デート カウンター席

初デートにカウンター席がおすすめの理由!コツ・注意点も解説

どうも、TO-REN編集部です! TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

好きな人に彼氏ができた
「初デートはカウンター席がいいという話を聞きますが、何故なんでしょうか」
皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。初デートはカウンター席がいいという人もいますし、テーブルの方がいいという意見もありますし、迷いますよね。

そんな方のためにこの記事では、初デートにカウンター席がいい理由とカウンター席を使う際の注意点について解説していきます。

TO-REN(東大式恋愛勉強法)は、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。

また編集長Yuに恋愛相談したいと言う方は遠慮無く下のボタンからLINE登録くださいね!

LINEで相談する!

初デートにカウンター席を選ぶメリット

デート カウンター席

「初デートでうまく話せるか不安…。」という男性には、カウンター席がおすすめです。

カウンター席には、テーブル席にはないメリットがありとても魅力的なのです。

ここでは、初デートにカウンター席を選ぶメリットについてご紹介します。

緊張しないで話しやすい

カウンター席はテーブル席と違い向かい合って座り、女性の顔を見ないで話すことができるので緊張してしまう方にはいいでしょう。

また、相手の女性が緊張して会話が弾まなかったり、食事している姿を見られるのが恥ずかしくて箸が進まなかったりする場合もあります。

しかしカウンター席なら、隣同士なので気にせずリラックスした状態でデートを楽しめるでしょう。

やはり初デートは「楽しかった!」というように良い印象を持ってもらうことが大切です。

横並びだから距離が近い

テーブル席はテーブルを挟んで向かい合うため、お互いの距離が遠くなってしまいます。

しかし、カウンター席は横並びだから距離が近いのです。自然と腕が当たってしまうこともあるので、スキンシップもしやすいでしょう。

慣れてきたらタイミングを見てボディタッチしてみるのもおすすめです。距離が近く体も触れ合うことで、親近感が湧いて早く打ち解けることができます。

嫌がっている場合は逆効果なので、女性の反応を見ながら距離を縮めていきましょう。

話題づくりがしやすくなる

カウンター席はキッチンが見えたり、店員さんと話ができたりするため話題作りがしやすくなります。

例えば「あのお酒珍しいよね!飲んだことある!」と並んでいるお酒の話題をしてみたり、「今作ってる料理なんだろう?何ができるか当ててみて!」とクイズ形式にしてみたり、目に見えるものから会話が膨らみます。

行きつけのお店なら店員さんも混ぜて盛り上がるのもおすすめです。

二人では緊張してしまっても、いつも話す店員さんがいるだけで安心しますよね(笑)

ここまで、カウンター席を初デートで使うメリットについて解説してきました。しかし、あなたは気になっている女性を今すぐデートに誘って「OK」をもらえる自信がありますか?

デートに誘ってOKをもらうだけでも、清潔感のある格好、LINEのやり取り、会話など多くのことをマスターしなければいけません。次ページではそれらのデートから彼女を作るまでに知っておくべきことについて解説しています。

気になった方は今すぐ下のボタンからご覧ください。

カウンター席で初デートを成功させるコツ

デート カウンター席

カウンター席のメリットを最大限に活かすためにはコツが必要です。

コツを知らないと、「カウンター席が空いてなくてテーブル席になった…。」「せっかく距離が近いのに積極的になれない。」なんてこともあるでしょう。

ここでは、カウンター席で初デートを成功させるコツをご紹介します。

雰囲気のあるお店を予約しておく

カウンター席での初デートを成功させるためには、雰囲気のあるお店を予約しておくようにしましょう。

  • カウンター席があるのか
  • 照明が薄暗くて良い感じの雰囲気があるお店か
  • 席の間隔はちょうど良いか

このような点を前もって調べて予約をしておくことで、計画が崩れて焦ったりすることもないので安心です。

また、雰囲気のあるお店にすることで、お互いの距離が近く体が自然と触れた時のドキドキ感も増すでしょう。

女性の右側に座る

カウンター席に座るときは、男性は女性の右側に座るようにしましょう。

心理学では、「右側がリードして引っ張っていく人」と言われているのです。

そして男性は守りたいものを左側におく習性もあるため、女性に男らしさを見せるためにも右側に座ることを意識しましょう。

しかし、女性が右利きであなたが左利きの場合は、食事をする際に腕があたって食べづらいこともあるので注意が必要です。

わざと「左利きだからあたっちゃうね!ごめんね!」と右側に座るのもありですね(笑)

さりげなく距離を詰める

カウンター席ではさりげなく距離を詰めることが重要です。

トイレに行った後に少し近づいて座ってみたり、スマホを一緒にみる時に近づいてみたりすることができるでしょう。

顔を見ると緊張してしまう方でも、さりげなく横に移動するだけで急接近できるのです。

カウンター席のデートで注意するべきこと

デート カウンター席

カウンター席にはメリットがたくさんありますが、そのメリットにも注意が必要です。

距離が近く緊張せずに話せるからと言って、女性の気持ちを考えないのはNGなのです!

ここでは、カウンター席のデートで注意するべきことについてご紹介します。

相手の「パーソナルスペース」を考慮する

まず、相手との距離感を考える際には「パーソナルスペース」という概念を念頭に置く必要があります。

パーソナルスペースとは、他人に近づかれると不快に感じる距離のことで、この距離は相手と自分の関係性によって変わってきます。具体的には、

名称

相手との関係性距離感
密接距離恋人

0-0.45m

個体距離友人0.45-1.2m
社会距離上司・知り合い1.2-3.5m
公共距離知らない人3.5m以上

参照:Wikipedia パーソナルスペース(https://bit.ly/3hgsNfT)

このことからあなたに問いたいことは、「あなたは相手の女性とカウンター席という接近したところで過ごせるほどの関係性ですか」ということです。

いくらカウンタ―席がいいからといって、どんな相手にも効果的というわけではないのです。

ボディータッチばかりしない

距離が近くて自然とあたってしまうからと、ボディタッチばかりするのはやめましょう。

初デートということもあり、まだ打ち解けていないのに体を触られると女性も不快に感じる可能性があります。

そのため不自然なボディタッチばかりしないことがポイントです。触れてしまった時に「嫌がっていないか」「避けていないか」など、女性の反応をみるようにしましょう。

気配りを忘れない

女性に対して気配りを忘れないことも大切です。

カウンター席は横並びで前を見て話すことが多いため、たまに横を見て女性のことを気にかけてあげるようにしましょう。

料理を取り分けてあげたり、追加の飲み物を頼んであげたりすることが大切です。中にはカウンター席になれていない女性もいるので、しっかりとリードしてあげるようにしましょう。

女性はそんな気配りができる男性に「会話ばかりじゃなくて、私のこともちゃんと考えてくれてるんだ!」と好印象を持ちます。

その他にも、初デートでモテる男が気を付けることはあります。こちらで解説しているので、是非読んでみてください。

関連記事

どうも、TO-REN編集部です!TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。「今度、ずっと気になっていた女性と初デートなんですが、何か気をつけるべきことはあるでし[…]

モテる男が初デートで気を付けることとは?準備・計画から紹介

カウンター席を上手に活用して初デートを成功させよう!

デート カウンター席

初デートにカウンター席を選ぶメリットやコツ、注意点などをご紹介しました。

カウンター席はコツを掴むことで、メリットを最大限に活かすことができます。しかし、その中で注意すべきこともあるため意識することが大切です。

それでは、初デートに実際に誘う部分まではわかったかと思いますがここで終わりではありません。むしろ彼女を作ることのスタートラインに立ったくらいです。

初回のデートに誘うための具体的な流れ、デート中の振る舞い、二回目・三回目のデートへのつなげ方、告白など、やるべきことはたくさん残されています。今のあなたはその部分全てを完ぺきにこなす自信はありますか?

もしないならば今すぐ行動しなければいけません。TO-RENでは、「彼女を作る」ために必要な知識・ノウハウを段階別にまとめた無料レポートをお配りしています。

次ページで詳しく解説しているので気になった方は今すぐご覧ください!

>職場での出会いが0でも彼女を作る方法

職場での出会いが0でも彼女を作る方法

TO-RENの公式LINEでは、過去、東京大学で行った講義をもとに作成した「3か月で彼女を作るスタートガイド」を「無料」でお配りしています。「職場での出会いも恋愛経験もない」「まず何から始めればいいか分からない」という方に対して作成し、既に1000人を超える方々に読んでいただきました。今すぐ自分を変えたい方は下のボタンから友達追加してください!