セックス すると 好き に なる

【男性向け】女性はセックスすると好きになるのか?女性心理を解説

どうも!TO-REN編集部です。 先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

TO-REN
女性はセックスをすると相手のことを好きになることってありますか?
確かに、男性はセックスをしても好きになるとは限らないけれど、女性は好きになるのか疑問に思いますよね。

そこでこの記事では、セックスすると好きになる女性心理や男女の違いについて解説していきます。

TO-RENは、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

セックスすると好きになる6つの女性心理

セックス すると 好き に なる

男性はセックスしてみたものの、「相手を好きにならなかった」ということが多いです。それは女性も同じなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、セックスすると好きになる女性心理を詳しく紹介していきます。

1.裸を見せ合った相手を信頼する

多くの女性は簡単に裸体を見せることはありません。すなわち、裸を見せてセックスした相手への信頼の裏返しと捉えることができます。

また、「裸を見せ合う=お互いが相手を受け入れている」と女性は感じるため、自分の全てを受け入れてくれた男性を信用して好意を持つようになります。

2.そもそも好意がある

そもそも大半の女性はある程度好意がある相手とセックスします。そのため、セックスするということは「相手の男性も自分に好意がある」と思っているのです。

女性の中では、お互いに好意を抱いている相手とセックスしたので、より深い関係になれたと感じています。

セックス前と比べると、二人がひとつになって気持ち良くなったことで、さらにあなたへの好意が高まるのです。

3.女性として自分を意識するようになる

女性は、セックスすることにより、自分を『女』として改めて認識するようになります。そのため、セックスした相手を異性として見るようになり、好意を寄せてしまうのです。例えば、今まで男友達としか思っていなかった相手でも、セックスした後には「私のこと女として見てくれているんだ…」と意識し始めます。

そして、恋愛対象としてありな相手だと気づくことで、今まで見えていなかった男性らしさに惹かれていくのです。

4.独占したい意欲が生まれる

セックスで体を重ね合わせることで男性を独占したいと欲が生まれて、好きになってしまうという女性心理もあります。

女性にとって『セックスは愛を確かめ合う行為』というイメージが強いため、たった一度のセックスでも心が満たされて「私だけを抱いてほしい」「私だけを見てほしい」と独占欲が湧いてきます。

男性はセックスをして性欲が満たされればそれでいいと思っていても、女性はセックスをして愛されていると実感したいと思っているのです。

5.肉体の距離が心の距離と直結していると思う

多くの女性は、セックスで体の距離が縮まることで、心の距離も通わせることが出来ていると思っています。

セックスは、二人だけの空間でお互いが全てをさらけ出して体を求め合います。誰もがセックス中にしか見せない自分を持っていますよね。

男性が他の人には見せない姿を自分にだけ見せてくれることが、女性は「親密な関係になった」と感じるのです。

6.体を求められている=好意と思う

男性は「気持ちよくなりたいから」「性欲が湧いてきたから」という理由で女性の体を求めます。しかし、女性は『男性に体を求められている=自分に恋愛的好意がある』と認識しているのです。

なぜなら、求めているものに対して相違があるからです。男性は『女性の体』ですが、女性にとっては『私の体』になりますよね。

そのため、「私を求めている」と思い込んでしまい、セックスしたら自分に好意があると勘違いするのです。

男性はセックスすると好きになる?男女の3つの違い

セックス すると 好き に なる

女性はセックスすると相手を好きになりやすいことがわかりましたが、男性はセックスすると好きになるのでしょうか?

ここでは、セックスの捉え方や気持ちなど、男女の違いを詳しく紹介していきます。

1.セックスの捉え方

男女のセックスの捉え方には違いがあります。

男性にとってのセックスは、『性欲が湧いたらする行為』というのが基本です。もちろん好きな女性としたいと思うのは当たり前ですが、必ずしも好きな相手ではなくてもいいのです。

反対に女性にとってのセックスは『好きという気持ちを確かめ合う行為』です。気持ち・情緒的繋がりを求める傾向が高いため、セックス後に好意を寄せる女性が多いのもその理由です。

2.セックス後の気持ち

男女のセックス後の気持ちにも大きな差があります。

男性は性欲が湧いている時は「セックスがしたい!」「抱きたい!」と高揚して、目的を果たすために女性を誘い出します。

しかし、セックス後は性欲が満たされ目的を達成しているため、気持ちが冷めやすいのです。

女性は、セックス中にあなたが言ってくれた言葉や気持ちよくしてくれたことなど、余韻に浸る傾向があります。そのため、セックス後の方がお互いの気持ちが繋がったと考えるのです。

3.セックスの相手への考え方

男女では、セックスの相手への考え方も全く違います。

基本的に本当に好きな相手には「嫌われたくない」「避けられたくない」と思うため、男性は恋愛的好意がある女性には簡単に手を出しません

セックスができるまで入念に準備をして、タイミングを見て誘います。

逆に女性は恋愛感情が絡んでのセックスが多いです。好意がある男性とならセックスしてもいいと思っています。

セックスすると好きになる女性心理を知り恋愛にも生かそう

セックス すると 好き に なる

女性はセックスすると相手を好きになりやすい傾向があります。

セックスすると好きになる女性心理を把握して、恋愛に活かしてみましょう。

>職場での出会いが0でも彼女を作る方法

職場での出会いが0でも彼女を作る方法

TO-RENの公式LINEでは、過去、東京大学で行った講義をもとに作成した「3か月で彼女を作るスタートガイド」を「無料」でお配りしています。「職場での出会いも恋愛経験もない」「まず何から始めればいいか分からない」という方に対して作成し、既に1000人を超える方々に読んでいただきました。今すぐ自分を変えたい方は下のボタンから友達追加してください!