うまいキスのやり方やコツは?やっておくべき事前準備やNG行為も

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「キスがうまい男性に憧れます。テクニックとか上手なキスのやり方を知りたいです。」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、せっかくなら女性にキスがうまいと思われたいですよね。

そこでこの記事では、キスがうまい男性の特徴やNG行為、上手なキスのやり方について解説します。

本記事のゴールキスがうまい男性の特徴やNG行為、上手なキスのやり方を知る

うまいキスをするための事前準備3つ

キス うまい

キスがうまい男性に対して「テクニックがあるから上手いんだろうな〜」「下の動きが滑らかなのかも」などと勝手なイメージを膨らませている人が多いです。

キスがうまい男性には特徴があるので、まずはその特徴を把握し、事前準備をしておきましょう。

1.余裕をもつ

キスがうまい男性は余裕があるため、女性を興奮させながらも緊張をほぐしてくれます。

反対に男性が焦っていて余裕がないキスだと、女性はどうしていいか分からずぎこちないキスになってしまいます。

余裕があってキスがうまい男性には、女性は身を委ねることができ、落ち着いてその時間を堪能することができるのです。

また、唇を強く押し付けたり舌の動きが早かったりすると、ガツガツした印象を与えてしまいます。キスがうまい男性は、常に優しくゆっくり女性をリードするのです。

2.ムード作りをする

キスがうまい男性は、キスだけでなくその場のムード作りも上手です。女性がキスをしたくなるようなムードはもちろん、「今からキスされるかも」と思わせるような雰囲気を作り出します。

また、女性が落ち着いてキスできる場所をセッティングするのも得意です。女性が理想とする静かで落ち着いた場所を選択するので、自然にキスする流れを作ります。

キスは技術面も大切ですが、キスする前やキスしている最中のムードも重要なのです。

3.口臭ケアをする

キスはお互いの唇が重なり合う、とても繊細な行為です。そのため、キスした時に口臭がひどいと女性は一気に気持ちが冷めてしまいます。

キスがうまい男性はそんなことはお見通しなので、口臭ケアが完璧です。むしろ良い香りさえするのです。

女性は「この人は清潔」「ずっとキスしていたい」と安心してキスを楽しむことができます。

口臭ケアは意識すれば誰でも実践可能なので、すぐにでも始めましょう。

上手なキスのやり方・コツ5選

キス うまい

上手なキスをするには、やり方とコツがあります。それを知っているだけで、今までのキスとは別人のようなキスになります。

ここでは、上手なキスのやり方・コツを伝授するので、実践してみてください。

1.ボディタッチに気を配る

キスがうまい男性は唇を重ねるだけでなく、ボディタッチも含めたテクニックがあります。女性はキスしながら体に優しく触れられると、身体全体であなたを感じてより気持ち良くなります。

キスをしながら、頭の後ろや腰に手を回したり、手を絡め合ったりしてみましょう。女性の身体に触れると高揚して気持ちが先走ってしまいそうになりますが、そこは我慢です。

まずは女性を焦らすように、優しくボディタッチしてくださいね。

2.女性と呼吸を一致させる

キスがうまい男性は、呼吸の仕方も上手です。キスの途中で無理に呼吸をしようとしてムードを壊したりしません。

女性の呼吸と合わせて、唇を離したり舌を絡めたりして、キスに集中できるようにします。

長めのキスをした後に、軽めのキスを混ぜたり、女性と呼吸を一致させるように意識してみましょう。

3.表情が硬くならないように注意する

キスをするときに緊張してしまうのも分かりますが、表情が硬くならないように注意してください。無表情だったり、険しい顔をしていると女性は恐怖を感じます。

女性がリラックスできるように、セクシーで色気のある表情を心がけましょう。

4.吐息をうまく使う

吐息をうまく使い、女性の聴覚を刺激して興奮させましょう。

「はぁはぁ」とあまり激しい吐息は、キスに慣れていなくてがっついているように見えるのでNG。

キスの合間に少し漏れてしまうような優しい吐息がベストです!

吐息をうまく使うことができれば、女性は「私とのキスに興奮してくれているんだ」「私とのキスが気持ちいいと思ってくれている」と感じます。

そうすると女性はキスに積極的になりますし、吐息や声が漏れてしまうこともあります。

お互いに気持ちのいいキスができるので、吐息を使いこなすようにしましょう。

5.体の密着度を上げる

うまいキスをしたいなら、唇や舌だけでなく、体も密着させて興奮度を上げます。

先述したようにキスをしながらボディタッチをするのはもちろんですが、キスが盛り上がってきた時に優しくボディタッチするだけでは物足りません。

ボディタッチをして焦らした後は、完全に体を密着させましょう。

最初は優しく触れるだけだったのに、興奮度が増すにつれて距離が近くなり、女性はあなたの熱くなった体温を感じます。

焦らしていたあなたがとても興奮してキスで感じていることがわかると、女性は「私と同じように感じていたんだ」「もっと激しいキスをしたい」と思うのです。

【上級者向け】更にうまいと思わせるキステクニック2つ

キス うまい

うまいキスのやり方やコツを紹介しましたが、「もっとうまいキスがしたい!」とその上を目指したくなった男性もいますよね。

ここでは上級者向けに更にうまいと思わせるキステクニックを紹介していきます。

1.手の使い方を駆使する

キスは唇や舌に意識が集中してしまいがちですが、手の使い方も意識すべきです。

手の使い方で重要になるのが、手の置き場所です!

ボディタッチでは頭の後ろや腰、手を繋ぐなどを紹介しましたが、毎回同じだったりずっと同じ位置に手を置いたりしていると飽きられてしまう可能性があります。

そのため、下から顎に手を添えたり、優しく両手で顔を包み込んだりしてみましょう。

女性は「あなたがキスをリードしてくれる」と安心して身を委ねることができます。

キス上級者になりたいなら、手の使い方を駆使していろんなパターンのキスをしてみてくださいね。

2.唇以外にもキスする

キスは唇以外にもすべきです!唇にキスする前に髪や額、頬などに優しくキスをしましょう。

そうすることで、女性にキスへの期待をさせつつ「唇はまだ?」と焦らすことが可能です。

少し焦らした後は、耳や首にキスをします。この時のキスは吐息混じりにするのがおすすめです。

女性は首筋や耳元が感じやすい傾向があるので、吐息混じりのキスをされたら興奮します。「早くキスしてほしい」と感じるので、そのタイミングで唇にキスをしてあげるのがベストです。

「やっと唇にキスしてくれた!」と女性は嬉しくなりますし、すでに首や耳であなたのキスを感じているので、最後に唇にキスすることで更に気持ち良く感じます。

キスがうまい人がやらないNG行為3選

キス うまい

キスがうまい男性が絶対にやらないNG行為があります。つまり、このNG行為をしている男性はキスが下手になってしまうのです。

キスがうまい男性はやらないNG行為を把握して、これからはやらないように意識しましょう。

1.緊張して焦ってしまう

「キスは男性がリードするもの」というイメージが強いため、キスをする際に緊張して焦ってしまう方が多いです。しかし、女性はそんな緊張して焦っている男性の姿を見ると、せっかくのキスに集中できません。

それどころか、「すごい勢いでキスするから気持ち良くない」「キスが長くて息が苦しい」など不快に思われてしまう可能性があります。

焦りは禁物なので、まずは落ち着いて優しくゆっくりキスすることが大切です。

2.キスの前に許可をとる

キスがうまい男性は、タイミングを分かっているので自然な流れでキスをします。女性はムードがある時に多少強引に男性からキスされたいと思っているので、リードしてくれる男性に惹かれるのです。

そのため、スをする前に「キスしていい?」「俺とキスするの嫌?」と聞くのはNG

年上女性に甘える時に可愛らしく言うのはありですが、基本的にはキスするタイミングが来たら何も言わずに唇を重ねましょう。

3.鼻息が荒い

鼻息はキスに慣れていないとどうしても出てしまいます。多少は仕方ないですが、キスの最中に相手の鼻息があまりにも荒いと雰囲気が台無しです。

女性は鼻息が気になってキスに集中できなくなります。また、鼻息が荒いとすごく興奮していてガツガツしているように感じるので、女性は引いてしまいます。

キスがうまい男性の特徴とNG行為を知り女性を満足させよう

 

キスがうまい男性の特徴は、意識すれば誰にでも実践できるものばかりです。

さらにNG行為を知って、上手なキスのやり方・コツを掴んでおくことで、女性を満足させる上手なキスができます。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -恋愛ノウハウ