20歳年下の彼女と付き合うメリット・デメリットとは?長続きのコツも

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「20歳年下の彼女と良い関係を築いていますが、歳が離れすぎていて不安です。メリットやデメリットがあれば教えてください!」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。せっかく年下の彼女と良い関係でも年齢差のせいで不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、20歳年下の彼女と付き合うメリット・デメリットや長続きのコツについて解説します。

本記事のゴール・20歳年下の彼女と付き合うメリット・デメリットを知る

20歳年下の彼女と付き合うメリット4選

20 歳 年 下 彼女

「20歳年下の彼女と付き合ううえでのメリットとは何?」と気になっていませんか?

せっかく年下の女性と付き合うなら、どのようなメリットがあるのか知っておきたいですよね。

ここでは20歳年下の彼女と付き合うメリットについて説明していきます。

1.リードできる

20歳も年下の彼女からすると、あなたはとても頼りになる存在

頼られる場面も多く、豊富な知識や経験で彼女をリードすることができます。

彼女も「すごい!」「頼りになるね」とあなたを褒めてくれるはず。

女性をうまくリードできないと思っている男性に、年下彼女はおすすめです。

2.気持ちが若くなる

自分だけでは、なかなか流行についていくのは大変なもの。

20歳も年下の女性とお付き合いしていると、最新の流行を知りやすいですよね。

そのため、自分も若くなったように感じることができます。

いつまでも若々しくいたい人にとって、年下彼女と付き合うのは向いているでしょう。

3.良い刺激を受ける

年下彼女とは過ごしてきた時期が違うため、さまざまな刺激を受けることができます。

いつもとは違った服をコーディネートしてもらったり、行ったことがないところに連れて行ってもらいましょう。

いつもとは違う自分に出会えるかもしれませんよ。

4.周囲に羨ましがられる

20歳も年の差が離れていると、周りから「どこで知り合ったの?」「どんなふうに付き合ったの?」と、いろいろ質問されたり羨ましがられます。

羨ましがられると優越感を感じられますよね

これも、年下彼女と付き合うメリットです。

20歳年下の彼女と付き合うデメリット3選

20 歳 年 下 彼女

20歳年下の彼女と付き合ううえでのメリットについてお伝えしてきましたが、もちろん付き合ううえでのデメリットもあります。

しっかりデメリットも理解したうえで、年下彼女とお付き合いしていきましょう。

ここでは、20歳年下の彼女と付き合ううえでのデメリットについて説明していきます。

1.ジェネレーションギャップを感じる

20歳という年の差は大きく、青春時代を過ごした年代がまったく異なります

自分が若いころに流行っていたものの話をしても理解してもらえなかったり、逆に彼女から今流行りのものの話をされても、ついていけない可能性があるんですね。

そのため、昔流行ったものの話は少なめにするとよいでしょう。

2.将来の不安がある

20歳も年が離れていることによって、一緒にいられる時間が短い可能性があります

自分のほうが早く老いていくので、介護問題などにも直面しやすいです。

将来結婚なども考えている場合は、しっかり話し合っておきましょう。

3.体力の差が気になる

自分は加齢によって体力が落ちていきますが、20歳年下の彼女はまだまだ元気ですよね?

テーマパークで一日中遊んだり、ショッピングモールで一日中歩き回ったりするのも大変になってきます。

また、デートで疲れてしまい夜の営みができないなんてことも。

体力をつけるためにジムに通ったりするといいでしょう。

20歳年下の彼女と恋愛を長続きさせる3つのコツ

20 歳 年 下 彼女

ここまで20歳年下の彼女と付き合ううえでのメリット・デメリットについてお話してきましたが、やっぱり付き合うなら長続きさせたいですよね。

そこで、ここでは20歳年下の彼女と恋愛を長続きさせるコツについて説明していきます。

1.甘えさせてあげる

年下彼女はあなたに対して包容力を求めているため、受け止めてほしい、甘えさせてほしいと思っています。

そのため、彼女を甘えさせてあげると長続きしやすいです。

少しのわがままなどは聞いてあげるのもいいですが、甘やかしすぎるのはNGですので気をつけましょう。

2.相談事を真摯に聞く

年下彼女にとって、あなたは1番信頼できる存在に違いありません。

彼女が悩んでいたら相談に乗って、話を聞いてあげましょう

真摯なアドバイスをすることで、よりあなたに対する信頼度は上がるはずです。

彼女もあなたを頼りになるパートナーだと思ってくれるでしょう。

3.女性として扱う

彼女は20歳も年が離れているため、「子供だな」と思うことがあるかもしれません。

20歳も年が離れているのですから、わからないことや知らないことがあるのは当然です。

子ども扱いせずに女性として扱うようにしましょう。

20歳年下の彼女でも2人に愛があれば気にする必要はない!

20 歳 年 下 彼女

20歳年下の彼女と付き合ううえでのメリットは以下の通りでした。

  • リードできる
  • 気持ちが若くなる
  • いい刺激を受ける
  • 周囲に羨ましがられる

また、20歳年下の彼女と付き合ううえでのデメリットは以下の通りでした。

  • ジェネレーションギャップを感じる
  • 将来の不安がある
  • 体力の差が気になる

20歳年下彼女には適度に甘えさせてあげて、相談事を真摯に聞いてあげましょう。

また、しっかり女性として接してあげることが長続きするポイントです。

皆さんも参考にしていただき、素敵なお付き合いをしてくださいね。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -年上・年下女性