口説き文句

思わず女性が胸キュンしてしまう口説き文句とは?成功へのコツも解説

どうも、TO-REN編集部のKaiです!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

好きな人に彼氏ができた
「好きな人にそろそろ告白したいのですが、どんな風に口説けば付き合ってもらえるでしょうか」

 

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、意中の女性と付き合うためには何て口説き落とせばいいのか悩みますよね。

そこでこの記事では、女性の心を動かし、キュンとさせる口説き文句と、伝え方について解説していきます。

TO-RENは、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

また編集長Yuに恋愛相談したいと言う方は遠慮無く下のボタンからLINE登録くださいね!

TO-REN会員限定サポートで
自分だけの成功方法を!
TO-REN会員限定サポートLINEで参加する!

口説き文句を成功に導くために持つべきマインドとは?

口説き文句 成功

「焦らず距離を縮める」といっても、「焦らない」というのは中々難しいですよね。

その為に重要なマインドについて見て行きましょう。

自信をもって行動する

「焦らない」為にも重要なのが、「自信をもって行動する」ことです。

自信というのは自分の思っている以上に周りにも見えていて、女性側には「なよなよした頼りない姿」がはっきりと映ってしまいます。

また、自信が無い事で「もしかしたら今の発言で嫌われたかも…」「楽しくないのかな…?」といった心理に繋がり、それが「焦り」になります。

そうなれば更に悪い行動→自信消失→マイナス心理→焦り、と悪循環になってしまいます。

「自分なら大丈夫!」という自信が、堂々とした姿や、焦りのない順調な「口説き」につながっていくのです。

心に余裕をもつ

当たり前といえば当たり前ですが、「心の余裕」をもつことは、焦らず「口説き」を成功させるのに重要なマインドと言えます。

心に余裕が無い場合、「自分の気持ち」に一杯一杯になってしまい、相手の事を見れず、常に心配事だらけと間違いなく良い事はありません。

「口説きのポイント」を忘れずに実行するためにも、心の余裕は常に持ち続ける様にしましょう。

ただ、急に心の余裕を持て!と言われても難しいですよね。

なので僕の場合は好きな人と会う前には自分の一番好きな音楽を聞いてから行くようにしていました。

このように何でも良いので普段から自分を落ち着かせる日課を持っておくと良いでしょう。

成功する効果的な口説き文句とは?

口説き文句 成功

続いて、女性を口説きたい時の効果的な口説き文句をご紹介していきます。

名前で呼んであげる

相手との距離を縮める手段の一つとして、「名前を呼んであげる」というものがあります。名前というのは親密な相手と呼び合うもの。

人は、「名前で自分を呼ぶ相手」というだけで相手に段々と親しみを感じるようになってしまうものなんです。

例えば、「ありがとう」という時に、「ありがとう、◯◯ちゃん」とさりげなく名前を呼ぶ機会を増やしたりすることで、意識的に呼ぶ回数を増やし、距離を縮めることができます。

ちなみに、「途中から急に名前呼びって何か恥ずかしい…」というチキンな僕は、気になる女の子の場合最初に名前を聞いて、

「あ、じゃあ○○(相手の名前)ちゃんって呼ぶね~」と最初から名前を呼ぶ習慣をつけてました(笑)。

こうするとナチュラルに名前を呼べる関係になれますよ!

相手の話していることに共感する

人は自分と同じ意見を持つ人に好感を持つもの。

共通の話題で盛り上がったり、相手の意見に同意するなど、相手の話に「共感」をすることは距離を縮める上でとても重要になってきます。

ポイントとしては、自分が共感しやすい話題・質問を相手に振ること。

特に、将来の事、旅行の事など「未来」に関わる話題は共感しやすいと言われています。

例)「将来なにしたい?」→「○○とか××とかかなぁ」→「へぇ~凄いね!」or「○○ちゃんに似合う!」

相手の些細な変化に気付いて、それをしっかり伝える

世の女性達は普段からメイクや髪型、服装など、細かい所でオシャレにチャレンジしています。

そういった「相手の細かい変化」に気付くことができると、

「この人は自分の努力に気付いてくれる!」

「私のことを良く見てくれているんだ!」

一気に好感度を上げることが出来ます。

世の男性は基本的にこれを出来ていないので、差をつけられるポイントだと言えます。

伝える時のポイントとして、「その服可愛いね!どこで買ったの?」など話題を振る中に混ぜると自然に伝えることが出来て良いでしょう。

連絡はメールではなく、電話で行う

LINEやメール、SNSなど連絡手段がどんどんと増えている世の中ですが、メールなどの文章だけでやりとりし過ぎず、電話を用いるのも重要です。

というのも、顔を合わせず音声も使わないやりとりでは、一定以上盛り上がることは無いからです。

特に、やりとりを増やそうと躍起になってLINEなどを沢山送り付けてしまうと、「面倒くさい男」と認識され、好かれるどころか相手にされなくなってしまうことになりかねません。

LINE、メールなどの文章でのやりとりは最低限の連絡手段にして、他のやりとりは、電話や顔を合わせての会話に回しましょう。

成功に導く効果抜群な口説き文句とは?

口説き文句 成功

続いて、成功に導く効果的な口説き文句をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

口説き文句1.「○○が頑張ってるの、俺は知ってるよ」

恥ずかしさを感じにくく、誰でも使いやすい口説き文句になります。

口説き文句の効果としては、きちんと私の事を見てくれている、大事に思っていてくれいると実感させる事が出来きます。

一般的に人は頑張っているプロセスではなく、結果でしか評価出来ません。

しかし、結果に至るまでのプロセスに焦点を置いて、褒める事で相手の承認欲求を満たせます。

人間を本質的に喜ばせる心理を使い、女心に響かせましょう。

口説き文句2.「初めて会った時、一目ぼれした」

少し恥ずかしいですが、比較的使いやすい口説き文句になります。

この口説き文句の効果は、まるで二人の出会いは運命だったかのように演出させる事です。

女性は運命を感じた時に異性にググッと惹かれます。

出会ったこと、仲良くなったこと、今日一緒に過ごしていること、全てが運命という考え方になり得ます。

女性にロマンチックな思考をさせる事で、女心を引き付けましょう。

口説き文句3.「他の人じゃなくて、君じゃなきゃダメなんだ」

このままのセリフでは恥ずかしいと思えば、多少アレンジしても良いです。

例えば、「君」ではなく、〇〇さんに変更したり「ダメなんだ」という言い方がかっこつけすぎていると思えば、「ダメなんだよね、俺。。。」となるべく自然な言い方で伝えてみましょう。

とにかく、あなたは特別な存在だと実感させる事が重要です。

そしてあなたの誠実さをアピールできる口説き文句となります。

しかし、一般的な男性であれば問題ありませんが、普段の女性関係がだらしないのだろうと信用されない場合もあります。

あなた自身の性格も踏まえて口説き文句の選択をして下さい。

口説き文句4.「俺が必ず君を守るから」

非常にカッコ良いセリフです。

ロマンチックな雰囲気があり、良い関係まで築けていれば、その日に付き合う事が出来るでしょう。

しかし、守るだけの力がないと薄いセリフとなり、「現実が見えてないのかな?」と思われ鼻で笑われてしまいます。

ここでの守る力とは、ガタイがよく男らしい外見であることや、正社員でバリバリ働いて安定的に収入がある等です。

伝えるタイミングとしては、女性が悩み事やネガティブな発言を繰り返している時です。

女性は落ち込んでいる時は通常時より心が動きやすいためです。

タイミングを見極め、思い切って伝えて、女性の心を引き寄せてみましょう。

口説き文句4.「絶対にお前を幸せにする、約束する」

王道の口説き文句です。

お前を嫌がる女性も多いため、◯◯さんに変更もありです。

このセリフは、あなた自身が本当に女性を幸せにしたいと思っているならば、恥ずかしさもなく、自然に伝えられるでしょう。

そして心の奥底から女性を大事にするという思いが伝わります。

私の事を幸せにしてくれる男性として、あなたを認識します。

もし伝えて、すぐに付き合う段階まで踏めなくても女性の中では、相当あなたの事で一杯になります。

優しく接していけば、付き合うのは時間の問題です。

口説き文句を成功させるための注意点とは?

口説き文句 成功

最後に、口説き文句を成功させるための注意点をご紹介していきます。

自分の話ばかりしない

「口説く」という行為を「自分が凄いことを見せつける」事と勘違いして自分の話ばかりしてしまう人がいますが、これはNGです。

女性側からしたら、「頑張って自分を大きく見せようとしている器の小さい男」でしかありません。

「距離を縮める」為に重要なのは相手の話をしっかり聞き、それに共感してあげること。

その正反対のことをしないように注意してください。

ストレートすぎる表現は避ける

「焦らずに距離を縮める」が実行できていない典型例が、「ストレートすぎる表現」です。

「早く決めに行かなきゃ!」という想いが強くなりすぎた結果、まだ十分に距離が縮まっていない状態にもかかわらず、ストレートすぎる表現でその想いをぶつけてしまう人がいます。

しかしストレートすぎると女性側は怖がって逃げてしまい逆効果になってしまいます。

最初は、間接的に好意を伝えて行きましょう。

個人的には、「褒める」→「好意を示す」という方法でナチュラルに好意を伝えていました。

例)「○○ちゃんって~な性格だよね」(褒める)→「そういう所好きだな~」(好意を示す)

焦らずにまずは距離を縮める。

そして段々と距離が縮まってきたら、少しずつストレートな表現を試していくのが重要です。

下手に出すぎない

「焦らない」ことが重要だとお伝えしましたが、それは「アピールしない」という意味ではありません。

その失敗パターンの一つが「下手に出てしまう」です。

年上女性相手などだと特に多いですが、緊張してしまったり、距離を取りすぎてしまった結果、自分から動かず相手にリードしてもらう構図が出来てしまうことがあります。

この場合、相手女性からするとあなたは「仲は良いけど頼りなく、恋愛対象では無い男性」になってしまいます。

一度、「友達」や「後輩」カテゴリーに入れられてしまうと、抜け出すのは至難の技です。こうならない為にも、焦らず、しかししっかりと女性をリードし、アピールはしていきましょう。

女心をくすぐる口説き文句を習得し、成功を勝ち取ろう

女性心は男性にはなかなかわからないもの。

この記事でご紹介した口説き文句を参考にして、自分に合った言葉を選ぶようにしましょう。

はじめは照れくさく感じる人も多いですが、経験を重ねることで成功率が上がりますよ。

>職場での出会いが0でも彼女を作る方法

職場での出会いが0でも彼女を作る方法

TO-RENの公式LINEでは、過去、東京大学で行った講義をもとに作成した「3か月で彼女を作るスタートガイド」を「無料」でお配りしています。「職場での出会いも恋愛経験もない」「まず何から始めればいいか分からない」という方に対して作成し、既に1000人を超える方々に読んでいただきました。今すぐ自分を変えたい方は下のボタンから友達追加してください!