初心者でもできるストナンのやり方 番ゲする方法も公開

どうも、TO-REN編集部のKaiです!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

好きな人に彼氏ができた
「街でナンパしてみたいのですが、うまくいく方法を教えてもらえませんか…?」

 

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、街で気になる女性を見つけても声をかけるのはハードルが高いですよね。

そこでこの記事では、初心者でもできるストナンのやり方について解説していきます。

TO-RENは、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

また編集長Yuに恋愛相談したいと言う方は遠慮無く下のボタンからLINE登録くださいね!

TO-REN会員限定サポートで
自分だけの成功方法を!
TO-REN会員限定サポートLINEで参加する!

「ストナン」の意味とは?

ストナン

「ストナン」とは、「ストリートナンパ」の略称で、ストリートの通り、街でナンパする方法です。特に厳密な定義はないですが、「路上でのナンパ」という意味で使う人が多いです。

高確率でうまくいくストナンのコツ・やり方とは

多くのナンパ記事では場所や時間帯を重視するのではなく、かわいい子がいたらどこでもいつでもナンパをしろと書いていますが、初心者にとっていきなりそれは難しいですよね。

そこで、声かけのコツだけでなく、初心者でもやりやすい条件(時間帯・場所)も紹介していきます。

ストナンは19時から終電にかけて行う

ナンパには成功しやすい時間帯というのが存在します。

その目安は、19時以降から終電までです。というのも、

  •  飲み会帰りの女性が多い
  •  ふと「気が緩む」時間帯
  •  ナンパ待ちの女性が増える

など、様々な利点があるからです。酔っぱらっている女性を介抱する形で声掛けするのも良いでしょう。

場所は都心のナンパスポットで行う

まだナンパしなれていない時期は、人の集まりやすい都会の「ナンパスポット」でナンパすると良いでしょう。

有名なナンパスポットでは、少なからずナンパされに来る女性やナンパしやすい女性が集まるため、ハードルが低いです。

次の見出しでは、特に東京で有名なナンパスポットの具体例を簡単に紹介していきます。

具体例として東京のナンパスポットを簡単に紹介

①   銀座コリドー街

・年齢層20代後半~40代
・女性のタイプOL、品がある、良い男性探し中
・向いている男性像ハイスペック、スーツ、お金に余裕
・備考近くにラブホテルがなく、バーやカラオケに行くことになり、お金がかかるので注意しましょう。

②   300BAR

・年齢層20代後半~30代
・女性のタイプOL。興味本位、彼氏探し
・向いている男性像ナンパ初心者、低予算でナンパしたい方
・備考マツコ会議で取り上げられているので、その話題を切り出しに使って話しかけると吉。

③   渋谷肉横丁

・年齢層学生、20代後半~30代
・女性のタイプご飯を食べに、軽めの出会い
・向いている男性像男友達と遊びながら、あわよくば女性と話したい人
・備考普通に遊びに来ている人が多いため、難易度高め。女性側がお会計や食事を済ませたタイミングを狙うと成功率アップ。

どこか行きたい場所への道を尋ねる

ここでは、声掛けのテクニックの一つである「場所を尋ねる」という方法を紹介します。

文字通り、「道を尋ねる」という比較的抵抗の無い行為から話しかけ始める方法で、初心者でも抵抗なく話しかけられるのでオススメです。

まずは、「どこに」行きたいか、という所を強調し、相手の警戒を解くところから始めると良いでしょう。

落とし物を拾ったふりをして声をかける

もう一つの声掛けの方法が、落し物を拾って、届ける、という体で女性に声かけをする「ドロップアプローチ」です。

“落し物して、届けに来たぞ”という体で声をかけるため、強気な会話が展開できるのがドロップアプローチの特徴です。

ポイントとしては、届ける物を、明らかに女性が落とさなそうな物を選ぶことと、「まるで本当に落とした」かのように堂々と振る舞うことです。

一目で見て、思わず「落としてない!」とツッコミが入りそうな物を、「いや、絶対落とした!」と堂々と主張することで、相手に「なんだこの人、面白い(笑)」 と思わせ、相手の警戒をほぐしましょう。

ストナンした女性から番ゲする方法とは

ストナン

番ゲとは「携帯の番号ゲット」のことです。今の時代ではLINEでも良いかもしれませんね。

無理やり女性をホテルに連れ込もうとするのは犯罪なので、まずは連絡先交換を第一目標にすると良いでしょう。

そんな番ゲの方法を紹介していきます。

自分とどこか行くことへのメリットを明示する

ナンパの成功or失敗は、当たり前ですが女性側の判断で決まります。

女性側の、「自分の時間を取られること」や「知らない男性と一緒にいること」のデメリットを超えるメリットをこちらが提供出来なければ、基本断られます。

その為にも、まずは女性に「あなたについていくこと」や「番号交換すること」のメリットを提示しなければなりません。

では、あなたが女性に与えられるメリットは何でしょうか?

  •  イケメン
  •  奢ってくれる
  •  一緒にいて楽しそう

これ以外にも考えられますが、一番効果があるのは「一緒にいて楽しそう」というメリットです。

この要素があって初めて、「この人なら自分の時間をあげても良い」「少しくらいの危険を覚悟してもこの人と過ごしてみたい」と思わせられます。

誘ったときに、会話や雰囲気づくりを通して相手に「この人と居れば楽しそう!」と思わせるのが重要です。

連絡先を交換することやお店に行く言い訳を作ってあげる

先程紹介した「場所を尋ねる」「ドロップアプローチ」などでも分かるように、誘う時に理由付けをすると成功率がグッと上がります。

単純に納得が行くのもそうですが、「知らない男性についていく/連絡先を交換する」などの一種後ろめたい行為を「○○だから」という言い訳をこちらで作ってあげることで、相手がその言い訳を自分への言い訳にしてくれるからです。

ナンパするときの声掛けでも「今から飲みに行きませんか?」より、「外寒いからあったまるために一杯だけ飲みませんか?」と誘ってみたり、連絡先交換でも「連絡先教えて」よりも「楽しい場所知ってるから、誘うために連絡先教えて」と聞いてみたりと工夫できます。

「ドアインザフェイス」で自分の要求を通す

「ドアインザフェイス」は、訪問販売で良く使われる技術で、  最初に難しい要求を行い、断られた後に条件を下げて本当の目的の要求を通す手法です。

新聞の訪問販売で、難しい要求である「年間契約」を最初に提示してから、「じゃあ最初の一月分だけ!」と当初の目的を要求する、などの例が有名ですね。

この手法がナンパでも応用でき、女性は一回断るとその断った罪悪感から、二回目の要求に応じやすくなります。

例えば、一回目の要求で、「どこかで飲みいこう」と断れるのを承知で頼んでみて、その後二回目の要求で「じゃあ今度誘うから番号交換だけ!」と誘ってみるなどです。

使えそうなタイミングを見つけたら積極的に使って行きましょう。

 ストナンのやり方をマスターし、街ゆく美人をゲットしよう

ストナン

ここまでで。「ストナンのやり方」を紹介してきました。いかがでしたでしょうか。

もちろん、幾度かチャレンジをして経験を積む必要もありますが、この記事に書かれた場所や時間、技術などの知識を頭に入れておくだけでもかなり成功率は上がります

是非、覚えた知識を実践してみてくださいね。

さて、この記事では、「ストナン」に注目して話してきましたが、ナンパを成功させるためには、そもそも「男性的な魅力」だったり、「女性の心理」に関する知識など、基礎的な技術・知識を頭に入れておくのが必要不可欠です。

折角誘えても、これらが無いと飽きられて逃げられてしまうかもしれません。

そこで次のページでは、あなたのゴールであろう「彼女を作ること」にフォーカスし、どんな力が必要なのか、そのために何をすればいいのかを詳しく解説していますのでぜひ読んでみてください。

>恋愛で「間違った努力」をしないために!

恋愛で「間違った努力」をしないために!

TO-RENでは、2018年に東京大学の学生が集まって開催した「非モテ脱出講座」をLINEにて無料でお配りしています。
「これまでいくら頑張っても恋愛がうまくいかない」といった方が恋愛で成功できるためのノウハウです。全7講座になっていますので、以下のボタンからぜひ受け取ってくださいね!