好きな人が体調悪いときにLINEする?しない?おすすめLINEと注意点

どうも!TO-REN編集部です。 先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

好きな人が体調を悪くした時にLINEを送るのはありですか?
確かに、好きな人が体調を崩したときは心配なので、LINEを送りたくなりますよね。

そこでこの記事では、体調が悪い相手に送るLINEの注意すべきポイントやどんなメッセージを送ればいいのか、おすすめの文章について解説していきます。

好きな人の体調が悪いときにLINEはしてもいい?

好きな人 体調悪いとき lineしない

好きな人が体調を崩した時、LINEは送るべきなのか、送らないべきか?

相手の体調を気遣って送らないというのもつの選択肢ですが、しかし好きな人相手だと何もしないのは心配ですよね。

LINEを送ってもいいのかどうかというと、送っても問題ないです。

ただし好きな人であるその相手は体調を崩しているので、まず第一に相手の体調を気遣いましょう。

好きな人にはいつもと同じノリのメッセージではなく、優しい言葉をかけてあげたりあまり多くのメッセージを送らないよう気を付けましょう。

好きな人の体調が悪いときに送るおすすめのLINE8選

好きな人 体調悪いとき lineしない

では、好きな人の体調が悪い相手にはどんなLINEを送ればいいのでしょうか?

好きな人だからこそいつもと同じようなLINEではなく、相手の体調を考えてあげるのがポイントです。

具体的に好きな人へどんなメッセージを送ればいいのか、おすすめのメッセージを8つ紹介します。

1.「大丈夫?無理しないでね!」

「大丈夫?」と「無理しないで」という言葉でシンプルに相手の体調を心配しましょう。

相手に容体を尋ねることで、何かしらの返答は返ってきます。

もし中々返事が来なかった場合は、本当に体調が悪い場合なので、ほどほどのやり取りで終わらせて相手に無理させないようにしてあげましょう。

2.「ゆっくり休んでね」

あまり好きな人の体調が良くないと感じた時は、このメッセージだけを送って、それ以上のやり取りはしないようにしておきましょう。

「休んで」と言っているのにその後もダラダラとやり取りが続いたら、相手は休みたいのに休めないからです。

一通だけ心配する言葉を送り、それ以降はLINEをしないようにして相手の体調を気遣った方がベストなやり方です。

3.「早く元気になるといいね!」

『元気になった姿が見たい』と、体調が良くなることを暗に願う言葉は、あなたの優しさが好きな人相手に伝わるのでおすすめです。

病気で臥せている時は誰だって心細くなるというもの。

そんな時に優しい言葉をかければ、好きな人の心をぐっと掴むことが可能です。

短い文章であなたの優しさをアピールしましょう。

4.「〇〇をしたら良くなるよ」

病気に対するちょっとした知識を教えてあげると、あなたの好きな人「頼もしい人」と感じ、あなたへ気持ちが傾きます。

ただのおせっかいのように見える文章ですが、相手からすると「それだけ自分のことを考えてくれる」と嬉しく思います。

こういった際に備え、普段から風邪や病気対策の知識を収集しておくのもつの手です。

5.「しっかり薬飲んで早く寝なよ」

好きな人へ端的に具体的な対応を伝えると、しっかりした印象を相手に与えることが可能です。

ちょっと強気な文章を送ると、辛い相手は素直に「うん」とその通りに行動したくなります。

内容はごくごく当たり前でも、言葉を変えて相手にあなたの頼りがいのある姿を見せられますよ。

6.「してほしいことがあったら何でも言ってね!」

続いてのおすすめのLINEは「してほしいことがあったら何でも言ってね!」です。

相手の体調が悪いということで、ひょっとすると他に頼れる人がいない人の場合もあるでしょう。

そんな時自分でもできることはやってあげると好きな人にLINEすることで、「自分に甘えてもいいよ」という思いやりをアピールしてみてください。

また、そこそこ仲が良い相手なら「差し入れしようか?」「何か欲しいものある?」と提案するのもベストです。

ただしアピールのためだけに、「何かしようか?」というLINEを何度も送るのはNG。

余計なお節介はウザいと思われるだけなので、ほどほどにしてその後は相手を気遣ってLINEしないようにしてください。

7.「頑張りすぎて疲れちゃったんだね」

相手の体調が悪いのなら、「頑張りすぎて疲れちゃったんだね」というLINEを送ってみましょう。

仕事に真面目なタイプやリーダーシップ気質が相手の場合、その頑張りをたたえてあげるのが効果的です。

普段頑張っている姿というのはなかなか評価されにくいからこそ、風邪などで弱ったタイミングでその台詞をかければ、相手の心に深く突き刺さるでしょう。

その相手が特に何を頑張っているか知っているのなら、「○○頑張ってて偉いね」というセリフを差し込むことでさらに好感度が上がることかと思います。

8.「代わってあげられたらな」

「代わってあげられたらな」というのも、体調が悪い相手に送るベストなLINEの1つです。

相手の体調を自分にかぶせるというセリフは、「守ってあげる」という母性本能を強く感じさせる台詞になります。

体調が悪くてメンタルが弱っている時にそんなセリフをかけられたら、女性はドキドキしてしまうでしょう。

すでにかなり好意がある状態の時、さらにお互いの距離を縮められる台詞としておすすめです。

好きな人の体調が悪いときLINEする際に注意すべきことは?

好きな人 体調悪いとき lineしない

体調が悪い時でもLINEは送ってオーケーですが、注意するべきことがいくつかあります。

それを破ると相手に悪い印象を与えてしまい、好感度が下がってしまいます。

では、体調が悪い相手へのLINEの送り方で、注意するべきポイントを解説します。

1.長文を送らない

体調が悪い相手に対して、長々とした文章を送るのはしないようにしておきましょう。

いちいちそのすべてを読むのを相手はしんどいですし、返事を考える事を面倒くさく思います。

本当に相手の体調を気遣うなら、シンプルで短い文章にするよう注意してください。

2.返信を求めない

いくら相手のことが心配でも、相手に返信を求めるようなLINEを送るのはしないでください

むしろ『便りがないのが元気な証拠』というように、何回かLINEを送ってやり取りが途切れたら、相手の回復を祈ってそのまま休ませてあげましょう。

「返信がない!倒れてるかも?」

という心配は、よほどの仲でもない限り必要ありません。

そっとしてあげるのも優しさのつです。

3.メッセージを連投しない

相手の体調が悪い時はメッセージを連投しないようにしましょう。

前提として、相手は体調が悪いというのを忘れてはなりません。

「メッセージくらい簡単に送れるでしょ」というのは体調の良い方の言い分であり、体調が悪い人にとっては返信を考えるだけでも一苦労です。

そんな相手にメッセージを何度も送るのは、相手のことを考えていないということと同じになります。

メッセージを連投すれば、ほぼ確実に好感度が下がってしまうのでやめてください。

4.寝ている時間帯に送らない

相手が寝ている時間にLINEをしないことも注意点の1つになります。

ただでさえ相手は体調が悪いのですから、普通に寝ている時間に送るのは非常識の領域となるでしょう。

ゆっくり寝て体を休めているのにメッセージが来た音で目を覚ましてしまったら、「なにこの人…」と思われても仕方ありません。

そうならないように夜中や朝の時間帯はしないようにして、昼間や夕方の時間にメッセージを送りましょう。

またその時間帯でも相手がゆっくりしていそうだったなら、そもそも送らないというのも選択肢の1つです。

あくまでも相手を気遣ったうえでメッセージを送るかどうか考えてみてください。

好きな人の体調が悪いときにLINEを送り、距離を縮めよう

好きな人 体調悪いとき lineしない

気になる人が体調の悪い時は、相手の心を掴むチャンスです。

体が弱っている時というのは心細くもあるので、きちんとした送り方でLINEを送ればぐっと距離を縮めることが可能です。

長文NGなどの注意点を守りつつ、相手の心に響くLINEを送りましょう!

TO-RENでは自分を変える最初の一歩を踏み出したいと考えている方に向けて、LINEコンサルティングを実施しています。
毎月100名様に限り無料でLINEにご登録頂けますので、恋愛において成功を掴むための「戦略」を知り本気で自分を変えたい方は今すぐ下のボタンから会員登録をしてください

【次ページ】「自信がなくて行動できない…」と悩む男性が恋愛で成功するための「戦略」とは?

    -LINE