社内恋愛で男は覚悟するべき?バレない方法や女性の脈ありサインも!

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「職場で気になる女性がいるのですが、社内恋愛ってやっぱり難しいですよね…」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。せっかく〇〇

そこでこの記事では、社内恋愛で覚悟すべき3つのことや成功のコツについて解説します。

本記事のゴール社内恋愛で覚悟すべき3つのことや成功のコツについて知る

社内恋愛で男が注意・覚悟するべきこと3つ

社内恋愛 男 覚悟

社内恋愛とは、遠距離恋愛や年の差恋愛と同じように特殊な恋愛です。

普通の恋愛と同じように恋愛するのでは、実る恋も実りません

特に社内恋愛の場合は、男性に一定の覚悟が必要です。

ここでは、社内恋愛をするにあたって最低限覚悟する必要のある3つのことを紹介していきます。

1.相手の嫌な部分まで見えてくる

社内恋愛の一番の特徴は日常生活、職場共に「ずっと一緒に居ること」。それはいい点でもありますが、悪い点にもなってしまいます。

それは見たくない彼女の姿が見えてしまうこと。

仕事モードの彼女が普段とは違う態度で関わってくることもあるでしょうし、または彼女が別の同僚と仲良くしている姿をみることになるかもしれません。

普段とは違う姿を見て、それがきっかけで喧嘩になったり、ヤキモチを焼いたり…。

あなたが思うのと同様にまた、相手もそう感じています。

社内恋愛をするからには、そんな姿をお互いに認めてあって受け入れる覚悟が必要です。

2.噂になる可能性が高い

職場恋愛の中で避けられないことの一つが自分達が噂されること

どんなに大きい会社でも意外なほど情報は早く回るもの。

ちょっとした言葉遣いや接し方をきっかけにいつの間にか会社中に噂が広まっているなんてことになりかねません。幾ら気をつけていても見ている人は見ています。

社内恋愛をする場合はバレてもいいか」位の覚悟でいた方が良いでしょう。

3.結婚を視野にしないといけない

社内恋愛は、結婚を踏まえた上でのお付き合いであることを意識してください。

社内恋愛なので、付き合っていることは周知されています。

同僚や上司にも認識されている関係なので、「2人は結婚する」という目で見てきます。

そんな状況で遊びのようなお付き合いは、もし別れたら後々の人間関係に支障が出るのは必然です。

よってはじめから結婚を前提にしたうえで、付き合っていくことを覚悟する必要があります。

【男の覚悟】社内恋愛をバレないようにする方法とは?

社内恋愛 男 覚悟

いざとなった時には開き直って堂々と付き合うのも一つの手ですが、公言すると何かとデメリットがあるのは先にも紹介した通りです。

社内恋愛でも、バレにくくする方法がいくつかあります

これからそのコツを2つ紹介するので、社内恋愛する前に一読すること必須です。

1.会社の近くでデートしない

社内恋愛が最もバレる理由は、2人でイチャイチャしているところを会社の人に見られることです。

社内ではきっちりとビジネスの関係なのに、外ではキスしていた……。

それはもう見るからにバレバレですね。

その事態を避けるべく、デートする時には会社付近の地図内は避けましょう。

会社からひと駅かふた駅、理想としては4、5駅分離れたスポットでイチャイチャするようにしましょう

2.関係性を誰にも言わない

人の噂も七十五日。

一たび誰かの口から口外されてしまえば噂はあっという間に広まってしまいます。

特に恋バナとなれば、人の口に戸を立てることは不可能です。

「この人は口が堅いから大丈夫」と思っても、人の口は思った以上に軽いものです。

真剣なお付き合いをする以上、口をきつく結んで、一切誰にも話さないようにしましょう

【男の覚悟】社内恋愛が始まる予感!職場女性の脈ありサイン3選

社内恋愛 男 覚悟

社内恋愛は、あなたから好きになるケースがある一方、相手の方から好きになるというパターンも当然あります。

「同じ職場のあの人が実は……」

なんていう風に熱い視線を送っている可能性も大いにあります。

ここからは、恋愛に発展する可能性のある職場女性の脈ありサインを紹介していきます。

1.2人で食事に行きたがる

「二人でご飯行きませんか?」とあなたと二人きりのランチに誘ってくる場合、脈ありの可能性が高いです。

たくさんの社員の中で他でもないあなただけを誘ってくれた、というのは特別な意思の表れなのです。

2.頻繁に仕事の相談をしてくる

職場の女性が高い頻度で仕事に関する前向きな相談をしてくる合、脈ありの可能性があります。

相談の例としては

  • 「もっと仕事出来るようになりたい」
  • 「ここわからないんだけど教えて」
  • 「今度任された仕事一緒にやってくれない?」

といったものです。あなたを信頼して、相談してくれている証拠です。

3.よく目が合う

どんな人も気になる人のことは目で追ってしまうもの。会社でいつも見かけるとなれば尚更です。

「好きだけど声を掛けられない…」なんて女性は、特にこのいつい目で追ってしまうということが多いです。

「やけに視線を感じるな…」「この人と良く目が合うんだよな…」という人に、こちらからアプローチしてみれば、恋愛に発展する可能性は大です。

女性の心理と脈ありサインについてさらに詳しく知りたい方はこちらから👇

男が覚悟した上で社内恋愛に発展させる6つのコツ

社内恋愛 男 覚悟

いざ、「この人と付き合おう!」と思った時、社内恋愛においては、その恋を成就させるのにコツがあります。

それをするとしないのとでは、その後の展開に大きく影響します。

ではそのコツをつ解説するので、それを実践し意中の相手を射止めましょう。

1.挨拶をする

まずは、挨拶で相手に自分を認識させることから始めましょう。

「おはよう」から始まり「さようなら」で終わる。

基本的なことですが、序盤のアプローチとして挨拶はとても有効です。

さらに笑顔で挨拶することで「感じが良い人」と好印象を与えるので、一石二鳥の効果が得られます。

朝一で顔を合わせたら、爽やかに「おはよう」の言葉をかけましょう。

2.笑顔で声をかける

人はちょっとした挨拶や短い会話でも、接する回数が増えるほど相手への好感度が増します。

「単純接触効果」といい、その頻度によって影響力が変わるという効果です。

すれ違ったときに笑顔で挨拶してくれたり、休憩中にちょっとした話題を振るだけでも、あなたへの好感度はどんどん上がっていくのです。

相手に関心があることを伝えるためにも、こまめな声掛けが重要です。

お昼休みや小休憩時に、相手が1人でいるシーンを見かけたら、積極的に声をかけて雑談に花開かせるように努力しましょう。

3.仕事のことで相談する

「声をかけたいけどどんな話をすればいいのかわからない……」と話すきっかけが分からない人は、まずは仕事の話題で会話しましょう。

あくまで仕事のことなので、相手も普通に返答してくれます。

上司や先輩という立場なら、質問するのは当然なのでこの方法もしやすいですよね。

最初は仕事の話をしつつ、ある程度積み重ねたら世間話を混ぜていき、徐々に仲良くなっていきましょう。

4.仕事のフォローをする

女性の仕事のフォローに回るというのも、アプローチの方法の1つとして有効です。

女性がミスをしたらさりげなくフォローしてあげる。

なんてことのないように思えますが、フォローされた側はとても嬉しく感じます。

さらに「俺に任せておいて」とさらっと言うことで、頼りがいのある男性をアピール可能です。

また、仕事を多く抱えていたら手伝うなど、仕事のフォローは職場恋愛ならではのアプローチなので、機会があれば積極的に手を貸すようにしていきましょう。

5.ランチに誘う

「お昼一緒にどう?」と、気軽にランチに誘ってみましょう。

ランチというとデートっぽく聞こえますが、職場の同僚同士なら、一緒にご飯に行くのは恋愛云々を抜きにしても普通のことです。

そこまで親しくない相手でも、嫌に思われず誘いを受けてくれるので、序盤のアプローチ方法としても最適です。

6.飲み会に誘う

同じ職場の場合、飲み会にも一緒に行きやすいです。

例えば忘年会や新年会、お疲れ様会など、定例行事として行われている会社は多くあります。

さらに大きな仕事を乗り越えたら、チームの中で飲み会に行くなどの機会もあるでしょう。

そのような時に、「皆で行こうよ」と誘えば女性はほぼ確実にOKしてくれるでしょう。

飲み会に行ったら、隣の席を確保しつつ会話で盛り上がれば、好感度が上がること間違いなしですよ。

男が社内恋愛をするときはある程度の覚悟が必要!

社内にいる相手と恋愛するには覚悟を持ちましょう

なぜなら社内恋愛は相手の嫌な部分が見えたり噂になったりするからです。

また、職場内の女性から脈ありのサインが出ているケースもあります。

「2人での食事」や「よく目が合う」といったことがあるとそれがドンピシャです。

ここまで述べてきた内容を参考にして、ぜひとも社内恋愛を成功させてくださいね。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -その他の出会い