童貞 ナンパ

童貞はナンパをしたほうがいい?出会いを増やす2つの方法も解説!

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

好きな人に彼氏ができた
「童貞を卒業したいのですが、出会いがありません。ナンパするしかないでしょうか」

 

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、いいかげんに童貞から脱却したいと思っていても、出会いがないからナンパするしかない!と考えたくなりますよね。

そんな方のためにこの記事では、童貞はナンパをしたほうがいい?出会いを増やす2つの方法について解説していきます。

TO-REN(東大式恋愛勉強法)は、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

また編集長Yuに恋愛相談したいと言う方は遠慮無く下のボタンからLINE登録くださいね!

LINEで相談する!

童貞はナンパをするべき?【結論:しないほうがいい】

童貞 ナンパ

結論からいうと、童貞の人はナンパをしないほうがいいです!

なぜなら、ナンパは童貞の人向きではないからです。

ナンパは童貞の人にとっては、かなりハードルが高い行為になります。

ここでは、どういった点がナンパは童貞の人向きではないのか、お伝えしていきます!

童貞がナンパをするべきでない3つの理由

童貞 ナンパ

ナンパが童貞の人向きではない理由として、

  • ナンパは難易度が高い
  • ナンパは女性経験が豊富でないと不利
  • ナンパはダメージが大きい

この3点があげられます。

それぞれくわしく解説していきます!

1.ナンパは難易度が高い

まず、ナンパという行為は見知らぬ女性に声をかけなければいけません。

童貞の人でなくとも、いきなり知らない女性に声をかけることは、簡単にできることではありません。

それが童貞の人がナンパするとなれば、はじまりの時点でかなり難易度が高いことはすぐにわかりますね。

また、ナンパを成功させるには男性の容姿が大きく影響されます。

イケメンのほうが成功しやすいということになります。

童貞ということは、非モテの要素が考えられるので童貞の人にとってナンパは難易度が高いのです。

2.ナンパは女性経験豊富でないと不利

つぎに、ナンパを成功させるには、女性慣れしている必要があります。

声をかけてから、女性の興味をひくために軽快な話術でひたすら話しかけなければいけません。

会話を成功させるには、女性慣れしている男性のほうが断然有利です。

女性側も、たのしい会話をしてくれる男性とデートしたいですからね!

女性に慣れていない男性は、会話することですら緊張してしまって、うまく会話をつなぐことができません。

会話が続かなければ、女性は去っていってしまうでしょう。

なので、ナンパは女性経験が豊富でないと不利なのです。

3.ナンパはダメージが大きい

さらに、ナンパに失敗したときの精神的ダメージが大きくなります。

さきほどもお伝えしましたが、童貞の人は女性慣れしていません。

女性に慣れていないのに、無理に声をかけ→会話が続かず→つめたくあしらわれる…といった負のサイクルに陥ってしまうのです。

成功体験がなければ、ポジティブなマインドを保つのは難しいですよね。

女性に慣れていないけど、勇気をふりしぼって声をかけたのに失敗してしまったら、心のダメージは、より深くなってしまいますね。

童貞でもナンパをせずに出会いを増やす2つの方法

童貞 ナンパ

ナンパが童貞の人に向いていないということは、よくわかりましたね。

では、童貞の人はどこで女性と知り合ったらいいの?という疑問についてお答えしていきます!

1.合コン

合コンに参加してみましょう。

いまは「男性は童貞の人限定」の合コンがあったりします。

ナンパと同じく、出会う女性は「見知らぬ女性」かもしれません。

しかし、合コンは女性側も出会いをもとめて参加しています。

お互い「いい人を探している」状態なので、ナンパとはまったくちがう出会いかたです!

合コンでも「会話力」は必要になってきます。

合コンでの会話については、「この話題は盛りあがる」「女性はこういう話がすき」など、ある程度リサーチすることができます!

会話力に自信がない人は、いくつかネタを用意しておくとスムーズに会話できるでしょう。

2.マッチングアプリ

マッチングアプリを活用してみるのもオススメです!

マッチングアプリは、自分のタイプなどから女性を検索できます。

おたがいのプロフィールを確認してからやりとりができるので、的をしぼってアプローチできるところは便利ですね!

童貞であることはプロフィールに書く必要はありませんが、「女性慣れしていない」と書いておくことで、「遊んでいなくてまじめそうな人」と好印象をもたれる可能性はあります。

出会いをもとめていることがはっきりしていて、おたがいの情報をあらかじめチェックできるマッチングアプリはオススメです!

ナンパをせずに童貞から脱却するための3つのポイント

童貞 ナンパ

ナンパ以外の方法で女性と出会い、無事に童貞を卒業できるようになるポイントを

3つお伝えしていきます!

1.相手の話をしっかりと聞く

女性は話したがるいきものです。

つねに、誰かの共感を得たいと思っています。

誰かに寄りそってほしいのです。

男性は共感より、話の問題解決をしたがる傾向がありますね。

女性が話した内容について、求められてもいないのに勝手にアドバイスをします。

しかし!それではダメなのです。

女性は問題解決など、これっぽっちも望んでいません。

ただ、話をきいて共感してほしいのです。

簡単なあいづちだけでなく、「それは大変だったね」「よくがんばったね」など、共感するひとことを言ってあげればなおよしです。

女性の話はしっかり聞いてあげましょう!

2.最低限の清潔感を保つ

ここで大切なのは、

「清潔にしている」ではなく「清潔な雰囲気」があることです。

たとえば、「毎日部屋の掃除をして、水まわりはいつもピカピカ」という男性がいます。

その男性は寝グセだらけでヒゲも剃っていません。

こんな男性に清潔感を感じますか?

答えはノーです。

清潔な雰囲気というのは、人に不快感をあたえないように身だしなみを整えることです。

おとなの男性として、最低限の清潔感は気をつけましょう!

3.余裕のあるアプローチをする

余裕のある男性は、だれから見ても魅力的ですよね。

とくに女性は、余裕のある大人な男性が好きです。

童貞の人は女性慣れしていないため、お目当ての女性をみつけたらガツガツいきがちです。

それでは女性が引いてしまいます。

女性は相手の男性との心のつながりを大切にします。

童貞を卒業したい!という欲求を押しつけるのではなく、女性の内面の特性を理解してあげて、余裕のあるアプローチをしましょう!

童貞はナンパをすべきではない。他の方法を試してみよう!

童貞の人はナンパするのに向いていない理由と、

童貞から脱却するための方法についてお伝えしました。

童貞ということは、そのぶん、じぶん自身を大切にしてきたということです。

安易にナンパで済ませようとするのではなく、大切に想える人にささげてほしいと思います!

ナンパ以外の方法で童貞から脱却するには、まだまだ準備が必要ですね。

まずは彼女をつくりましょう!

童貞の人が彼女をつくる方法についてくわしく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

そこで次のページでは、あなたのゴールであろう「彼女を作ること」にフォーカスし、どんな力が必要なのか、そのために何をすればいいのかを詳しく解説していますのでぜひ読んでみてください。

>恋愛で「間違った努力」をしないために!

恋愛で「間違った努力」をしないために!

TO-RENでは、2018年に東京大学の学生が集まって開催した「非モテ脱出講座」をLINEにて無料でお配りしています。
「これまでいくら頑張っても恋愛がうまくいかない」といった方が恋愛で成功できるためのノウハウです。全7講座になっていますので、以下のボタンからぜひ受け取ってくださいね!