「また機会があれば」の意味とは?その後女性にとるべき対処法も紹介

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

「デートの帰りに彼女から「また機会があれば」と言われてしまいましたが、これって次はないのでしょうか。」

確かに、こんな風に言われたら、考え込んでしまいますよね。

そこでこの記事では、「また機会があれば」の意味とその後女性にとるべき対処法について解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

女性の「また機会があれば」に含まれる4つの意味は?

また機会があれば

女性から「また機会があれば」と言われると「ただの社交辞令?それとも本心?」と疑問に思う男性も多いのではないでしょうか。

できれば本心から「また機会があれば会いたい」と思っていてほしいですよね。

ふんわりとした表現ですが、その真意を見抜いていきましょう。

1.時期がきたら連絡する

女性は適切な時期がきたらまた連絡したいと思っている可能性があります。

すぐにというほど重要ではないけど、タイミングが合えば「またあなたと関わりたい」

「デートしたい」と思っているかも。

あなたに対する好き度はまずまずといったところでしょうか。

恥ずかしがり屋の女性は「また会いましょう!」とは素直に言えないので、このような言い方でにごしている場合もあります。

2.社交辞令として言われる

何かお誘いを受けた時に、とりあえず「また機会があれば」と言っておくことはあります。

完全に断り文句ではないにしても、乗り気ではないという心理が見え隠れしますね。

しかし本当にタイミングよくその「機会」が訪れた時は、女性も誘いにのってくれる可能性があるでしょう。

3.深い意味はない

今後の予定が分からず、「また機会があれば」というパターンもあります。断り文句ではないとしても、忙しい女性ですぐに食事やデートに行くことが難しい場合があるでしょう。

女性自身が奥手なあまり、お誘いをすぐに受けるのが恥ずかしい女性に多いケースと言えるかもしれません。

その反面、とりあえず「また機会があれば」と口にしている可能性もあります。

深い意味はないパターンの場合は女性の予定を聞いて、女性の負担になりにくいタイミングでデートに誘うとよいでしょう。

4.断り文句として言われる

残念ながらこのパターンが一番多いです。男性を傷つけてはならないという女性なりの気遣いですね。

その「機会」はもう作らないと心の中で思っている可能性は高いです。

あなたも相手の気分を損ねないように誘いをお断りする時に、こんな風に言ったことがあるはず。

「また機会があれば」と言われて、他の脈あり要素がない場合は断り文句だと思っていいでしょう。

「また機会があれば」が脈ありな場合の2つの女性心理

また機会があれば

なんとなく脈なしの匂いがするこの言葉。

しかし状況によっては脈ありだったということもあり得るんです。

その場合の2つの女性心理を考察しましょう。

1.言葉の通り機会があれば会いたい

言葉の裏を読まなければ、「また機会があれば誘ってください」「機会があればまたあなたに会いたいです」という意味ですよね。

そのままそれを受け取っていい場合もあります。

あなたの誘いに対して素直に返答しているのかもしれません。

普段の女性の言動から脈ありサインが感じ取れるなら、社交辞令である可能性は低くなります。

しかし、自分からあなたを誘うほど積極的な姿勢でないことはうかがえますね。

2.奥手な女性にとっての精一杯なアプローチ

恋に奥手な女性は、自分の好意が相手に伝わるのを嫌がる傾向にあります。

ですから男性から誘われても、ノリノリだと恥ずかしいと思っていて、「また機会があれば」なんて控えめな言い方をすることがあるのです。

この場合は「またあなたから誘ってくださいね」という意味になりますね。

見分けるポイントとしては、女性の“言い方”を見ること。

照れた様子で言ったり、声が小さかったり、下を向いていたりと女性の普段の性格からも判断できるでしょう。

「また機会があれば」と言われたあとの3つの対処法とは?

また機会があれば

社交辞令の場合が大半とされるこの言葉。

しかしチャンスは自分でつかむものです!

今後の対応次第でその「機会」を作り、また女性をデートに誘える可能性大です。

1.しばらく連絡しない

単純な人は「機会があるならまた誘いに乗ってくれるんだ!」と思って、勢いで次のデートのお誘いをしてしまうかもしれませんね。

でもそれはNGです。女性は基本的にガツガツした男性が苦手です。

しつこく催促するなんてもってのほか。時期を見て連絡するようにしましょう。

女性が「そろそろまた会ってもいいかな」と思う頃を見計らうのです。

2.明るく接する

「また機会があれば」という言葉は、社交辞令として知られています。

ですから、女性も実は相手側の反応を気にしていることがあるのです。

「気を悪くしないかな」などと気にしつつ言っている可能性があります。

そこであなたが社交辞令だと気付いて悲しそうな顔をしたり、「もう会う気がないんだね」なんて言ったりしようものなら、二度とチャンスは訪れないでしょう。

彼女の言葉が断り文句だと気付いても、暗い顔をせず明るく接してください。

そうすれば女性の気持ちが乗った時に、またデートできる可能性があるでしょう。

3.思い切って食事に誘う

あまり深く考えず、思い切って食事に誘ってみるというのもひとつの作戦です。

女性に嫌われていると感じることがないのであれば、こちらから誘えばOKしてくれる可能性はあります。

「機会があれば」と言われてから数日あけて、具体的な日にちを指定して食事に誘ってみましょう。

“食事”というのがポイントです。

女性の本心が分からないまま、大胆なデートに誘っても断られるかもしれません。

食事くらいであれば付き合ってくれる可能性が高いでしょう。

「また機会があれば」とメールやLINEで言われたあとの対処法は?

また機会があれば

恋愛で大切なのは、「また機会があれば」と言われた後の対処法です。

「機会があればってどういうこと?」などとその場で答えを求めるのはタブー。断るまではいかないけど、ちょっと時間を置きたいと思っているかもしれません。

答えを急ぐあまり、せっかくの恋愛のチャンスを逃してしまうこともあります。

まずは女性がどのようなシーンで「また機会があれば」と言っているのか、食事やデートの雰囲気はどうだったかなど、総合的に見ることが大切です。

女性との会話が盛り上がらないときや、共通点が見つからないときの「また機会があれば」は、社交辞令の可能性が高いでしょう。

反対に話が盛り上がったり、今後の具体的な話が出た場合は脈ありと考えて、積極的にアプローチするのがベストです。

女性の「また機会があれば」の意味を知って、交友を広げよう

また機会があれば

一般的には社交辞令とか断り文句だと思われている「また機会があれば」

確かにその可能性が高いですが、全く脈がないとは言い切れません。

上手に対応していけば関係を深められることもあるので、あきらめずに様子を見ましょう!

    -脈ありサイン(女性心理)