き上手の男性はリアクションが大きいです。

僕の周りを見てみても、皆に聞き上手だと思われている男性はだいたいリアクションが大きいんですよね。

リアクションが大きいほうが良い理由は、相手に「自分はあなたの話をしっかりと聞いていますよ!」ということを自然にアピールできるからです。

例えばあなたが嫌な経験をして、それを知り合いに愚痴ろうとしたとしましょう。

相手が「あーそれは残念だね。」といった場合と、「なんだそれ!最悪じゃん!」といった場合をイメージしてください。

言い方にもよりますが、絶対に後者の方が好感度が高いですよね。

これはLINEの会話でも応用することができます。

相手の女性が送ってきた内容には、どんな些細なことであっても返答をするようにしましょう。

特に絵文字や記号を使うとリアクションがわかやすくなるので、普段は絵文字を使わない男性も意識してみると女性ウケがいいですよ。

4.話を熱心に聞く

LINEで聞き上手な男性は、相手の話を熱心に聞きます。

誰しも、自分の話を相手が熱心に聞いてくれていると嬉しいですからね。

しかし、「熱心に聞く」といっても、具体的に何をすれば「熱心さ」が出るのでしょうか

それは、上半身が前のめりになっている、目を見て話を聞いている、聞きながら相槌をうっている、などの態度ですね。

これは面と向かっていない時、LINEの会話でも表現することは可能です。

相手の女性が送ってきた内容に「そうなんだ」や「へー」とだけ返すのではなく、「凄いね!その後はどうなったの?」と話に興味を持っている返信を心掛けましょう。

LINEのやりとりをする中で、女性を喜ばせるテクニックについてご紹介しているので、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

5.会話の展開力がある

LINEで聞き上手な男性は、ただただ人の話を聞くだけではありません。

しっかりと自分が相手の話を聞いたことをアピールするためには、相手の話を理解し、要約して、展開していくことが必要になります。

女性が「この人と話していると面白いな」と思うためには1つの話を膨らませる力がとても重要なので、意識してみてくださいね。

モテる男の会話テクニックについてさらに知りたい方はこちらから👇

誰でも簡単にLINEで聞き上手になるための5つの方法

聞き上手 ライン

では、どうすればLINEで聞き上手になることができるのでしょうか。

ここでは、聞き上手になるにはどうすればいいか、5つの方法について解説していきます。

  • 「オウム返し」を使う
  • 相槌の「さしすせそ」を使う
  • 口を挟まない
  • 聞く:話すは7:3で
  • ひたすら共感する

1.「オウム返し」を使う

聞き上手が良く使うテクニックのつに、「オウム返し」というものがあります。

オウム返しというのは、相手が「○○だったんだよねー」といったときにあなたが「○○だったんだー!」とそのまま返すというテクニックのことです。

この方法のメリットは、とにかく簡単にできるということ。

相手の言葉をそのまま返すので、言葉のチョイスでミスをすることがありません。

ただ、オウム返しばかりしていると悪印象になってしまうので気を付けましょう。

2.相槌の「さしすせそ」を使う

こちらも多くの人に知られているコミュニケーションのテクニックですね。

「さしすせそ」というのは、相手の女性に対する便利な返答の頭文字です。

さ「さすが!」

し「知らなかった!」

す「すごい」

せ「センスいいね!」

そ「そうなんだ!」

一般には女性の受け答えとして取り上げられていますが、男性が使っても効果的なのは間違いありません。

3.口を挟まない

時には、相手の話したいことが先に予測できてしまうことがあると思います。

確かに話をさえぎってオチを言ってしまいたくなるのはわかるのですが、聞き上手になるにはそこを我慢しましょう。

自分の話をしていて相手に遮られるのは、どうしても不快感があります。

相手が言葉を探して黙っていてもじっくり待ってあげると女性の好感度が上がります。

4.聞く:話すは7:3で

聞き上手だからといっても相手の女性に終始喋らせているわけではありません。

相手の女性が疲れてしまいますし、話がなくなってしまえば場が冷めてしまいます。

聞き上手になるには、女性に喋ってもらう量と自分が喋る量はだいたい7:3を意識しましょう。

僕も以前まで女性と喋るのは苦手でしたが、7:3を意識してから格段に女性とうまく話せるようになりました。

もともと自分が喋るのが苦手だったこともあり、半分以上相手に喋ってもらうのは気楽で、会話を楽しめるようになりました。

5.ひたすら共感する

あなたが聞き上手になりたいのなら、女性の話にはまず共感してみましょう。

もし、あなたが女性と正反対の意見をもっていたり、女性のこぼした愚痴の解決策が浮かんできても、まず先に共感の意を示しましょう。

これはなぜかというと、女性は共感を求める生き物だからです。

というのも、男性は話を建設的に進め、解決策を求めるのが一般的なのに対して、女性の会話は解決策を見出すのが目的じゃないからです。

【注意】聞き上手になるために LINEのやり取りで注意すべきことは?

聞き上手 ライン

聞き上手のLINEを目指すなら、相手に質問する際には、答えが「はい」か「いいえ」の選択肢しかないような質問を避けましょう。

なぜなら、そんな質問は相手が「はい」か「いいえ」かを答えてLINEが終わってしまうからです。

例えば、「イタリアンは好きですか?」は「好きです」か「好きじゃないです」しか答えの選択肢がないですよね。

なので聞き上手になるには敢えて「好きな食べ物は何ですか?」と具体的な答えができるような質問にしましょう。

聞き上手の心得を知って、LINEで女性と楽しもう!

聞き上手 ライン

女性は自分の話に興味を持って聞いてくれる、聞き上手な男性のことが好きです。

それは面と向かっている時だけでなく、LINEでも同じ。

むしろ会っていない時のLINEでのやりとりの方が重要だと考える女性も多いくらいなのです。

こちらの記事でご紹介したLINEで聞き上手になるための心得を忘れず、女性と楽しいLINEをしてくださいね。

TO-RENでは自分を変える最初の一歩を踏み出したいと考えている方に向けて、LINEコンサルティングを実施しています。
毎月100名様に限り無料でLINEにご登録頂けますので、恋愛において成功を掴むための「戦略」を知り本気で自分を変えたい方は今すぐ下のボタンから会員登録をしてください

【次ページ】「自信がなくて行動できない…」と悩む男性が恋愛で成功するための「戦略」とは?

    -会話術