女性に送るデート前日ラインのコツは?NGラインとは一体?

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

「デートの前日に送るLINEはどんなものがいいですか?」

確かに、前日ラインは非常に重要ですよね。

そこでこの記事では、女性を喜ばせるデート前日のラインの内容と、NGラインの特徴について解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

デート前日ラインの4つのコツ

デート 前日 ライン

まずはデート前日に送るラインの4つのコツを紹介します。

1.楽しみである旨を伝えよう

デート前日ラインを送る上でもっとも重要なのが、楽しみである旨を伝えること。

あなたが心の中で「楽しみだな」と思っていても、それだけでは相手に伝わりません。

「明日楽しみ!」とストレートに伝えれば女性は嬉しいですし、翌日への期待感も上がるので絶対に送りましょう。

とはいえ言い過ぎてしまうと引かれる可能性があるので、1回楽しみだと伝えれば十分です。

言う前は緊張するかもしれませんが、楽しみだと言われて嫌な気持ちになる人はいないので安心してくださいね。

2.女性を気遣う内容を送ろう

デート前日ラインを送る時は自分のことばかり話すのではなく、相手の女性を気遣う言葉も忘れないようにしましょう。

「明日は寒いみたいだから温かい格好してきてね」など自然な気遣いがおすすめです。

女性は自分のことを大切に扱ってくれる人のことが好きなので、付き合う前からそのような気遣いをしてもらえると嬉しくなります。

全員ができることではないので、このポイントを抑えておくとかなり好感度がアップするのでおすすめです。

3.短く簡潔に送ろう

デート前日ラインで注意していただきたいのが、あくまで簡潔にスッキリとしたラインを送ること。

たとえ楽しみな気持ちを伝えたり、女性を気遣うなどのポイントを抑えていても、スクロールが必要なほどだらだら長い文章を送ると女々しい印象を与えてしまいます。

ただ、女性は自分と相手の熱量に大きな差を感じると恋愛へのモチベーションが下がってしまうので、女性から送られてきた文章の量と同じくらいで送るのがベターです。

女性が返信してきた内容まで続けずにやりとりを切る必要はありませんが、男らしく短めの文章を送るようにしましょう。

4.時間や場所などの確認事項を送ろう

ここまで紹介したポイントとは違い実用的なコツになりますが、待ち合わせの場所や時間を確認しておくことも忘れないようにしましょう。

「〇〇駅に集合」と約束したものの、地下鉄駅とJR駅と間違えていたり、「〇〇カフェに1時」と約束していたのに、支店違いだったり。

どちらも悪くないすれ違いのせいでぐだぐだして気まずい空気になりかねません。

それにせっかく一緒に過ごせる時間を無駄にしてしまうので、待ち合わせに関する確認は必ず行ってくださいね。

デート前日NGライン4選

デート 前日 ライン

それでは次にデート前日に送ってはいけないNGラインを紹介します。

1.そもそもラインを送らない

ここまで紹介してきたように、デート前日はラインを送った方が女性からの好感度を上げられるので、忘れないようにしましょう。

普段から連絡無精の人も、前日だけは送るくらいの気合いを持ってください。

そうすることで当日のデートを成功に導いてくれますよ。

前日に連絡がないと、「あれ、明日って本当にデートでいいのかな?」「からかわれていただけなのかな?」と不安にさせてしまう可能性もあるので要注意!

送る時間帯も深夜すぎると寝てしまっている可能性があるので、昼間でも夕方でも早いうちに連絡しましょう。

2.ダラダラと長い内容・やり取り

デート前日ラインでダラダラと長い文章を送ったり、やりとりを続けようとするのもNG。

「ラインで既に話がしつこいから、実際会うの面倒だな」と思われてしまいます。

また、明日直接会うことができるのですから、聞きたいことは会った時にとっておきましょう。

女性はデート前日から準備をしていることも多いので、連絡はほどほどに切り上げるのがベターです。

文章は短めな方が男らしいですし、心の余裕も演出できますよ。

3.女性にデート内容を任せてしまう

「明日どこ行こうか?」など、デートのプランを女性に丸投げするのは絶対にNG。

デートはもちろん2人で楽しむものなのですが、付き合う前はどうしても「男性にエスコートしてほしい」と思うのが女心。

前日にもなってプランを決められていなければ「私のことあまり大切に思っていないのかな」と不安にさせてしまうので、プランはある程度立てておきましょう。

ただ、「映画観に行こうと思うんだけど、〇〇と〇〇ならどっちが観たい?」など選択肢を選んでもらうくらいはOKです。

4.熱が入りすぎている

「明日楽しみ!」と言われること自体、女性はとても嬉しく感じます。

しかしそれがあまりにもオーバーだったりしつこかったりすると引かれてしまうので、気持ちがどんなに高ぶっていてもほどほどに伝えましょう。

「早く会いたい!」「待ち遠しい!」と言いすぎるのはよくないのであくまでシンプルにということを忘れないでください。

デート前日ラインを適切に送って当日のデートを充実させよう

デートは当日頑張ればいいと思っている男性が多いですが、前日ラインの重要性がわかっていただけましたでしょうか。

当日の女性のモチベーションにも直結するので、適切に送るようにしましょうね。

スタートダッシュの調子が良ければ、その日スムーズに進むものなので意識してみてください。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -デート