冷却期間中の女性の心理を解説!復縁して仲直りするポイントも紹介

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「冷却期間中の彼女の気持ちを知りたいです。」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、冷却期間をとっている相手の今の心境を知りたいと思いますよね。

そこでこの記事では、冷却期間中の女性心理と、冷却期間を抜け出す方法について解説します。

本記事のゴール冷却期間中の女性心理や冷却期間を抜け出す方法を知る

冷却期間中の女性の心理7選

冷却 期間 女性 心理

彼女との関係性を見直すためにとった冷却期間。

楽しかった日々を思い出して辛い気持ちを抱えている男性は多いはずです。

一方で、彼女はいったいどんな気持ちでいるのでしょうか?

考えられる7つの心理を見ていきましょう。

1.相手が何をしているか気になる

冷却期間に入って連絡を取り合わなければ、「今何してるのかな?」と気になってくるものです。

仲良くしていた頃はお互いの状況を簡単に把握できましたが、いざそれができなくなると相手の状況を知りたくなってしまうのです。

女性によっては冷却期間中に自ら連絡を取るケースもあります。

2.毎日寂しいと感じている

ほとんどの女性は、冷却期間で寂しさを感じるでしょう。

女性にとって彼氏の存在は、精神安定剤のようなもの。

以前は甘えたり頼ったりできた存在がなくなりかけていることで、一人の辛さを痛感するのです。

特にいつも一緒だったカップルが冷却期間に入ると、女性はそのギャップに大きな寂しさを感じます。

3.自分のしたことを後悔している

「自分にも悪いところがあった」と後悔する女性も少なくありません。

付き合っている時は彼氏に対して不満ばかり感じていたとしても、相手がいなくなることで過去の自分の行動にも目がいくのです。

「あの時あんな言い方をするんじゃなかった」「あの時私が違う行動をとっていれば…」など、自分の言動を省みることが増えます。

4.復縁の方法について考えている

離れたことを後悔している女性は、どうしたら相手と関係修復できるか考え始めます。

完全にお別れするのではなく冷却期間を設けるということは、少なからず復縁の可能性を秘めているでしょう。

離れている彼にどうやって歩み寄ればいいのか悩み、友人に相談している女性も多いです。

5.気持ちが相手の男性から離れている

冷却期間が長くなると自分の気持ちに整理がつき、彼のことで悩む時間が減っていきます。

付き合っていた頃に自由にできなかったことがある人は、思い切り一人の時間をエンジョイするようになるでしょう。

女子会に参加したり趣味に没頭している間に、彼への未練が綺麗さっぱりなくなってしまう人もいます。

6.新しい相手を探している

冷却期間を設けても彼への愛情が元に戻らなかった場合、他の男性に目を向ける女性もいるでしょう。

離れたことで自由になったと感じ、新しい出会いを探しているのです。

お互いの気持ちを再確認するための冷却期間だったとしても、この場合は復縁の可能性は限りなく低くなります。

7.相手と縁を切ろうと考えている

「彼とは完全に縁を切ろう」「もう顔も見たくない」と考える女性もいます。

ケンカ別れした場合や、彼氏の浮気が原因で別れた時に多いパターンですね。

なかなか怒りが収まらず、元カレとの繋がりを完全に切ろうと考えるのです。

LINEやSNSをブロックしたり、これまでに撮った写真も全て削除したりするでしょう。

【女性心理から読み取る】冷却期間を経ても復縁は可能?

冷却 期間 女性 心理

多くの場合、冷却期間を設けるのは男女の関係を修復するためです。

男女それぞれに「もう一度やり直したい」という思いがどこかにあるからこそ、完全な縁切りではなく冷却期間を選ぶのでしょう。

冷却期間を設けることで相手への思いを再確認し、復縁できる可能性は十分あります。

しかし、冷却期間を設けたことで逆に彼への未練を絶ち切ってしまう女性も。

この場合は残念ですが、女性の心を取り戻すのは難しいです。

【女性心理から読み取る】冷却期間に女性がヨリを戻したくなる瞬間3選

冷却 期間 女性 心理

冷却期間中に、女性が「もう一度やり直したいな…」とヨリを戻したくなる瞬間があります。

その瞬間が分かれば、復縁も可能ですよね!

ここでは、冷却期間に女性がヨリを戻したくなる瞬間を紹介していきます。

1.あなたがいない寂しさを感じたとき

あなたと付き合っていた頃には当たり前だったことが、別れた後には無くなってしまいますよね。

例えば、モーニングコールや休日のデートなどです。

別れてすぐは一人の時間を満喫できても、徐々にあなたの存在の大きさに気づいて、「私は今ひとりぼっちなんだ…」と寂しくなります。

その寂しさは「あなたがいなくなった」ことが原因で感じてしまうので、寂しさを埋めるためにヨリを戻したいと思うのです。

寂しすぎて「元気?」と連絡してくる女性も多いですよ。

2.あなたがイイ男になったとき

あなたが別れたことをバネに、自分磨きを頑張ってイイ男になっていたら、女性は関係を修復したくなります。

別れた原因が改善されていて、付き合っていた頃よりもイイ男になっているのだから、別れる意味が見当たらないですよね。

また、「ちゃんとだめなところを直したんだね…」「私が言ったこと守ってるんだ…」と見直して、ヨリを戻してまた1から頑張りたいという気持ちになります。

そのためには、付き合っていた頃のまま現状維持するのではなく、前向きに成長し続ける必要があるのですね。

3.他の女性に嫉妬してしまったとき

あなたが他の女性と話していたり、楽しそうにしていたりする時に「私の元カレなのに!」と嫉妬してしまうことがあります。

それは別れてから気づくものなので、「こんな気持ちになるならヨリを戻したい」「他の女性に彼を取られたくない」と感じるのです。

そのため、あえて他の女性と話しているところを見せるのも効果的です。

ただし、やりすぎ注意!別れて女遊びを楽しんでいると思われてしまったら、復縁の可能性が無くなってしまいますよ。

【女性心理から読み取る】冷却期間から抜け出し復縁する方法3つ

冷却 期間 女性 心理

冷却期間を経て、「彼女と復縁したい」と思っているならちょっとしたコツがあります。

やみくもに復縁を迫ると失敗する可能性がありますよ。

冷却期間から抜け出してスムーズに復縁できる方法を3つご紹介しましょう。

1.時間を置いて連絡する

彼女と離れてから3ヵ月くらい経った頃に再度連絡してみるのがおすすめです。

分かれてからすぐに連絡すると、お互い冷静に今後のことを判断できません。

3ヵ月経過すれば気持ちがかなり落ち着き、未来のことも前向きに考えられます。

2.自分磨きをする

彼女と連絡を絶っている間に自分磨きをすることで、復縁の可能性が高まります。

ただ時間が経過しただけで、別れた時となんら変わっていないあなたなら彼女は心を動かされません。

女性が男性を見直すのは、相手が大きくイメチェンした時のみです。

見た目を磨くのはもちろん、女性心理に関する本を読むなど、彼女にいい男と思ってもらえるように努力しましょう。

3.機会を作って会ってみる

同窓会や共通の友人との飲み会、結婚式など、何かしらの機会を利用して実際に会ってみましょう。

他の人もいる空間なら気まずくなりにくいですし、意外と話が弾む場合もあります。

冷却期間を経て、ただLINEしてみるのと実際に会ってみるのとでは全く印象が違います。

やはり会って話をする方がいい印象を与えられるでしょう。

復縁を狙うなら女性心理を理解し、冷却期間を慎重に過ごそう

冷却期間の女性心理は様々です。

大きな寂しさを感じている人もいれば、すっかり彼への未練を断ち切ってしまう人もいます。

お互い気持ちの整理がつくまで距離を置き、連絡を取らない間に自分を磨くことで復縁の可能性が高まるでしょう。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -復縁