恋愛がめんどくさいと思う男性必読!恋愛に億劫な理由や克服法を解説

友だち追加

どうも!TO-REN編集部です。 先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

TO-REN
恋愛するのがめんどくさくなってしまいました。克服できるのでしょうか?
確かに、恋愛するのがめんどくさくなってしまうことはあります。

そこでこの記事では、恋愛がめんどくさいと思う男性のために、恋愛に億劫な理由や克服法について解説していきます。

恋愛がめんどくさいと思う理由は?

恋愛 めんどくさい

「恋愛ってめんどくさいなあ……」と考えて、1人孤独に生きる男性は多いです。

本来誰かと愛を育むというのは素晴らしいことですが、なぜそんな恋愛を「めんどくさい」と考えるのでしょうか。

まず、どうして恋愛が面倒くさいと思うのか、その理由を4つ解説します。

1.一人でいる時間が気楽でいい

「誰かと一緒にいると楽しい!」と考える人が一方、「1人の時間が好き」と考える人もいます。

1人の時間は誰にも邪魔されずに過ごせる優雅なひと時。

大好きな趣味やDVD観賞をする時、「1人の方が没頭できる」「誰にも邪魔されたくない」と、思う人は多いです。

誰かの価値観や気持ちに振り回されることない自由さを知っている人は、常に誰かを思う恋愛を「めんどうだ」と思うのも必然です。

2.マメに連絡することがめんどくさい

恋愛するとなると、会話によってコミュニケーションするのは必須です。

  • 「今何してる?」
  • 「今日こんなことがあったんだ」
  • 「ねえねえ今度の休みにさ……」

相手が話好きの女性だと、しょっちゅうこんな風のメッセージが届きます。

特に普段はあまりしゃべらないタイプの場合、そういったやり取りが億劫になり、徐々におざなりになっていきます。

連絡が遅いと「返信ないけど何かあった?」という追伸が送られ、それを見て(もう何もかもどうでもいいや……)と恋愛自体に興味を失ってしまいます。

3.束縛されたくない

  • ちょっと他の女性と仲良く話していると、「浮気?」という疑いの眼差し
  • デートの約束をキャンセルすると「なんで?」という詮索
  • 遊んだ日の帰りがけ、「もうちょっと一緒にいたい」というわがまま

こういった「束縛を受けるのが嫌だ」と考える人は多いです。

恋愛なので相手に合わせる場面も出てきますが、あまりにその頻度が多いと、気疲れを引き起こします。

「恋愛しなけば束縛もされない」と、恋愛をめんどくさいと思ってしまうのも仕方ありません。

4.時間とお金がかかる

女性と付き合うことで何がかかるのかといえば、時間とお金です。

これまで自由に使えた時間とお金が、相手のためにどんどん湯水のように消費されていきます。

もちろん相手と一緒にいて楽しければ問題ありませんが、1人の時間や趣味にかけるお金を削られると、時には嫌に思う場面もあります。

特にデートでは男性がおごる場面も多いので、金策に奔走する場面も……

「時間とお金の2つと、恋愛相手の女性」両者を天秤にかけ、前者に傾いてしまうような人は、恋愛をめんどうだと思うのは当然です。

恋愛がめんどくさいと感じる男性の特徴は?

恋愛 めんどくさい

「恋愛がめんどくさい……」と、そう思う男性には共通する特徴があります。

性格や過去の出来事が原因から、そういった思考になりやすいのです。

そんな男性の特徴をこれから3つ解説するので、当てはまる人はしっかりとそれを理解しましょう。

1.女性の気持ちが理解できない

人は誰しも、機嫌がいい時もあれば悪い時もあります。

ですが女性がちょっとしたことで怒ったり、理不尽なわがままを言っている姿を見ると、げんなりと思う男性は多いです。

いつしか女性の機嫌を取るのに精いっぱいになってしまい、「どうしてこんなことをしてるんだ」と我に返ると、恋愛から手を引いてしまいます。

なので相手の気持ちが分からない人は、恋愛そのものをめんどくさく感じてしまうというわけです。

2.自分のペースを乱されたくない

理由その1でもあったように、他人と一緒に過ごす時間をめんどくさいと感じる人が、恋愛が億劫になる人の特徴です。

例えば勉強している時、途中で誰かの邪魔が入ったら気分を害しますよね。

恋愛すると自分のライフスタイルと大きく変わるので、それを受け入れられない人は、「恋愛したいな」という思考は思い浮かず、いつまでも1人の時間を選び続けます。

3.恋愛にトラウマがある

  • 大好きだった彼女に振られた……
  • 付き合ってた人が別の人に寝取られた……
  • 一途に思い続けた人に実は彼氏がいた……

という風に過去に恋愛で苦いを思いをしている男性は、恋愛をめんどくさいと考える傾向にあります。

新たに恋をしようとしても、過去のトラウマが穿り返され、「またあんな思いをするかも

……」と消極的になります。

それによって恋愛から遠ざかり、恋愛そのものをしなくなります。

「恋をしなければ傷つかない」という自己防衛本能によって、恋愛がめんどくさくなるのです。

「恋愛=めんどくさい」を克服する方法とは?

恋愛 めんどくさい

「自分はそういう性格だから恋愛はいいか……」と恋愛を諦めるのは早いです。

今「恋愛をめんどくさい」と思っていても、考え方は変えられます。

早速恋愛がめんどくさいと思う自分を変えることが可能なステップを3つ解説するので、これを読んだらすぐに実践しましょう。

ステップ1.自分磨きをする

恋愛がめんどくさい自分から脱却するために、トレーニングしたりオシャレの知識を身につけましょう。

そういった自分磨きをすることで自信が身に付き、恋愛しようという前向きな気持ちになれます。

あくまで自分を磨くためなので、何歳からでも遅いということはありません。

まずは新しい趣味や習い事など、ちょっとしたことからはじめてみると、「できた」というのが実感できるのでおすすめです。

ステップ2.異性の友達を作る

最初から「恋人を作る!」と意気込んでしまうと、空回りしてしまいます。

そうならないようにまずは、異性の「友達づくり」から始めましょう。

友達なのでそこそこの付き合いで平気ですし、そんな中で「この人いいな」と思えれば、恋愛に発展することもあります。

友達を作るコツは、同じ価値観を持っていたり共通の趣味の持つ人物を見つけると、すぐに仲良くなれます。

ステップ3.自然体でいられる女性と出会う

いくら可愛かったりスタイルがよくとも、性格の合わない人と付き合ってもうまくいきません。

なので、自分がありのままの素を出せる相手を見つけましょう。

1人の時間が大切だと思うなら、頻繁に会えなくても平気な相手を探してください。

わがままに振り回されたくないなら、大人しい子を選んでください。

相手を探す条件に、以上のようなことを踏まえたうえで探してみることで、付き合ってからのストレスが格段に減ることは確実です。

外見よりも中身で自分の合う相手を探すのが、結局は恋愛できる近道ですよ。

恋愛がめんどくさいと思う理由を知って克服しよう!

恋愛 めんどくさい

「恋愛がめんどくさい……」という風に考える男性は多く、その理由や特徴について紹介してきました。

恋愛するうえで女性と付き合うことそのものが、ネックになっているケースが多かったですね。

しかし今そんな風に考えている人でも、恋愛に前向きになれる方法はあります。

「自分磨き」「異性の友だち」「自然体で平気な相手」の3ステップを守り、これまでの実りない人生を、彩りのあるものへと変えていきましょう。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

    -恋愛ノウハウ