【男性必見】告白する勇気を作る方法とは?弱気になる原因も解説

あなたは告白する勇気が出なくて、中々想いを伝えられないという経験をしたことはありませんか。告白は振られることを考えると弱気になってしまいますよね。仲のいい友人ならなおさら関係が崩れることを恐れてしまいます。
しかし、告白しない後悔はそれ以上に耐えがたいものがありませんか?どうせなら勇気を持って、好きな人に想いを伝えてみる方がいいですよね。
皆さんの中には、

「振られることが怖くて今まで告白したことがない。」
「どうしても告白したい人がいるけど、弱気になってしまう…。」
「告白するための勇気を出す方法があるなら知りたい!」

このような悩みや疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
この記事では、
告白する勇気が出ない原因や告白する勇気を作り出す方法
といったことについて、勇気を出して好きな人に想いを伝えることができるように詳しく解説していきます!

告白する勇気が出ない原因


まずは告白する勇気が出ない原因を知ることが大切です。「振られるのが怖いからでしょ!」と思う人も多いと思いますが、なぜ振られるのが怖いのかをしっかり考えることで、告白する勇気を作り出すことにつながっていきます。では告白する勇気が出ない原因を3つご紹介します。

失敗したときの気まずい雰囲気を考えてしまう

告白する勇気が出ない原因の1つは、失敗したときの気まずい雰囲気を考えてしまうからです。例えば、

・いつも一緒にいる友人グループの中で告白したい人がいるけど、告白したことで気まずい雰囲気になり、この楽しい日常が変わってしまうのが嫌で告白できない
・バイト先の先輩に告白したいけど、振られて仕事中気まずくなるのが耐えられない

このように振られた後のことを考えてしまって、弱気になってしまうのです。
しかし、何もしなくて他に彼氏ができてしまう可能性もありますし、振られた場合でも「今までは友人としてしか見てなかったけど、意識しちゃうなぁ。」と良い方向に変化する場合も考えられます。

自分自身に自信がない

自分自身に自信がないことも告白する勇気が出ない原因です。自信がないと、「どうせ告白されても迷惑だろう。」「告白したってこんな自分は振られるに違いない。」と弱気になってしまうのです。
そんなあなたは自分自身の悪いところばかり考えている傾向があります。誰にだって良いところはあるので、自分の長所をあげてみましょう。そうすることで、自分にも良さがあるんだと感じることができるでしょう!

周りが気になる

告白する勇気が出ない原因には、周りが気になることもあげられます。
友人グループの中の1人に告白して振られたときに、「周りの友人まで気まずくなってしまうのではないか。」「友人から友人へ、どんどん噂が広まったらどうしよう。」といったことを考えてしまい、中々勇気が出ない人も多いでしょう。

告白する勇気を作り出す5つの方法


告白する勇気が出ない原因について解説しました。「やっぱり勇気が出ない。告白する勇気を作り出す方法はないの?」と思った人もいるのではないでしょうか。ここでは、告白する勇気を作り出す方法を5つ解説していきます!

1.告白の準備を入念に行う

告白する勇気を作り出すためには、告白の準備を入念に行うことが大切です。告白の準備といっても何かを用意するのではなく、心の準備をしておくのです。このとき、振られることを想像してしまうと一気に弱気になってしまうので、成功することだけをイメージするようにしましょう。また、相手に伝えたい気持ちをしっかりとイメージの中で練習しておくことも大切です!緊張してしまっても落ち着いて告白することができます。

2.友達に後押ししてもらう

告白する勇気を作り出すために、友達に後押ししてもらうことも必要です。自分一人で考えていると中々前に進みづらいです。そんなときは、何度か告白を経験している友人やポジティブでしっかり意見を言ってくれる友人に相談すると良いでしょう。他の人から背中を押してもらうことで、自信がついて勇気が出てきますよ!

3.告白しなかったときの後悔を想像する


告白しなかったときの後悔を想像すると、告白する勇気を作り出すことができます。
もし告白せずに友人のままの関係を続けたとしましょう。一緒にいることで好きな人の魅力をより感じてもっと好きになります。そんなとき、自分と仲のいい友人があっさりあなたの好きな人と付き合うことになったらどうしますか?きっと告白しなかったことを後悔しますよね。その気持ちに耐えられないと思うなら、勇気を出した方がいいでしょう!

4.自分が好きな女性と付き合ったときのことを想像する

自分が好きな女性と付き合ったときのことを想像することも、告白する勇気を作り出す方法です。皆さん、宝くじを買う時は当たったときのことを想像して買いますよね?告白でも同じように、付き合ったあとのことを想像すると自然と前向きになることができます。
「付き合ったら映画に行こう!」「ペアリングをプレゼントしようかな!」というように、できるだけリアルに想像してみましょう!

5.脈アリか脈ナシか事前に確かめる

脈アリか脈ナシか事前に確かめることも一つの方法です。連絡を頻繁にしてみたり、デートに誘ってみたりしてみましょう。すぐに返事が来たり、二人きりでデートできるとなれば、脈アリの可能性があります。それだけで勇気が出ますよね!
しかし返事も中々返ってこない、デートも断られたとなると脈ナシかもしれません。その一方でデートに誘ったことで意識することも考えられるため、告白するときはタイミングを見極めることが大切です。

告白する勇気を自ら作り出して積極的にトライしよう!


告白する勇気が出ない原因や告白する勇気を作り出す方法について解説してきました。告白する勇気を自ら作り出すことが大切です。振られたことを考えるよりも、うまくいったあとのことをポジティブに考えて積極的にトライしてみましょう!

>今すぐ「彼女を作りたい」あなたへ

今すぐ「彼女を作りたい」あなたへ

TO-RENの公式LINEでは、過去、東京大学で行った講義をもとに作成した「3か月で彼女を作るスタートガイド」を「無料」でお配りしています。「彼女を作りたいけどうまくいかない」という方に対して作成し、既に1000人を超える方々に読んでいただきました。気になる方は下のボタンから友達追加してみてください!