付き合う前の長電話は脈あり?女性の心理と付き合う方法を解説!

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

「電話するといつも長電話になる女性がいるのですが、これって脈ありでしょうか」

確かに、長電話になるということは彼女も楽しく過ごしているからだと期待してしまいますよね。

そこでこの記事では、彼女がなぜ電話をかけてくるのか、そしてどうしたら付き合えるのかについて解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

長電話をする女性は脈あり?

付き合う前 長電話 脈あり

自分と話すために時間をさいてくれる付き合う前の女性に対して、脈ありなのかな?と期待してしまいますよね。

ただでさえ「電話する」こと自体が、すでに脈ありな気もするでしょう。

しかししょっちゅう電話をしている、電話で「切りたくない」と言ってくる事実だけでは脈ありかどうか判断できません。

重要なのは電話の頻度でなく、その「内容」なのです。

彼女との長電話の会話から脈ありかどうかを見抜いて、適切なアプローチをかけていきましょう!

【脈アリ度別】女性が長電話をする心理とは?

付き合う前 長電話 脈あり

女性は何かしらの理由があって、あなたに電話をかけていてかつ「切りたくない」という心理になっています。

その心理を知ることが、「切りたくない」という電話で脈ありかどうかを判断する手がかりになります。

【脈アリ度◎】好きな人と話していたい

純粋にあなたに好意がある女性は長電話をする傾向があります。

付き合う前の段階であなたのことを色々と知りたがっているので向こうから次々に話題を振ってくるでしょう。

特にたいした要件もないのに、たわいもない話が続く、切りたくないといった雰囲気の長電話なら期待度大。

「何してるの?」「あの映画見た?」などフランクな会話ということですね。

あなたに脈ありでないのなら、2時間や3時間も続くことはなく要件だけ伝えて電話を切ってしまうでしょう。

【脈アリ度〇】あなたの気持ちが知りたい

そこそこ脈ありの相手に女性が長電話する心理は、こちらの気持ちが知りたいというものです。

ちょっと「いいな」と思う脈あり男性に対して、その異性が本当にいいのかどうかを見極めるための長電話になります。

こちらの気持ちが知りたいから長電話するというよりは、こちらの気持ちを知りたくていろいろ聞いている内に、2時間や3時間といった長電話になってしまうということでしょう。

長電話の中身としては、こちらが知りたいことにどう答えるか、どんな話題を話してくれるかなどをチェックし、長電話の中で自分にとって脈ありかどうかを確認しています。

「関心がある」という程度なのでまだ恋愛や恋心の段階ではありませんが、その長電話の中身次第では、脈ありの異性へとランクアップする可能性は大です。

【脈アリ度◯】話をしていて楽しい

あなたに異性として興味をもっているわけではなくても、シンプルに「話すのが楽しいから」という理由で電話をかけてくる女性もいます。

あなたのことを異性として意識してはおらず、「友人として好き」なのでしょう。

共通の趣味があったり、価値観が似ている場合に多く見られることですね。

脈ありというわけではなくがっかりしたという男性もいるかもしれませんが、今の時点で異性としてではなくとも人として好意をもたれているのですから、かなりチャンスがあります。

「切りたくない」という長電話からの今後のあなたの対応次第で、異性として意識してもらうことができるでしょう。

【脈アリ度◯】あなたのことが気になる

こちらは「好きな人と話していたい」という心理と似ていますが、若干ニュアンスが変わります。

明確に脈あり・好意を持っているわけでは無いが、単純に少し気になっている異性の相手という感じです。

この場合、女性はあなたについて知りたいことが多いので、ついつい切りたくない長電話になってしまうのです。

しかし、つ注意すべきことはあくまで「気になっているだけ」ということ。

2時間3時間という長電話をしてくるからといって、こちらから何もしなくてもその女性があなたに明確な脈ありや好意を持ってくれるかといえばそうではないのです。

詳しい関係性の深め方については、「長電話をしてくる脈あり女性と付き合う3つの方法とは?」で解説します。

【脈アリ度△】寂しさを忘れたい

彼氏がいない・友達がそんなに多くない・一人暮らし…といった 寂しさを抱えがちな女性は電話で孤独感を紛らわすことがあります。

「寂しい」という感情は急におそってくるもの。

ですから付き合う前や脈ありの異性とは関係なく、すぐに電話に出てくれる人を話相手に選びます。

男性にとっては、「電話を切りたくないから自分に脈ありかも」と浮かれてしまうでしょうが、この長電話の心理においては恋愛感情が土台にあるとは限らないのです。

たとえ3時間くらいの長電話でも満足できればそれでよく、残念ながら「あなたでなくてもよい」ということになってしまいます。

しかし電話をしてくるくらいですから、嫌われてはいないことは確実で、少しも脈ありではないということはありません

【脈アリ度△】溜まったストレスを発散させたい

脈ありがイマイチな長電話の理由は、ずばり「ストレス発散」です。

女性に限らず社会を生きる上でストレスを溜めている人は多くいるでしょう。

女性の場合そんなストレスの発散として、「おしゃべり」という手段を選ぶ人は結構多いです。

誰かに悩みを話したり愚痴をこぼすだけでも、気分がスッキリすることから長電話をしたがります。

ストレス発散が目的なので、ストレスが発散できるまでしゃべり、結果として長電話となるのです。

目的がストレス発散なので、長電話してくる理由は好意がある・脈ありとは直接関係ありません。

仮に3時間、5時間、半日くらいの長電話だとしても、それはそれだけのストレスがたまっていただけです。

ただ「長電話しても大丈夫」「この人なら愚痴を聞いてくれる」「切りたくないと言えばいつまでも聞いてくれる」という相手とは思われているので、脈ありの可能性がゼロというわけでもないでしょう。

長電話をする女性の脈ありサイン

付き合う前 長電話 脈あり

「長電話をする=脈あり」と簡単に判断しないほうが賢明です。

普段どのようなやりとりをしているかが脈ありを見抜くカギ。

その脈ありサインを見抜くべく、付き合う前のその彼女とのいつもの会話を思い出してみてください。

1.頻繁に連絡がくる

女性の方から頻繁に電話がかかってくるなら脈あり度が高いです。

男性側から電話をかけたら、長々と世間話に付き合ってくれたということはよくある話です。

しかし女性側から連絡がくるのは珍しいこと。仕事が忙しい女性ならなおさらです。

限られた時間をあなたに使っているというわけですから、付き合う前なら脈ありという風に期待してよいでしょう。

2.女性が楽しそうに話す

会話の内容が明るく楽しいものであれば、脈あり度はアップです。

あなたに興味がある女性は、会話を盛り上げようと頑張ります。

そうでなくても気の合う関係性であれば、自然とテンションは上がっていくものですよね。

男性に好かれたい、嫌われたくないと思う女性が愚痴や不満を連発することはまずないでしょう。

反対にいつも職場の愚痴や女友達の悪口などを聞かされるようなら、ストレスのはけ口にされているだけかも。

あなたが人の話をさえぎらず最後まで真摯に聞くタイプなら、脈ありというわけではなくその優しさを利用してイライラを発散している可能性がありますよ。

3.話すときの声のトーンが高い

長電話の中で女性の声のトーンが高い場合、脈ありサインの可能性が高いです。

普通人の声のトーンが高くなる理由は、「興奮する」からが一番の理由になります。

スポーツ観戦する時しかり、趣味の話をする時しかり。

そして「好きな人」と会話する時も声のトーンが上がるシーンの1つです。

女性の声のトーンが上がるのは、「甘えたい」という無意識の欲求の表れになります。

電話がかかってきた直後は普通のトーンでもだんだん話してきて声のトーンが上がってきたり、切ろうとしたら慌てて「切りたくない」と言ったり、3時間くらいずっと高いテンションなら脈ありサインと判断してもよいです。

.よく質問される

「電話を切りたくない」「まだ話していたい」という気持ちから、できるだけ会話を長引かせるために質問をする女性は多いです。

普段あなたの趣味や好きなことに関する質問をされますか?

自分のことばかり話すのではなく、あなたを会話の中心にしようということは好意の表れであると考えてよいでしょう。

5.食事や遊びに誘ってくる

食事や遊びに誘ってくる文句があると、それは長電話の中で女性が出す脈ありサインです。

まだ付き合う前の関係の場合、お互いのことはあまりよく知りません。

そのため長電話で男性といろいろと話すわけですが、より相手のことを知りたいという場合、「デートしたいな…」という思考になるのです。

そのための口実として、「ご飯食べに行かない?」「週末遊びに行かない?」といったお誘いをしてくればそれは、長電話の脈ありサインということになるでしょう。

長電話をしてくる脈あり女性と付き合う3つの方法とは?

付き合う前 長電話 脈あり

長電話する女性は、例外もありますが脈ありの可能性が高いです。

しっかりアプローチをかけましょう。

やみくもに攻めるのではなく、長電話をしてくる女性の特徴と心理をつかんだやり方を考えることが大切です。

1.安心感を与える

長電話をする女性は、不安になりやすいタイプが多いと言えます。

LINEなどの文字コミュニケーションが主流の時代に、わざわざ電話を選択している。

つまり「人の声を聞いて安心したい」という寂しがり屋が多いと判断できますね。

そのような女性の心をつかむには、安心感を与えることが重要です。

電話に出ない、わざと冷たくしてみる、「切りたくない」といっても無視するなどの駆け引きは逆効果になる可能性があるので避けたほうがベター。

「いつでも彼女の味方」というスタンスでいた方が、あなたに心を開いてくれるでしょう。

2.電話でラポール形成をしっかりする

ラポール形成とは「心と心が通い合ったつながりを意味する、相手との信頼関係」のことを意味し、よく営業の仕事で使われる言葉です。

営業マンは日々、顧客との関係性を構築するために、様々な技を使っており、それを女性との関係性を深める際にも応用できるのです。

今回紹介するのは以下の2つの技です。

  • 雰囲気のハッキング:声のトーン・大きさ・スピードを合わせる
  • 感情のハッキング:相手の発言を活用してそのまま繰り返すことで、話を聞いてくれる存在だと相手に感じてもらう

2つ目について、女性と趣味について話している場面を想定すると、以下のようなやり取りになると思います。

女性「私、結構休みの日にカフェとか行くのが好きなんだよね」

自分「休みの日にカフェとか行くのが好きなんだ!良いね!どこがおすすめ?」

このような流れで、ラポールを形成をしていきましょう。

3.思い切ってデートに誘う

女性と長電話をする関係なら、嫌われているということはまずありません。

相手が切りたくないと思ってる長電話の中で思い切ってデートに誘ってみたら、すんなりOKしてもらえることがほとんどです。

デートは仲を深めるのに電話の何倍も効果があります。

友人として電話をかけてきていた女性も、デートをきっかけにあなたを男として意識するかもしれません。

損することはないはずですから、ここは勇気をもって女性をお誘いしてみましょう!

長電話をする女性の脈ありサインを見抜いて、恋愛につなげよう

付き合う前 長電話 脈あり

長電話をする女性は、脈ありである可能性が非常に高いです。

デートに誘ってみることで、一気に関係を深められる可能性があるでしょう。

ただし愚痴聞き役になっていることもありますので、彼女との会話内容や雰囲気から判断し、慎重に行動しましょう。

    -脈ありサイン(女性心理)