2回目のデートまでのLINEやりとり攻略法!注意点や脈ありサインも

どうも!TO-REN編集部です。 先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

初デートが無事に終わりました!2回目のデートまでのLINEにコツはありますか?
確かに、初デートが終わると次は2回目のデートに繋げたいですよね!2回目のデートまでのLINEには攻略法がありますよ!

そこでこの記事では、2回目のデートまでのLINEやりとり攻略法、注意点や脈ありサインについて解説していきます。

2回目のデートまでのLINE~タイミング編~

デートまでのline

ドキドキの初デートを終えたら、早く2回目のデートに持っていきたいところ。

2回目のデートまでの繋ぎとして、マッチングアプリといったツールだけでなくLINEをフル活用しましょう。

2回目のデートまでのLINEのベストタイミングについて解説します。

1.頻度は相手に合わせる

LINEの頻度は相手に合わせてあげると、好感を持たれます。

人は誰しも、自分のペースを乱されるのは嫌なのです。

自分と同じ頻度でやりとりしてくれる人を、無意識に好みます。

その頻度の方が疲れないからです。

女性が1日1回の頻度でしか返事をしないなら、あなたもメッセージを送るのは1日1回の頻度で

逆に返信が早く、1日に何度もLINEをくれる頻度ならあなたもその頻度に合わせてみましょう。

2回目のデートまでに、あなたとのLINEをストレスなく楽しんでもらうことが重要なことです。

2.夜に送る

一般的に、夜はゆっくり過ごしている女性が多いです。

日中は仕事で忙しい女性がほとんどでしょう。

1日働いた疲れをお風呂で癒し、就寝前にゆっくり過ごしている時間帯を狙うのがベストです。ただし、居酒屋やキャバクラで働いている女性や、夜勤がある看護師の女性は夜が忙しいです。

マッチングアプリの相手の場合には、しっかりとその辺りをチェックしておきましょう。

「夜に送ればいい!」と短絡的に考えるのではなく、相手の生活リズムを把握して送るのがベストです。

2回目のデートまでのLINE~内容編~

デートまでのline

ここでは、2回目のデートまでに送るLINEの話題はどんなものにすればいいかを考えていきましょう。

自然に次のデートに繋げられるといいですね。

1.1回目のデートのお礼や感想について

2回目のデートの間に送るLINEとして、まずは1回目のデートの話題を送りましょう。

1回目のデートが楽しかったからと浮かれているのではなく、デート後その日か次の日までにデートのお礼や感想を伝える。

きちんと1回目のデートを振り返った会話のLINEを送ることで、「楽しかった」ということが女性に伝わり感情を共有できます。

中には男性の方からLINEを送ってもらいたいと考える女性も多いので、何はともあれデート後は1回目のデートの話題を出すのがベストです。

.2回目のデートの場所や時間について

1回目のデートをして、その後もLINEでやりとりを続けているということは、かなり脈ありということ。

女性も早く2回目のデートを望んでいるでしょう。

いつまでもLINEでの他愛ない会話や意味のない話題だけだと、イライラさせる可能性があります。

LINEでいろんな話題を話し過ぎると、2回目のデートでの話題もなくなってしまいます。

LINEで2回目のデートについて語り合うのがおすすめです。

2回目のデートに向け、女性が好きそうな場所やお店を提案して、会話を盛り上げましょう。

「会うのが楽しみ!」と思ってもらえます。

2回目のデートに誘うタイミングとしては、1回目のデートから1~2週間後くらいにしておきましょう。

早くデートがしたいからと2回目のデートが1回目のデート後1週間以内だと、女性も想定外で準備ができていないかもしれません。

逆に3週間や1か月後ともなると「どうして次のデートの約束をしないんだろう…」と女性を不安にさせるのでNGです。

最悪マッチングアプリの相手なら、他の男性に乗り換えてしまうので注意してください。

.女性の趣味や好きなことについて

女性の趣味や好きなことについて深掘りして聞いておくと、2回目のデートの会話が盛り上がります。

「LINEで〇〇が好きっていってたよね?いつからハマってるの?」「LINEで教えてくれた〇〇についてもっと教えてよ」などと、会話における話題になるのです。

女性は自分の話に興味を持って聞いてくれる人が好きなので、積極的に話題を投げかけたり質問してみてくださいね。

マッチングアプリを利用した出会いなら、相手のプロフィールを見るのもおすすめです。

2回目のデートまでのLINEで気をつけるべきこと

デートまでのline

2回目のデートまでのLINEのコツをチェックするだけでなく、気をつけるべきことも知っておきましょう。

2回目のデートでの失敗を防ぐことが出来ますよ。

1.長文にしない

女性のことが好きだと、ついつい色々な話題で会話したくなるでしょう。

マッチングアプリの場合メッセージにポイントがかかりますが、LINEではそうではないため想いが溢れて止まらないかもしれません。

しかし、長文のLINEは女性に負担をかけるということを念頭に置いてください。

相手から長文LINEが送られてくると、自分も長文で返さなければいけない気がして面倒に感じます。熱量が大きいと、引いてしまうこともあるかもしれません。

文章は2文程度に留めておいた方が読みやすいですし、女性も気軽に話題のやりとり出来ます。

2.非常識な時間に送らない

気持ちが高ぶったからといって、非常識な時間にLINEを送るのはNGです。

あなたの気持ちは高まっていても、女性もそうとは限りません。

深夜~早朝に送るのは迷惑です。

「常識がない人」と思われてしまいかねません。

女性が活動しているであろう時間帯に気軽な話題を送るよう心がけましょう。

3.返事に困る内容は送らない

女性がなんと返事をしていいか迷ってしまうような話題のLINEは避けましょう。

  • 「おはよう」「おやすみ」など挨拶だけ
  • 今日の出来事を一方的に送る
  • 女性が答えにくい質問

あなたとのLINEがおっくうだと思われたら、女性はだんだんLINEでの会話が嫌になってしまうかもしれません。

送信前に「このLINEには返しやすいかどうか」を考えることをおすすめします

4.返信を催促しない

続いての2回目のデートまでのLINEにおける注意点は「返信を催促しない」ということです。

こちらが送った話題のLINEに対して返信がないと不安になり、思わず催促してしまうかもしれません。

しかし返信がないのは女性に何らかの理由があります。

「LINEをしたくない」という可能性もゼロではありませんが、その他にも「返信を忘れている」や「忙しくて返信できない」という場合も十分考えられるでしょう。

そんな時に「返信まだ?」というメッセージを送ったら女性の好感度が下がること必然です。

マッチングアプリで出会った相手ならそのままフェードアウトするでしょう。

返信がこない場合には、時間を空けてから別の話題のLINEを送るのが最善の方法になります。

1回目のデートの話題を出すのもアリです。

5.無理して送らない

2回目のデートまでのLINEの注意点には「無理して送らない」というのも1つにあります。

「2回目のデートまでにもっと仲良くならなくちゃ!」と、LINEでの会話のやり取りの頻度を増やしたいと思うかもしれませんが、それは完全な正解ではありません。

多くの人間がいる中、LINEのような会話のやり取りが苦手という人も一定数いるでしょう。

苦手なのに無理して話題を送っても、中身がないLINEになってしまい好感度が上がるどころか下がる可能性もあります。

マッチングアプリで出会った相手なら、それまでのやり取りを振り返ってみて迷惑に思ってないかどうかを考えてみる。

決して話題の豊富さややり取りの頻度の多さが好感度につながるわけではないということを覚えておいてください。

2回目のデートまでのLINEで脈あり女性が見せるサイン

デートまでのline

2回目のデートまでのLINEで、女性と付き合える可能性があるかどうか見極めたいですよね。LINEでの会話で分かる脈ありサインをチェックしましょう。

1.必ず返信をしてくれる

脈ありの場合は、必ずこちらの話題に対して返信をくれます。

仕事や都合で遅くなることはあっても、無視することはありません。

「嫌われたくない」と思うため、必ずリアクションをするのです。

また、返事が早いほど脈あり度も高くなります。

2.質問が多い

あなたから質問するだけでなく、女性もあなたに対して質問をしてくれる頻度が多いなら脈ありです。

あなたに興味があり、もっとLINEを続けたいと思っている証だからです。

マッチングアプリならあなたのプロフィールを見て質問してくるかもしれません。

逆に、脈なしの場合は相手の質問に答えるだけで、自分から質問することも会話しようとすることもありませんよ。

3.距離感を縮めてくる

互いの距離感を縮める言葉が会話の中である場合は脈ありサインです。

  • 前よりもくだけた文章になった
  • 下の名前で呼ぶようになった

といったことがある場合、それは女性からの脈ありサインになります。

そんなLINEを送ってくる心理は、「もっと仲良くなりたい」という意味です。

もっと仲良くなりたいからこそ、会話を親しげな文章に変えることで距離を縮めてきます。

女性がそうやって親しげな文章にしてくるなら、こちらもできるだけフランクに返信しましょう。

そうするとさらに女性との仲が深まるはずです。

4.次のデートに繋がる話をする

4つ目の脈ありサインは「次のデートに関する話題」をしてくるかです。

次のデートの話題をしてくるということは、そのまま次のデートがしたいという意思表示そのものになります。

  • 「次のデートどこにしようか?」
  • 「今度は○○に行ってみたいな~」
  • 「この前は映画行ったけど水族館も好きなんだよね」

という風に高い頻度、LINEの中の話題で、次のデートを匂わせてきたらほぼ確実に脈ありでしょう。

本当に脈ありかどうか確かめたいならば、「忙しいと思うけど、今度は□□に行きたいね」といったLINEを送ってみてください。

「忙しい」に反応してやんわり断られたら脈なしですが、「行きたい」に反応して乗り気なら脈ありだと判断可能です。

2回目のデートまでのLINEは無理やり多くする必要はない

デートまでのline

マッチングアプリなどで出会った相手との初デートから2回目のデートまでは、LINEを活用して距離を縮めましょう。

しかし、LINEでだらだらとした話題のやりとりを続けるのはあまりおすすめしません。

2回目のデートを見据えた上で、話題や会話内容、やり取りの頻度を考えましょう。

マッチングアプリ内やLINEのメッセージでのやりとりより、2回目のデートで実際に会って話す方がずっと仲が縮まります。

TO-RENでは自分を変える最初の一歩を踏み出したいと考えている方に向けて、LINEコンサルティングを実施しています。
毎月100名様に限り無料でLINEにご登録頂けますので、恋愛において成功を掴むための「戦略」を知り本気で自分を変えたい方は今すぐ下のボタンから会員登録をしてください

【次ページ】「自信がなくて行動できない…」と悩む男性が恋愛で成功するための「戦略」とは?

    -LINE