【付き合う前のデート】何回?何か月?最適な頻度と理由を解説!

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「女性と付き合う前に何回くらいデートをしたらいいですか?」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。たしかに付き合う前のデート頻度は恋愛の発展にも影響するので知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、付き合う前に最適なデート頻度について解説します。

本記事のゴール女性と付き合う前に最適なデート頻度を知る。

付き合う前の、最適なデート頻度とは

付き合う 前 会う 頻度

告白成功のためには、付き合う前の会う頻度が重要です。

今回は最適なデート頻度と、なぜ付き合う前に会う頻度が重要なのかについて解説します。

はじめに、最適なデート頻度から見ていきましょう。

1.会いたいときも我慢して! デートごとの間隔

付き合う前の最適なデート頻度は、月3〜4回程度・1〜2週間に1回のペースです。

たくさん会うよりも、1回1回のデートの質を重視しましょう。

「毎回素敵なデートを考えてくれる」「いつも会うたびにすごく楽しい」と、女性に感じさせられるかがカギ!

このペースでデートすれば、お互いに仕事や友人との時間を制限することなく会えますよ。

まだ友達関係だからこそ、負担なく会えるペースを保ちましょう。

2.意外と短期決戦! 付き合うまでのデート回数

付き合うまでのデートは、短期間に抑えるのがベストです。

1〜2ヶ月の短期決戦だと意識し、この間に女性を最大限に楽しませましょう

はじめの方は緊張感もあるので、話題に困らないデートコースを考えるのが無難です。

例えば映画館なら上映中は会話しなくて良いので、失敗しにくいデートコースとしておすすめ。

映画の後は感想を言い合ったり、好きな映画の話等で盛り上がれますよ。

水族館やプラネタリウムのような、リラックスして過ごせるデートもおすすめです。

頻度が高すぎてはダメな理由とは

付き合う 前 会う 頻度

ここからは、付き合う前に会う頻度が高すぎてはダメな理由について解説します。

時間が空くと、つい好きな人に会いたくなってしまいますよね。

「今から会えない?」「今週はもう会えない?」と、できる限り会う時間を作ろうとしてしまうのはNG。

なぜ会いすぎるとダメなのかを理解し、告白までは会いたい気持ちを我慢しましょう。

1.現状維持を目指してしまうから

付き合う前に会う頻度が高すぎてしまうと、恋愛に発展するより現状維持を目指してしまいがちになります。

付き合う前のデートで、お互いのことを理解しすぎてしまうのは恋愛においてマイナス。

友達以上を望まれたいなら、まだ知らない未知な部分や興味を感じる部分を残しておかなければなりません。

それが魅力に感じ、「誰にも取られたくない」という気持ちを掻き立てます。

ミステリアスさを残し、手放したくないと感じさせるためには会う頻度に気をつける必要があるのです。

2.告白のタイミングを見失ってしまうから

付き合う前に会う頻度が高すぎてしまうと、告白のタイミングを見失う原因になります。

デートスポットに行ったり週に数回会ったりしていると、付き合う前に恋人のような関係性ができあがってしまうのです。

一定の頻度で会う習慣ができると、告白のタイミングがつかめなくなるので注意しましょう。

3.友達ポジになってしまうから

付き合う前に会う頻度が高すぎると、友達ポジになってしまうリスクがあります。

会う頻度が多くなるにつれてドキドキ感は薄れ、気心知れた関係に陥ってしまうのです。

次第に居心地の良さを感じ、仲の良い友達止まりになってしまいがち。

ドキドキ感のあるうちに、短期決戦で告白するのがポイントです。

予定が合わずデートできなかったときにするべき事とは

付き合う 前 会う 頻度

社会人となると急な残業や繁忙期等、思うようにデートができないときもあります

会う予定だったのに、ドタキャンされてしまうこともあるもの。

予定が合わずにデートできなかったときこそ、女性の心に届くアプローチをしましょう。

1.連絡をとる

予定が合わない理由が何にせよ、LINEやSNSで連絡を取りましょう。

次のデートをただ待つよりも、会っていないときにあなたの存在を思い出させるアプローチができるかが重要です。

2週間以上何も連絡せずに空いてしまうと、短期決戦で恋愛に持ち込むのが難しくなってしまいます。

会っていないときも、関係性を深める努力をしましょう

2.前回のデートの話をする

予定が合わずにデートできなかったときは、前回のデートの話で楽しかった感情をフラッシュバックさせましょう。

また、前回女性が話していた内容について触れるのも効果的

「この間おすすめしてくれた◯◯やってみたよ」「この間行きたいって言ってた◯◯、今度行かない?」と触れると、「話を覚えてくれた」と嬉しく感じるものですよ。

3.次のデートの予定を話し合う

恋愛に駆け引きをしてくる女性もいるので、デートを断られたからといって諦めるのは早いです。

次のデートの予定を一緒に計画し、積極的な姿勢を貫きましょう。

本当に予定があり断っている場合もありますが、駆け引きをしているとしたらあなたを意識している証拠。

「焦らせたい」「夢中にさせたい」という気持ちの裏返しなので、告白も視野に入れてみましょう。

最適は頻度でデートを重ねて、告白を成功させよう!

付き合う 前 会う 頻度

恋愛に発展させるには、ドキドキ感やミステリアスさを感じさせることが重要です。

「もっと相手のことが知りたい」「もっと近づきたい」と思われるには、付き合う前のデート頻度と意識しながら関係を深めましょう。

付き合う前に会う頻度が高すぎてはダメな理由を頭に入れ、会いたい気持ちよりも女性の恋愛対象になることを目指してくださいね。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -デート