10 歳 年 下 彼女 結婚

10歳年下の彼女と結婚したい!結婚のメリデメや出会う方法を紹介

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

TO-REN
10歳年下の彼女は結婚に向いてますか?
確かに、若い彼女は可愛らしいけれど、結婚となると少し不安になるものですよね。

そこでこの記事では、10歳年下の彼女との結婚のメリットやデメリットについて解説していきます。

TO-RENは、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

10歳年下の彼女と結婚するのはありなのか

10 歳 年 下 彼女 結婚

世の中の多くの男性は、若くてきれいな女性と付き合いたいと考えていると思います。

また、頼られたいと感じている男性にとっても若い女性は魅力的な存在です。

近年では年の差婚も一般的になりつつあり、芸能人の年の差婚に関するニュースも多く目にするようになりました。

出会いさえあれば、10歳年下の女性と付き合って結婚することも夢ではないでしょう。

10歳年下の彼女と結婚するメリット

10 歳 年 下 彼女 結婚
では、10歳年下の彼女と結婚するメリットはどの程度あるのでしょうか?

いくつか紹介していきます。

頼りにされていると実感しやすい

彼女が年下だと、やはり頼りにされているという実感を得やすいのが利点です。

年下彼女は妹のような存在になりやすく、元々世話好きな男性や責任感の強い男性目線は庇護欲が湧いてきます。

女性目線年上の男性に対しては甘えやすいこともあり、男性側は自尊心が満たされることでしょう。

子育てがしやすい

年下の彼女は子どもがほしい男性にとってもメリットがあります。

今まで仕事に力を入れて時間を費やしてきた男性は、「いつのまにか自分の年齢がある程度までいっていた。」ということもあるはず。

同年代や年上の女性との間では、体力のいる出産や子育てに苦労します。

若い女性であれば、子どもがある程度大きくなっても遊んだり面倒を見られるだけの体力が残っています。

男性が歳を重ねて体力不足になっても、女性に子育てを任せられるのです。

また子どもが複数人欲しいなら、出産時にかかる女性への負担やリスクも大きくなるので、結婚相手の年齢も重視するべきポイントとなるでしょう。

10歳年下の彼女と結婚するデメリット

10 歳 年 下 彼女 結婚

10歳年下の彼女との結婚には、ある程度のデメリットも発生します。

メリットと比較しながら読んでみてくださいね。

親子のように見えてしまう

10歳差の場合、そこまで親子のように見えないかもしれませんが、条件次第ではカップルや夫婦と認識してもらえなかったりします

  • 男性側が実年齢より老けて見える
  • お互いの服装の趣味で年齢差をより感じる
  • 女性側が童顔で年齢よりも幼く見える

お互いに気にしなければ問題ないのですが、実際に「親子ですか?」と問われたりすると他人の目を意識してしまいます。

男性側が筋トレなどを行って若々しい体型の維持を図ったり、女性側が大人っぽく見える化粧を施すことで、ある程度親子に見える可能性を減らせるでしょう。

また服装に関しても、お互いに服を選んであげたりして差を減らしていくことで対処できます。

ジェネレーションギャップが生まれる

年齢差によって生まれるジェネレーションギャップは避けられません。

10年の差により、自分の中の当たり前が相手には通用しなくなります

そのため、同年代との結婚よりも喧嘩になりやすくなる可能性があります。

年下との結婚を考えているなら、相手との違いを尊重して受け入れる必要があるでしょう。

私も実際に9歳差の恋愛をしたことがありますが、ジェネレーションギャップは常に感じていました。

相手の成長した時代と家庭環境について理解することや、事前のルール決めなども、喧嘩を避ける上で重要だと思います。

10歳年下の彼女と結婚するための女性との出会い方

10 歳 年 下 彼女 結婚

年下彼女のメリットやデメリットを紹介しましたが、デメリットに関してはお互いの努力である程度カバーできるものでしたね。

ここからは、実際に10歳年下の女性と出会うための方法について紹介していきます。

マッチングアプリ

日常生活を送る中で年下の女性との出会うのはなかなか難しいものです。

そこで、誰でも気軽に女性と知り合えるマッチングアプリを使いましょう。

マッチングアプリであれば、最初から特定の条件で女性を絞り込むことができます。

結婚に対して意欲的且つ、年上好きな女性に狙ってアプローチをかけられるので、一般的な街コンなどよりも効率よく婚活を進めていけます

また仕事の忙しい男性でも、メッセージでのやり取りなら隙間時間に行えるので継続して女性を探しやすいでしょう。

社会人サークルや勉強会

幅広い年齢層の集まる社会人サークルや、勉強熱心な人の集まる勉強会なども、若い女性との出会いの場として最適です。

社会人としての経験が女性よりも長いことを活かして、仕事の出来る大人な男性であることをアピールしてみてください。

女性が困っているときに相談に乗ったり助けてあげれば、そこから恋に発展する可能性もあります。

こうした場では頼りになる年上がかっこよく見えやすいので、自分の良さを自然にアピールできるおすすめの出会いの場だといえます。

10歳年下の彼女と結婚したいなら積極的に出会いを探そう

今回は、年下の彼女と結婚した際のメリット・デメリットや、実際に年下の女性と出会うための方法について紹介しました。

年下の女性と恋愛したいのであれば、出会いを積極的に探してみてくださいね。

>職場での出会いが0でも彼女を作る方法

職場での出会いが0でも彼女を作る方法

TO-RENの公式LINEでは、過去、東京大学で行った講義をもとに作成した「3か月で彼女を作るスタートガイド」を「無料」でお配りしています。「職場での出会いも恋愛経験もない」「まず何から始めればいいか分からない」という方に対して作成し、既に1000人を超える方々に読んでいただきました。今すぐ自分を変えたい方は下のボタンから友達追加してください!