10歳年上の女性を好きにさせる方法は?付き合う魅力も含めて紹介

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「10歳年上の女性と付き合うメリットってどんなのがありますか?」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、なんとなく「甘えられそう」という印象がありますね。

そこでこの記事では、10歳年上の女性を好きになるメリットとデメリットについて解説します。

本記事のゴール10歳年上の女性を好きになるメリットとデメリットについて知る

10歳年上の女性を好きになるメリットは?

10 歳 年 上 の 女性 を 好き に

年齢差のあるカップルは珍しくなくなってきましたが、彼女が10歳も年上なのはまだまだレアなケースですね。

あまり例をみない10歳年上の女性とのお付き合いには、どんなメリットがあるのでしょうか。

1.人生経験が豊富である

10歳年上ということは、当然ですがあなたより10年分多くの人生経験を持っているということです。

いいことも悪いことも含めて、多くの経験をしてきた女性の話には深みがあります。

あなたが知らない世界を見せてくれることも多いでしょう。

若い女性だと子どもっぽい部分もありますが、ある程度年齢を重ねた女性は社会問題や時事ネタにも詳しく、話題が豊富なことも多いです。

一緒に過ごすと、あなたも人間として成長できるのがメリットでしょう。

2.とにかく優しい

年上女性はとにかく優しく、彼氏を甘えさせてくれることが多いです。

女性にとって10歳も年下の彼氏は、子どものようなもの。

年下男性と交際する女性は母性本能に溢れている人が多いので、お母さんのように優しく包み込んでくれるでしょう。

同年代や年下女性と付き合うと「自分がリーダーシップをとらなければ!」とプレッシャーを感じることもあるでしょうが、年上女性であれば逆に自分が甘えられるのです。

3.しっかりしている

10歳年上の女性は自立していてしっかり者の傾向があるでしょう。

精神的に成熟しているので、彼氏に依存することも少ないです。

若い女性だと、彼氏の言動に不安を感じたり不満をもらしたりすることも多いですが、年上女性ならその心配は無用。

自分一人の時間も大切にしているので、ちょうどいい距離感で恋愛を楽しめます。

また金銭感覚もしっかりしており、家計管理を安心して任せられるのもメリットです。

10歳年上の女性を好きになるデメリットは?

10 歳 年 上 の 女性 を 好き に

10歳年上の女性を好きになるのはたくさんのメリットがあることが分かりました。

しかし、メリットだけでなくデメリットも把握しておく必要があります。

10歳年上の女性を恋人にした時に出てくる問題について見ていきましょう。

1.ジェネレーションギャップがある

10歳も歳の差があれば、ジェネレーションギャップはかなり大きいです。

全く話が通じなかったり、あなたの流行についてこられなかったりするかもしれません。

若い世代の価値観を分かってもらえず、意見が衝突することもないとは言い切れません。

ただしこれはデメリットでもあり、メリットでもあります。

世代の違いを楽しもうと意識すれば、新しい価値観を取り入れて柔軟な考え方ができるようになりますよ。

2.周りに言いづらい

「彼女は10歳年上」と言えば、周囲の人はびっくりするでしょう。

「話は合うの?」「デート代はどうしてるの?」など、色々詮索されるのが面倒だと思う人にとってはデメリットです。

友人であれば理解してくれる人が多いでしょうが、特に親に紹介する時は大変です。

「子どもは産めるの?」「早いうちから介護が必要になるかもよ」など、ネガティブなことを言われるのも覚悟する必要があります。

【10歳年上の女性を好きにさせる】不意にみせる脈ありサイン2つ

10 歳 年 上 の 女性 を 好き に

10歳年上の女性は、年齢差を気にして積極的にアプローチしてきませんが、不意に脈ありサインを見せることがあります。

ここでは、10歳年上の女性が不意にみせる脈ありサインを紹介していきます。

1.連絡が頻繁にくる

女性から頻繁に連絡がくるなら、それは脈ありサインです。

最初はあなたばかり連絡していたのに、気がついたら女性からも連絡がくるようになっていませんか?

10歳年上の女性は、年下のあなたとのやりとりに慣れて「楽しい!」と感じています。

さらに、「あなたと少しでも繋がりを持ちたい」という気持ちが芽生えているのです。

この脈ありサインが見えたら、積極的にアプローチするべきタイミングと言えます。

2.恋愛話をされる

10歳年上の女性から恋愛話をされるなら、あなたに対して恋愛感情がある可能性が高いです。

恋愛話と言っても、「彼氏がプロポーズしてくれない」といった話題は脈なしです。

例えば、「今彼女いるの?」「やっぱり同年代の子がタイプなの?」と、あなたの恋愛事情を聞いてくる場合が脈ありと言えます。

なぜなら、10歳年上の女性でも恋愛対象になるのか気になっているからです。

恋愛対象になるか確認してから、アプローチしようと考えているのです。

10歳年上の女性を好きにさせる方法は?

10 歳 年 上 の 女性 を 好き に

10歳年上の女性を好きになるのはデメリットもありますが、あなたが気にしなければ大きな問題ではありません。

考え方を変えればメリットになることがほとんどです。

では、10歳年上の女性を落とす方法をご紹介しましょう!

1.無邪気さを出す

恋愛において男らしさはとても大事ですが、年上女性を落とすなら無邪気に振舞って母性本能をくすぐることを意識しましょう。

ポイントは表情を豊かにし、感情を素直に表に出すこと。

自分の気持ちに素直で、感情表現が豊かな子どもをイメージしてください。

嬉しい時には最大限に喜びを表現しましょう。

辛いことがあっても隠す必要はありません。素直に悲しめばいいのです。

無邪気さをアピールすれば、年上女性は「彼は私が守ってあげなきゃ」と感じるでしょう。

2.素敵なところを褒める

女性をストレートに褒められるのは年下男性の特権。

年上女性は、「若い頃に比べて男性からちやほやされなくなった」と感じている人が多いです。

若い年下男性から率直に褒められると、やはりうれしいもの。

特に若さに関することを意識して褒めると効果的です。

ファッションセンスやメイクの良し悪しを褒めるよりも、肌や髪の綺麗さなどを褒めると喜ばれます。

外見を褒めるのはもちろん、内面も褒めることで好感度がアップしますよ。

年上女性ならではの気遣いや、知的な部分について触れるといいでしょう。

3.男らしさを出す

10歳年上の女性を好きにさせるには、年下男性としての可愛らしさはもちろんですが、男らしさを出すことも重要です。

いわゆる、ギャップを見せつけて女性にアプローチする方法ですね!

重いものを持ってあげたり、ランチ代を出してあげたり、男らしいところを見せましょう。

10歳年上の女性には、普段敬語を使っているケースが多いので、たまにタメ語を使ってみるのもおすすめです。

「たまにはゆっくりしないとだめだよ!」「もっと頼って?」など、弟のような存在のあなたが急に男らしく見えて、異性として意識してもらえますよ。

4.将来性があることをアピールする

10歳年上の女性は、結婚を意識して恋愛と向き合っている可能性が高いため、将来性があることをアピールしましょう。

若いのにしっかり夢を持って働いている男性に対して、女性は「結婚してからも家族のために頑張ってくれそう」「自分の意思をしっかり持っていて将来大きな男になりそう」など、具体的に将来をイメージすることができます。

将来性があれば、安心してお付き合いをしていくことができるので、10歳年上の女性でも年下男性を好きになりやすくなるのです。

女性に「将来は〇〇になるために今〇〇をしているんだ」とアピールしてみましょう。

10歳年上の女性を好きになって、恋愛の幅を広げよう

10歳年上の女性を好きになれば、「自分が女性をリードしなければ!」というプレッシャーから解放され、恋人に甘えることができます。

ジェネレーションギャップや周囲への報告のしづらさなど、大変なこともありますが、それでもメリットの方が多いのが事実。

10歳年上の女性を好きになって、恋愛をもっと楽しみましょう!

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -彼女の作り方