女性にデートを代替案なしで断られたら脈なし?3つの対処法も解説!

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

「デートに誘ったら、断られてしかも代替案もありませんでした。デートしたくないってことでしょうか。」
確かに、代替案もなく断られてしまうと、脈ナシなのかと不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、女性にデートを代替案なしで断られた場合脈ナシなのかについて解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

デートを断られたとき代替案なしの場合、脈なし?【脈なしとは限らない】

デート 断られた 代替案なし

デートを断られた=脈ナシだと思っている人は多いようですが、実はそんなことはありません。

脈アリの場合もあります。

といっても、「もうホント大好き!!ヤバい♡」という訳ではなく、「あーまぁ、恋愛対象ではあるかな」程度なので、

あなたの努力次第ではもっと好きになってもらうことも出来るはずです。

そのため、「デート断られた→諦めよう」となるのではなく、以下で紹介する【脈アリパターン】と【脈ナシパターン】を参考にして、

彼女がどっちなのか見極めてからアプローチしていきましょう!

女性に代替案なしでデートを断られたときの2つの脈ありパターン

デート 断られた 代替案なし

まずは、女性に代替案なしでデートを断られた時の脈アリパターンについて紹介していきます。

1.本当に予定があって忙しい

本当に予定があって忙しい場合は脈アリの可能性があります。

彼女をデートに誘った時に「その日は〇〇で忙しいんだ…ごめんね」と断られた場合は、忙しくない日ならばデートを出来る可能性が高くなります。

そのためこのように断られた人は、「じゃ、〇〇ちゃんはいつ空いてる?」と相手の予定に合わせてあげることが大事です。

2.駆け引きを楽しんでいる

恋の駆け引きを楽しんでいる場合も、脈アリの可能性があります。

デートに誘われたからと言って即答で「うん!いいよ」と答えてしまうと「軽い女」と見られるのではないかと気にしている女性はかなりいるようです。

このようなタイプの女性に対しては1回誘って断られたからとすぐに諦めるのではなく、何回も誘ってみることをオススメします。

特に、プライドが高い女性やいつも冷静な女性はこのタイプが多いです。

女性に代替案なしでデートを断られたときの3つの脈なしパターン

デート 断られた 代替案なし

ここまで、女性に代替案なしでデートを断られた時の脈アリパターンについて紹介してきました。

次は、脈ナシパターンについて紹介していきます。

1.連絡が来ない

断られた後に連絡がない場合は脈ナシの可能性が高いです。

デートを断られた後にあなたからメッセージを送っても返信が来ない場合は脈ナシの可能性が高いです。

デートを断った側にもし少しでも好意があるのならば「悪いことしちゃったな」などと相手のことを気にかけるものです。

しかし、それがない場合は罪悪感すら感じていないでしょう。

また、返事をしないだけではなく、ブロックをされている場合は尚更脈ナシの可能性が高いです。

2.「複数人ならOK」と言われる

「複数人ならOK」と言われる場合も脈ナシである可能性が高いです。

女性は基本的に、興味のない人と「2人きりで出かけるということはしたくない」と思っているため、デートに誘われても「複数人でならいいよ」と答える人が多いようです。

また、「複数人ならOK」と言われたということは「2人では会いたくない」と言われていることになるために、最初は複数人で会って、徐々に2人のデートに誘うようにしましょう。

3.「予定がわからない…」と言われる

「予定がわからない…」と言われて断られた場合も、脈ナシである可能性が高いです。

何度予定を聞いても「わからない…」と言われる場合は、「そもそも、デートをしたくない」と思っているでしょう。

そのため、このような場合は「いつ?いつ?」としつこく聞くのではなく、察しあげることが大切です。

また、「予定が空いたら連絡するね」と言われた場合も脈ナシである可能性が高く、ただ連絡を待ち続けるだけでは先には進めないでしょう。

女性に代替案なしでデートを断られたときの3つの正しい対処法

デート 断られた 代替案なし

ここまで、女性に代替案なしでデートを断られた時の脈ナシパターンについて紹介してきました。

次は、女性に代替案なしでデートを断られた時の正しい対処法について紹介していきます。

1.理由をしつこく聞かない

これは男性がよくやってしまいがちですが、デートを断られた時に「なんで?」としつこく聞くのはNG行為です。

もし、脈アリの場合は「なんで?」と聞かれる前に自分から「こういう理由でできない。」と断ってくるものです。

反対に理由を言わないで断られたなら脈ナシの可能性が強く、「デートしたくない」という気持ちをわざと誤魔化しているでしょう。

それなのにしつこく聞いてしまうと彼女の中であなたの印象がさらに悪くなってしまうので辞めましょう。

2.あからさまに態度を変えない

これも男性がやってしまいがちですが、デートを断られたからといってあからさまに態度を変えるものNG行為です。

例えば、今までは優しく接していたのに、デートを断られたことを理由にあからさまに冷たい態度をとってしまうと

「今までと態度違うじゃん!!」と悪印象を与えてしまい、今後のチャンスまでも自分で潰してしまうのでおすすめは出来ません。

3.がっつきすぎない

これも男性がよくやってしまいがちですが、がっつきすぎはよくありません。

デートを断られたのに「じゃあ、〇日は?」としつこく聞き、無理やりデートの予定を入れようとするのは女性からすると迷惑以外のなにものでもありません。

また、無理やり予定を入れようとしてしまうと、脈アリでも警戒してしまうので注意しましょう。

代替案なしでデートを断られたからといって脈なしではない!

いかがでしたか?今回は女性に代替案なしでデートを断られた場合は脈ナシなのか?それとも脈アリなのか?について紹介してきました。

今回の記事で、あなたの次第で脈ナシにも脈アリにもなれるということが分かりましたね。

また、代替案なしで断られた時の正しい対処法についても紹介してきたので、是非参考にしてみてください!

代替なしでデートを断られたからって、弱気になっていませんか?

TO-RENでは、1人でも多くの男性に幸せになって欲しくてだれでも簡単に実践できる恋愛ノウハウを詳しくお伝えしているので、参考にしてどんどんアタックしていきましょう。

そこで次のページでは、あなたのゴールであろう「彼女を作ること」にフォーカスし、どんな力が必要なのか、そのために何をすればいいのかを詳しく解説していますのでぜひ読んでみてください。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -デート