プロポーズしなかったら振られた理由は?復縁する方法やすべきことも

どうも!TO-REN編集部です。 先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

TO-REN
「プロポーズをしなかったら振られてしまいました…。」
確かに、プロポーズをしなかったら振られてしまった…、そんなことになってしまったら、もう復縁は無理なのかと悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、プロポーズしなかったら振られた理由や元カノと復縁する方法などについて解説していきます。

元カノにプロポーズしなかったら振られた理由3つ

プロポーズ し なかっ たら 振 られ た

元カノにプロポーズをしなかったら振られた場合には理由があります。

ここでは、3つの理由を解説していきます。

1.あなたとの将来に不安を感じた

男性よりも女性の方が結婚となると相手をシビアに見ています。なぜなら女性は出産のことを考えるとリミットがあるのです。

そのため年齢を重ねれば重ねるほど、「いつプロポーズしてくれるの?」とあなたとの将来に不安を感じ別れを選ぶのです。

2.あなたへの愛情が無くなった

デートコースがいつも同じだったり、二人でいるときもお互いに別のことをしていたりと、いつまでもプロポーズしないで長年付き合っているとマンネリ化してしまいます。

そして「ドキドキ感」「ときめき」などの刺激がなくなり、あなたへの愛情が徐々に薄れていくのです。「この人と結婚しても楽しくないかも」と感じた可能性があります。

3.あなたより他に好きな人ができた

マンネリ化が長引くと、他の男性にときめいてしまうことがあります。そこからその人に本気になってしまい、気づけばあなたよりも好きなっているのです。

プロポーズしなかったら、たとえ女性が自分から出会いを探していなくても、思いもよらない場所で素敵な人に出会ってしまって振られた可能性はあります。

【ステップ別】プロポーズしなかったら振られた元カノと復縁する方法

プロポーズ し なかっ たら 振 られ た

プロポーズしなかったら振られた場合、後悔しかありませんよね。

プロポーズしなかったら振られた元カノと復縁する方法があるので、参考にしてみてください。

【ステップ1】自然な口実で連絡してみる

プロポーズしなかったら振られた場合、あなたから連絡しづらい気持ちもありますよね。そんな時は、元カノの誕生日や記念日を狙って連絡してみましょう。お祝いの気持ちを伝えたあとは、復縁したいオーラは出さずに近況報告からするとスムーズにいきますよ。

【ステップ2】あの時プロポーズ出来なかったことを謝る

プロポーズしなかったことを後悔するほど深い付き合いをしていた女性ですから、ここまで引き伸ばしてしまったことをしっかり謝りましょう

あなたが自分の過ちに気づいて、二人の関係を改めて考え直してくれたことに女性は嬉しくなります。そして「私にプロポーズしなかったことを後悔してくれているんだ…」と愛されていたことが分かり安心します。

【ステップ3】プロポーズをする

プロポーズしなかったことを謝ったあとは、プロポーズしましょう。

何これ言うよりも、ストレートに「結婚してください!」と伝えるのがベストです。

彼女はその言葉を待っています。プロポーズに最適な場所やシチュエーションなども含めて、完璧なプロポーズをしましょう!

【プロポーズしなかったら振られた】元カノが出す脈ありサイン3つ

プロポーズ し なかっ たら 振 られ た

「元カノに復縁を申し込んで再び振られたら立ち直れない…」と不安になっている男性もいますよね。

ここでは元カノが出す脈ありサインを紹介しますので、チェックしてみてください。

1.連絡が取れる

プロポーズしなかったら振られた元カノと連絡が取れるのであれば、良好な関係です。

元カノがプロポーズしてこないあなたに呆れて気持ちも冷めてしまったのなら、連絡を取らずに次の恋を探します。

今まで通り連絡を取れる場合は脈ありなので、復縁できる可能性があります。

2.会うことを快諾してくれる

元カノが会うことを快諾してくれるのは、少なからずあなたに気持ちがあるからです。

元カノは「もしかしたらプロポーズしなかったことを後悔しているかも」「プロポーズしようと思っているのかも」とあなたに期待しているので、別れた後も会ってくれるのです。

3.付き合っている人がいない

元カノに恋人がいないのは、あなたと別れても未練があり、まだ新しい恋をする気持ちになれないからです。

あなたからのプロポーズを待ち望んでいたので、すぐに気持ちを切り替えるのは難しいのです。連絡が取れるなら近況を聞いてみましょう。

【プロポーズしなかったら振られた】あなたがするべきこと3つ

プロポーズ し なかっ たら 振 られ た

プロポーズしなかったら振られたあなたにはするべきことが3つあります。

しっかりと自分と向き合い、将来のことを真剣に考えましょう。

1.冷却期間をもつ

プロポーズしなかったら振られた場合、まずは何よりも冷却期間を持つことが大切です。

間違っても焦ってプロポーズするのはやめましょう。プロポーズすれば復縁できるとは限りません。

しっかりと冷却期間を設けて、どうして彼女が別れを選んでしまったのか考えましょう。

2.自分磨きをする

プロポーズしなかったあなたが振られたのは紛れもない事実です。今までのあなたのままでは、新しい道は切り開けません。

今までの自分ではなく新しい自分になるために、筋トレや趣味を見つけるなど、自分磨きをしましょう

3.自分自身を見つめ直す

なぜプロポーズしなかったのかを自分自身でよく考えることが大切です。

経済力・子育て・家族との繋がりなど、結婚に対する自分の気持ちをまとめてみるのがおすすめです。

自分自身を見つめ直すことで「経済力は二人で働けばなんとかなるか」など解決策が見つかりますよ。

プロポーズしなかったら振られた自分を見つめ直そう

プロポーズ し なかっ たら 振 られ た

プロポーズしなかったら振られたのには、必ず理由があります。

元カノの気持ちをよく考え、自分自身を見つめ直しましょう。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -失恋