女性との距離を縮めるいじり方の秘訣

女性との距離を一気に縮める「いじり方」を実例から徹底解説!

どうも、TO-REN二代目編集長のYuです!

「当たり障りのない会話しかできなかった。」

「会話自体をあまり楽しめなかった」

「あまり仲良く慣れず、1人も連絡先を交換できなかった。」

あなたはパーティや合コンなどで、こんな結果に終わってしまったことはありませんか?

実はこの感想、僕のある友達が出会い目的で会社の3周年記念パーティに行った後のものなんです。

彼の場合は性格がとても良く、話していればそれはすぐに伝わるのですが、

その分一歩が踏み込めず、無難な会話で終わってしまうことが多いようです。

  • 距離感がなかなか縮められない
  • 質問とその答え以外に会話の仕方がわからない
  • 女性を笑わせるのが苦手
  • 会話を楽しむという感覚がわからない

僕自身もこういった悩みを抱えていたのですが、そういった悩みを解決してくれるのが

イジリなんです。

この「イジリ」は会話において潤滑油的な役割を果たしてくれ、スムーズにコミュニケーションをとっていくことができるんですね。

しかし、多くの男性が女性を上手くいじる技術を身につけていないように思います。

そこでこの記事では、女性にモテるためのいじり方について、詳しく解説していきます。

ただ、いじりは女性と普通にコミュニケーションが取れる、という方がさらに深めていくための技術なので、そもそも女性とのコミュニケーションに難がある人は、

LINEでコミュニケーションの基礎的な考え方を無料で配布しているのでまずはそちらをご覧いただいてからもう一度この記事を読むと効果は3倍にも5倍にもなるんじゃないかなと思います。(下の画像からどうぞ。)

なぜイジると距離感が縮まるのか?

いじるとなぜモテるのか

では他愛もない話くらいはできるよ、という方に向けて解説していきます。

まず、コミュニケーションにおける最高到達地点は、互いに何を言っても何をしても受け入れ合うことができる状態です。

オリジナリティを自由に出し合えている状態とも言えるかもしれません。

その状態を作り出すことによって、当然深い部分にある価値観も受け入れ合うことができ、その結果互いにとって特別な存在となっていきます。

イジリはこの、「互いに何を言っても何をしても受け入れ合うことがでいる状態」を作り出すのに有効だということですね。

イジリをしてそれを二人で笑い合うことによって、ここまでは自分を出して関係性を深くしても大丈夫なんだな、という指標になります。

つまり、イジリはレールから外れた行為であるがゆえに、関係性を縮めることができるのです。

「イジリ」は「ディスり」とは全く違う

ここで注意しなくてはいけないのは、イジるとディスるは別物だということです。

ディスりは相手を傷つけるための行為であり、イジリは関係性を深めるための行為です。

物によってはディスりとも取れるかもしれませんが、イジりになるかディスりになるかは受け手がどう感じるかによります。

「やられた方がいじめだと思えばいじめだ」ってやつと同じですね。

ディスりによってマウントを取ることはできるのかもしれませんが、それによって健康的な関係を築くことはできません。

受け手がどのように感じているかよく観察し、関係性を深められているか確認しながら行うようにしましょう。

イジリの強弱で効果は劇的に変わる

女性を上手くいじるのって、実はとても難しいです。なぜなら失敗すると一発で女性から嫌われてしまうリスクがあるからです。

イジリは強さによって違いがある

まずイジリ方の基本として、イジリには強弱があるということを覚えておきましょう。

強いイジリは極端に言えば「ばか」「アホか」などが該当します。信頼関係ができていない状態で使うとただの悪口になるため、仲良くないと強いイジリを使うのは控えた方が良いでしょう。

弱いイジリについては「さすがですね(笑)」「なるほどね(笑)」などが該当しますが、正直話し方のニュアンスによる部分が大きく、すぐに理解してもらうのは難しいと思うので、具体例などを通して理解を深めてもらえればと思います。

話し方のニュアンスが大事になるのは普段のコミュニケーションでも同じですが、イジリをするときには特に話し方、言い方に気を使わなければなりません。

同じ言葉を言うとしても、

  • 笑いながら言うか真顔で言うか
  • 大げさにわざとらしく言うか普通のトーンで言うか

で伝わり方は全く違ってきますよね。

「いやーまだまだだねー(笑)」なんてフレーズを自分はイジリのつもりで言ったとしても、

ちゃんと冗談でイジって言っていると伝わらなければ、相手は悪口として受け取ってしまいますよね。

僕は昔こういったことが多く、変なところで誤解されてしまい、大変辛い思いをしました。

実際その原因のすべてが言い方、表情の部分にあったので、同じ経験をした人は言い方に関して問題があると思います。

ギリギリを攻めるほど面白いし、関係性も深まる。

ポイントはギリギリほど面白いということです。

例えばマツコデラックスや有吉のように、毒舌キャラで人気が出ているタレントがいます。

「え、こんなこと言っていいの!?」「これで怒らないの!?」というようなことまで言ってしまいますが、

それによって会場は盛り上がり、イジられたタレントや芸能人も怒るに怒れず笑っていたりします。

彼らはNGラインの一歩手前、ギリギリを行くのが上手いんですね。

そしてNGギリギリのイジリが受け入れられると、それによって「ここまでは言ってもOK」という共通認識ができ、

今までよりも深い会話や、ざっくばらんな会話ができるようになるんですよね。

実際に仲の良いカップルは

「ほんと信じらんない(笑)」
「バカじゃないの?(笑)」
「もう帰って(笑)」

なんて会話も平気でしていますよね。

関係性が深くなるほど、言えることの範囲も広くなっていきます。

それは逆も然りで、言えることの範囲が広いほど、深く込み入った話ができるようになるんですよね。

強いイジリをすればするほどNGラインを超えてしまう危険性が高いけれど、

受け入れられて、笑いに変われば相手と仲良くなることができるというわけです。

しかしNGラインを見誤って超えてしまうと、相手を怒らせてしまったり、気まずい雰囲気になったりしてしまいます。

はい、そうは言われても、当然実際いじりのラインっていうのはやってみないとわからないですよね(笑)

そこで、少しでもあなたの参考になるよう、僕の後輩の体験談を使って説明していきます。

実際の例から学ぶ!強弱を駆使した女性のイジリ方

ここでは、僕の後輩が実際に遭遇した状況を使って、イジリ技術を身につけていきます。

その状況とは、クリスマスパーティで女の子がサンタの格好をして登場したという状況です。(笑)

サンタに着替えた女の子が現れた時、一緒に行った後輩はつい無言になってしまっと言っていました。

可愛い女の子がサンタ姿で急に出てきたらドキッとするとは思いますが、

ここではそんなタイミングでイジるとしたらなんというか?考えてみましょう。

どんなイジリが考えられるか?

普段イジリに慣れていないと、なかなか難しいと思いますが、自分なりにでいいので考えてみましょう。

いかがでしょうか?

例えば次のようなイジリができると思います。

・「うわ、マネキンかと思った・・・!(笑)」
・「え、大丈夫?めちゃめちゃ血ついてるけど。・・・誰か殺してきた?(笑)」
・「可愛いじゃん。ちょっと外歩いてきてよ(笑)」
・「似合ってるじゃん。・・・それ普段着?(笑)」
・「うわー・・・きついなー・・・(笑)」
・「出た!不審者!(笑)」
・「おお、サンタだ!・・・プレゼントちょうだい(笑)」
・「おーおー・・・。なるほどねー・・・(ニヤリ)」

これらを弱い順(関係が深くなくても使いやすい順)に並べるとしたらどうなるでしょうか?

あくまで体感やニュアンスによるものもあるので、こうだ!と言い切ることはできませんが、

・「おお、サンタだ!・・・プレゼントちょうだい(笑)」
・「可愛いじゃん。ちょっと外歩いてきてよ(笑)」
・「似合ってるじゃん。・・・それ普段着?(笑)」
・「うわ、マネキンかと思った・・・!(笑)」
・「おーおー・・・。なるほどねー・・・(ニヤリ)」
・「出た!不審者!(笑)」
・「え、大丈夫?めちゃめちゃ血ついてるけど。・・・誰か殺してきた?(笑)」
・「うわー・・・きついなー・・・(笑)」

という具合になるかと思います。あくまでなんとなくの順番ですが。

じゃあこれらをどう使っていけば良いのか見ていきましょう。

イジリの強さ調整のコツ

イジリの強さを調整する(弱くする)コツとして、同時に褒めるという方法があります。

上の例では、

「おお、サンタだ!・・・プレゼントちょうだい(笑)」
「可愛いじゃん。ちょっと外歩いてきてよ(笑)」
「似合ってるじゃん。・・・それ普段着?(笑)」

などの弱いイジリで使っていますが、褒めと同時にイジることによって、

「いじられたけど褒めてもらえたから、きっと悪くは思ってないんだろう」

という印象になります。

男同士の話でも、

「お前もうちょっとここ直せよ。」

と言われるより

「最近頑張ってるな。けどここはもうちょっと直すといいぞ。」

と言われた方が、受け入れやすくなると思います。

プラス要素とマイナス要素を同時に伝える、ということですね。

プラス要素の褒めと、マイナス要素のイジリを組み合わせることによって、相手は受け入れやすくなります。

イジリにくい部分は?

イジリはあくまで、相手との信頼関係を構築するためのじゃれあいです。

あくまでじゃれ合いなので、相手が本当に大切にしている部分はいじらないようにしましょう。

じゃれ合っているライオンが、急に鋭い牙むき出しで食ってかかったら片方死んじゃいますからね。笑

自分だって、本気で夢に打ち込んで、必死で勉強しているのを

「へー、頑張ってんじゃん(笑)」

なんて言われたらムッとすると思います。

本当に思っている部分、本質の部分はイジらないようにするのが良いでしょう。

同じ理由で、家族、宗教、顔や化粧、体型なども、慣れないうちはイジらないようにした方がいいかもしれません。

ちなみに僕は女の子の頬あたりの化粧がいつもより赤かったのを見て、

「おおー、いつもより赤いねー(笑)」

と言って、女の子がその後口を聞いてくれなくなった経験があります。笑

その子にとっては気にしている部分だということもあるので、イジる話題は選ぶようにしましょう。

イジリやすい部分は?

反対に、イジリやりやすいのは相手の本質から外れた部分です。

例えば、服装、ちょっとした行動、表情、などが使いやすいと思います。

上の例では主にサンタコスプレという服装についてイジっていますよね。比較的これらはイジリやすい部分です。

さて、ここまでいじり方について紹介してきたわけですが、最後にたった1つ、いじるときに注意すべき点を解説していきますね。

女性をいじるときに注意すべきたった一つのこと

イジリ

それは、1にも2にも信頼感です。

この人にならここまでいわれてもいい、という気持ちがなければただの悪口になってしまい、お互いに嫌な気分になるだけです。

あなたも、全然知らない女性に、いきなり「なんやこの靴!おもろ!」とか言われたら普通にムカつきますよね(笑)。

「は?お前誰??」ってなりますよね。

それと同じことです。ある程度信頼を積んだ相手にしか、いじりは発動できないんです。

だから冒頭で、「いじりは女性と普通にコミュニケーションが取れる、という方がさらに深めていくための技術」

と言ったわけなんです。多くの方は信頼関係を築くことすらできていないので。

ここでハッとした方も遅くはありません。下の画像をクリックして、信頼関係を築ける男になりましょう!

女性のいじり方を習得し、会話を盛り上げよう!

いかがでしたでしょうか?

関係性を深めたいときにはぜひイジリを使ってみましょう。

イジリ合う、カップルのようなわちゃわちゃした会話ができれば、今以上に会話自体を楽しむことができると思います。

まずは他の人の会話やテレビで芸人のフリートークなどを聞いて、面白いと思ったイジリをメモし、それがどのくらいの強さのイジリなのかを考えてみるのも良いと思います。

>今すぐ「童貞を卒業したい」あなたへ

今すぐ「童貞を卒業したい」あなたへ

TO-RENの公式LINEでは無料で恋愛相談を行っています。「童貞を卒業する方法が分からない」「行動はしてるけど、恋愛の話題になると怖い」といった悩みをもった方に対して、同じ悩みを抱えていた僕が何かできないかという思いで、公式Line@で無料恋愛相談を始めることにしました!気になる方は下のボタンから友達追加してみてください!