【東大生の恋愛観】東大生でしかもめっちゃいい奴なのになぜかモテないアイツの話

どうも、Yuです。

僕の同級生にめちゃくちゃ優秀なやつがいます。
どれくらい優秀かっていうと、

・高校の頃は生物オリンピックで金賞をとる

・大学1年から研究室に通いつつ大学の勉強もパーフェクトにこなす(平均点95点越え)

・試験前には彼に勉強を教えてもらう同級生の順番待ち列ができる

ってなくらいに優秀です。

 

彼は蝶が大好きで、高校の頃は自宅で大量の蝶を飼い日々研究していたらしいので、ここではチョウ君と呼ばせてもらいますw

そんなチョウ君は東大の中でも優秀と呼ばれる部類ですので、どこか性格がねじ曲がったりしてくれていれば僕も、

 

「あ、人間偏りがあるもんだな^^」

 

と心やすらかに毎日眠れているものなのですが、w

 

 

そんな彼に限ってめちゃめちゃ性格がいいんですよね。

聖人です。
ぐう聖です。
ぐうの音も出ないくらいの聖人です。

 

彼の性格の良さを確信した瞬間を紹介させてください。

 

ある日、
チョウ君と僕の2人でご飯を食べに行った帰り、東京駅のホームを歩いていた時のことです。

 

僕らは2人で横並びになりながら話していたのですが、

 

後ろから

「キャッ」

という声と、

「ドタッ」

と倒れるような音が聞こえてきました。

 

その瞬間、僕の頭を思考が通りました。

「あ、後ろから声が。どうやら人が倒れたみたいだぞ。声からすると60歳くらいのおばあちゃんだろうか。これは振り返って助けた方がいいのか?嫌でももしかしたら一人で立てるかもしれないし、てか誰かと一緒に歩いてたら別に大丈夫だろうし、むしろ助けられたら恥ずかしいかもしれない。気づかなかったふりをしてそのまま歩こう(ここまで0.02秒)。」

 

実際にこんなちゃんと考えたわけではないですが、

 

少なくとも一瞬のうちに

「気づかないふりをして歩こう」

という結論を出していました。

 

次の瞬間!

 

「大丈夫ですか!?」

 

と後ろから聞き覚えのある声が。

 

そして横を見ると、

隣を歩いていたはずのチョウ君がいなくなっていました。

 

まさか・・・?

 

後ろを見ると、

倒れたおばあちゃんを抱きかかえて立たせてあげ、

丁寧にステッキをもたせているチョウ君の姿が。。。

 

 

めちゃめちゃかっこよかったですよね。

その一瞬で彼に惚れこみました。

こんなことが自然にできるやつがいるのかと。

 

いや、違うんですよ。

 

この流れだと
彼が聖人で僕が凡人みたいな感じになりそうなんですが、

 

僕って割と聖人なんですよ。

電車の中とかでもお年寄りの方いたら一瞬で席譲るし、

駅のホームとかにペットボトルとか捨ててあったらさりげなく拾ってゴミ箱に捨てるし。

 

そんなことを日常的にやっている聖人な僕でも、今回のような状況は初めて直面するものでして、

 

やっぱり新しい状況に直面したら誰だってためらうものじゃないですか。

 

けどチョウ君は、一瞬のためらいもなく倒れたおばあちゃんに向かって行きました。

 

信じられます?
一瞬のためらいもなくですよ?

 

 

困っている人がいる→助ける

というプログラミングが彼の中で出来上がっているとしか考えられない反応速度でした。

 

考える時間があったらあの反応速度はありえないですからね。

後悔しましたよね。

 

めちゃめちゃ悔しかったです。

 

自分のダサさと情けなさをマザマザと思い知らされました。

 

 

「誰かがピンチになった状況になったらとりあえず動こう。」

「まずは動いて声をかけて、その先は後から考えよう。」

 

と、頭のプログラミングを変更しようと決心した瞬間でした。

 

そんな、

めちゃくちゃ優秀で性格もいい。

ちなみに背も高く顔も割といい。

まさにリアル「できすぎくん」のようなチョウ君ですが、

 

一つだけ悩みがありまして・・・

実は・・・

 

女の子に全くモテないんです。

 

僕からしてみれば

彼がモテなかったら誰がモテるんだ!

って感じなんですけど、

 

その魅力が女性に伝わってないんでしょうね。

チョウ君にはまだ彼女ができたことがありません。

 

もちろんチョウ君の周りには女友達もいますし、

彼自身も「彼女がいたらいいなあ」とは言ってますが、

 

なぜかできたことがないんですよね。

こんなのおかしくないですか?

 

話を聞いていると、どうやらその優しさがゆえに女性に優しくしすぎてしまったり、

「相手を傷つけてしまうのでは?」

と考えイジることができなかったりするようです。

 

もちろん別にイジリは絶対必要なものではないんですが、そういった部分がきっかけになって、女性との距離感を縮められていないんですね。

 

ゲームでいうところの、お助けキャラみたいな感じでしょうか。

 

ピンチな時に出て来て、HPとかを回復してくれたりするめちゃくちゃありがたいやつですよねw

 

めちゃめちゃありがたいし、めちゃめちゃ助かる。

 

でも、だからと言って好きにはならない。

 

ここがポイントです。

 

感情が動かされないんですよね。

人間味というか、生々しさがない。

 

 

そこが、僕が「男としての魅力」と言っている部分で、

「男としての魅力」がないとそもそも女性に恋愛対象として見られないんですよね。

 

チョウ君はめちゃくちゃいい奴だし、付き合ったら150%彼女を幸せにしようとするでしょうが、

 

実際には幸せにできていないんですよね。

だって恋愛対象に見られていないから。

 

この現状、

めちゃめちゃもったいなくないですか?

 

てか、仮に本人が今のままで大丈夫だと言っても、

 

僕がめちゃめちゃもどかしいです。

なぜかというと、僕のストーリーや、この記事

1857″]

にも書いたように、僕も全く同じ状況だったからですね。

 

 

もちろんチョウ君に限らず、僕の周りにはめちゃめちゃそういうやつが多いです。

 

・本気で好きな女の子ができて、「俺なら幸せにしてやれるのになんで・・・」とぼやきながら、好きな女の子の彼氏を羨むことしかできない男

・すごく性格がいいのに、他の男友達から「童貞キャラ」をつけられてしまい、それを演じることでずっと彼女ができない男

・すごく大好きな彼女と6年付き合った結果別れて、その後「いいお父さん感」が抜けず、無害扱いされ彼女ができない男

僕の周りにはこんなやつらがいっぱいいますw

 

そしてその気持ち、めちゃくちゃよくわかるんですね。

 

それは多分、僕自身がまさに同じような

 

「好きになった女の子を幸せにしてあげたい。」

「でも相手は自分のことをなんとも思っていない。」

「どうしたらいいかわからない。」

 

みたいな状態を経験して、

 

「恋愛は勉強できるんや!」

 

ってことを実際に体感したからでもありますし、

 

その過程で色々な「モテる」と言われる男を見た中で、

 

一般にモテるって言われる男よりも、チョウ君や他の僕の周りの男友達の方がよっぽどいい奴やわ。

よっぽど女性を幸せにしてあげられるわ。

 

本当に女性を幸せにできるやつこそモテるべきなのに、この現状は何で?

 

みたいなことを思っているからでもありますし、

 

だからこそ今こういうサイトを立ち上げて

 

「好きになった女の子を幸せにしてあげたい。でもどうしたらいいかわからない。」

 

という人に向けて「男としての魅力」を備える方法や考え方なんかをお伝えしているわけなんですが、

 

チョウ君のような

 

 

本当に評価されるべき男が

ちゃんと男としても評価されるような

 

 

そんな社会が出来上がれば、

 

一人のおばあちゃんが転んで、

それに周りの男たちが

「大丈夫か?」「怪我ないか?」「肩貸そうか?」

っていって集まって、

 

その男たちの隣でそれぞれの彼女が

「ああ、やっぱりこの人でよかった」って再確認するような

 

そんな温かい世の中になれば、

 

なんかちょっと、良くないですか?w

あ、この同じような悩みがある人は一度LINEで僕に相談してみてくださいね。いまなら下のボタンから登録してもらえれば僕がかなり力入れて書いた清潔感noteも無料で読めちゃいます。

なたは恋愛でこんな間違いをしていませんか?

どうも、恋愛で間違いしかなかった

2代目編集長のYuです!(笑)

[/voice]

 

「髪型や服には気を付けているのにフラれた…」

「男として見れないと言われ、友達のまま…」

「努力が実らず、余計に自信がなくなった…」

 

これまでTO-RENでは、

数百人の方から恋愛相談を受けてきましたが、

 

その8割以上の方が、

「恋愛でさんざん努力をしたけど

結果が全然出ず、自信ばかり失う…」

という悩みを抱えています。

 

世間やメディアでは、

「努力できる男はモテる、かっこいい!」

ともてはやされるのに、

 

なんで現実では、

努力する男はモテないんだ!?

と疑問に思ったことはありませんか?

 

その答えは、でもお金でも、

はたまたコミュ力でもありません。

 

実は、恋愛の努力における間違い、

たった一つの間違いが原因なのです。

 

その間違いとは…

「恋愛で進むべき方向性を

知らないまま努力している」

たったこれだけです。

 

この”努力の方向性”

つまり、

「恋愛の全体像」を知り、

ゴールから逆算して、

今するべきことがわかるか?

 

 

たったこれだけが

「モテる男とモテない男の差」なのです。

 

このことに気がついた

TO-REN編集部は今回、

「恋愛の全体像レポート」

いわゆるカンニングペーパーを作りました(笑)

 

数年にわたるTO-RENの活動、

何百人の恋愛コンサルから得た知識と経験を

ギュッと凝縮したレポートになります。

 

文字数は、約5万字

原稿用紙100枚以上の分量です(笑)

 

このレポートを、

消化不良を起こさないために、

LINE7日間にわたってお送りしています。

 

もちろん喜んでいただける自信はあります。

ですが同時に恋愛相談も行っているため、

正直に言って、

いつまで続けられるかわかりません、、、

 

なのでもし、

あなたが努力を実らせるために、

「恋愛の全体像」を知りたいなら、

 

この機会を逃さず、

今すぐレポートを読んでみてください!

 

LINE@登録者限定で、

無料配布しています。

 

登録方法は、

下のLINE@ボタン

タップ(クリック)するだけです!

 

あ、あとYuの間違い

赤裸々に公開(後悔?w)しているので

お楽しみに!

最新情報をチェックしよう!
>恋愛で「間違った努力」をしないために!

恋愛で「間違った努力」をしないために!

TO-RENでは、2018年に東京大学で行った「恋愛講義」をメルマガにしてお配りしています。「これまでいくら頑張っても恋愛がうまくいかない」といった方が恋愛で成功できるためのノウハウです。1週間の講座になっていますので、ぜひ読んでみてください!

CTR IMG