女性を惚れさせる一言とは?心構えやテクニックを解説!

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

「女性を惚れさせる言葉などはありませんか?」

確かに、女性を惚れさせるテクニックを知っておくと、とても心強いですよね。

そこでこの記事では、「女性を惚れさせる一言」や「女性ウケのいい会話のテクニック」について解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

「女性を惚れさせる一言」は使うのが難しい

女 を 惚れ させる 一 言

まず、基本的に一言で女性を惚れさせることは簡単ではないということを覚えておきましょう。

「ドキッとする!」「かっこいい!」と女性から思われるセリフはありますが、大抵両想いの関係ができている時に有効な場合が多いです。

なんとも思っていない相手にクサイ言葉を言われても、引かれてしまう場合もあるので注意しましょう。

とはいえ、「女性の心を掴むのに有効な言葉や接し方」があるのは事実なので、これからお話しする心構えをしっかりした上で、実践してみてください。

惚れさせたい女性と会話するときの心構え

女 を 惚れ させる 一 言

では早速、惚れさせたい女性と会話する時にしてほしい心構えをお話ししていきます。

口をはさまず最後まで話しを聞く

女性を惚れさせるには、相手の話に口を挟まず最後まで聞くことが重要。

女性の話を「のろのろ話していて飽きる」「オチがなくてつまらない」と男性が感じやすいのは、論理を大事にするか、気持ちを大事にするかの男女の違いからです。

たとえ上手に話せていなくても、女性が言葉にして話すことに意味があるので、途中で「こういうことでしょ?」と口を出したりオチを当てたりするのは絶対にNG。

女性が納得するまで、相槌を打ちながら待つようにしましょう。

相手に共感する

女性を惚れさせるには、「共感」を大事にしてください。

女性は自分の気持ちに共感してくれる人に信頼感を抱き、好きだと感じるもの。

たとえ女性の言っていることに反対意見があったとしても、まずは気持ちを受け止めて共感してあげることを忘れてはなりません。

既に相当親しくて信頼関係がある場合や、「厳しくアドバイスをしてほしい」と女性の方から言われた場合のみ反対意見を言うのもアリですが、その場合も女性の気持ちを理解した上で話すことが大切です。

相手のことを褒める

女性を惚れさせるには、相手のことを褒めることも大切にしてください。

日常的に他人を褒めることに慣れていない人は多いですが、褒められて嫌だと思う女性はいないので、積極的にチャレンジしてみてください。

とはいえ、あまりにも褒めすぎて不自然になってしまうと白々しく聞こえてしまうので本当に「いいな」と思ったことを心のままに声に出すと思っておくといいでしょう。

女性を惚れさせる会話の一言テクニック

女 を 惚れ させる 一 言

それではお待ちかね!

女性を惚れさせる会話のテクニックを紹介していきましょう。

遠回しに好意を伝える

女性を惚れさせるためには、好意を遠まわしに伝えることが重要。

ストレートに「好き!」と伝えるよりも、遠まわしに伝えた方が「私のこと好きなのかな?」「なんであんなこと言ってくれたんだろう?」と女性の気持ちを揺さぶることができます。

人間は相手のことを考える時間が長いほど好きな気持ちが募るものなので、自分についてできるだけ多く考えさせるためにも遠まわしのアプローチは大切なのです。

相手を気遣う一言を使う

相手を気遣う一言を積極的に使うことも、女性を惚れさせるのに有効な方法。

仕事で忙しかったり頑張り屋な女性には「頑張りすぎてない?」「たまには休んだ方がいいよ」などいたわる言葉をかけてあげると、「私が頑張っていることをわかってくれているんだ」と嬉しくなります。

また、「辛い時はいつでも連絡してね」などはなかなか人に頼れない女性の心をぐっと掴むことができるでしょう。

もちろん口だけでは駄目なので、本当に力になってあげられるのなら積極的にこのテクニックを使うと、心の距離を近づけることができます。

褒めるときは容姿ではなく持ち物や内面を褒める

女性を惚れさせるなら、容姿ではなく持ち物や内面を褒めるようにしましょう。

一定以上のルックスの女性であれば「可愛い」「スタイルがいい」と言われるのには慣れており、むしろ「外見しか見ていないんだな」とマイナス印象を持たれてしまう可能性もあります。

その点、服装や持ち物を褒められるとセンス、内面を褒められると自分そのものを褒められたような気持ちになるので、必ず喜ばれるでしょう。

ただ、この場合もあまり褒めすぎると白々しくなってしまうので、頻度やタイミングは気を付けてくださいね。

一言テクニックを生かした会話で女性を惚れさせよう

女性を惚れさせるのに大切な心構え、そしてテクニックはいかがでしたか?

すべて「やっているフリ」では女性にすぐ見破られてしまうので、心に染み込ませて女性を喜ばせられるようにしてくださいね。

しっかり意識してテクニックを活用してけば、女性の心を掴むことができるでしょう!

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -男らしさ