彼女いない歴=年齢で劣等感を持っていても彼女を作る方法とは?

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

彼女いない歴=年齢はヤバいですか?

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、あなただけ彼女がいないと焦ってしまいますよね。

そこでこの記事では、劣等感を克服して、彼女を作る方法について解説します。

本記事のゴール劣等感を克服して、彼女を作る方法を知る

彼女いない歴 =年齢でも劣等感を持たなくてもいい

彼女 いない 歴 年齢 劣等 感

彼女がいない歴=年齢だと、なぜか「自分は劣った人間だ」と思ってしまいます。

しかし、よく考えてみてください。

あなたは彼女がいる周囲の人と自分を比べているだけではないでしょうか。

彼女がいないだけであなたの価値が0になるわけではありません。

実際彼女がいても、コンプレックスを抱えている人はたくさんいます。

彼女がいることが優秀であるという証明にはなりませんよね。

人間誰だって、自分が苦手な分野があるものです。

あなたはたまたま、恋愛という分野が苦手だっただけ。

しかも、これはいくらでも解決策が見つかる課題です。

彼女いない歴=年齢でも劣等感をもつ必要は全くないですし、努力次第で乗り越えられる問題なのです。

彼女いない歴=年齢で劣等感を持ってしまう原因

彼女 いない 歴 年齢 劣等 感

そもそも、彼女いない歴=年齢だとどうして劣等感を感じてしまうのでしょうか。

その根本の原因を知れば、必要以上に落ち込むことはなさそうです。

劣等感をもってしまうのはなぜか考えていきましょう。

1.自信がない

物事に対して悲観的で、悪い方向ばかりに考えてしまうネガティブ人間はモテません。

女性はネガティブで暗い人よりも、明るくポジティブな男性に惹かれます。

自分を守ってくれる男性と結ばれたいと本能的な欲求があるため、困難を乗り越える素質がある男性かどうかを無意識のうちに見極めているのです。

誰しも自信がない部分をもっていますが、彼女いない歴=年齢の男性はほぼ全ての事柄において否定的。

さらにそれを打ち消そうとする気概も見せず、「どうせ自分なんか」「でも〇〇だし…」と言葉にしてしまうのです。

それがさらに女性を遠ざけ、いつまでも彼女ができないという悪循環に陥っています。

2.出会いがない

女性との出会いがほとんどない環境にいる人は、彼女いない歴=年齢になりやすいです。

彼女ができないことを「出会いがないから」という言い訳でごまかし続けています。

しかし、本来出会いがないなら出会いの場に足を運ぶべきだと思いませんか?

残念ながら、出会いがない人は自分で作るしかないのです。

出会いを求めて動いてしまうと、「出会いがあるのに彼女ができない」という大きな劣等感をさらに味わうことになるため、自分で動こうとしない傾向にあります。

3.理想が高い

彼女いない歴=年齢の男性は、恋人に求める条件を多く挙げすぎている人もいます。

「顔がかわいくないと絶対ムリ」「スタイルがよくないと嫌」など、特に見た目に関して高い理想を求める人が多いです。

しかし、外見だけで選んだ女性とは長続きしない可能性が高いです。

まずは彼女を作って劣等感を取り除くことを最優先したいですよね。

一旦高い理想をもつことをやめて、性格や相性のよさに注目して女性を探しましょう。

4.周りと比べる

彼女いない歴=年齢に劣等感を持ってしまう原因は、周りと比べることで自分がダメな人間だと思い込んでしまうからです。

「友達は彼女と長続きしている」「年齢が同じ同僚はもうすぐ結婚する」など必要以上に比べてしまうことで、自身の劣等感が大きくなってしまいます。

他にも周りと比べてみると、自分自身に足りない点が分かると思いますが、それらを克服すれば自然と劣等感はなくなるものです。

彼女いない歴=年齢だとしても、自分に足りない要素を自覚して劣等感を感じることができたなら、改善していくことは可能です。

5.親から心配される

年齢を重ねるほどに、親から彼女や結婚について色々言われることが多くなりがちです。

そのため、親に言われる度に劣等感が生まれ、焦りを感じてしまいます。

「彼女できないの?」「孫の顔が早く見たい」など、親の一言が心をえぐりますよね。

彼女いない歴=年齢なので、流石に親が心配する気持ちもわかりますが、1番気にしているのはあなたです。

彼女いない歴=年齢で劣等感があっても、彼女を作る方法はあるので安心してください。

彼女いない歴=年齢で劣等感があっても彼女を作る方法

彼女 いない 歴 年齢 劣等 感

上記で見てきたように、彼女いない歴=年齢の男性は、彼女を作るために必要な自信や、出会うための行動が圧倒的に足りていないことが分かります。

ここでは、劣等感があっても彼女を作れる方法をご紹介します。

1.出会いの場を増やして女性に慣れる

出会いの場を増やして女性に慣れることで、怖がらずに出会いのチャンスを掴みに行くことができるようになります。

出会いの場を増やせない一番の原因は、劣等感。

「合コンに行ってもどうせ見向きもしてもらえないだろう」「カッコいいあいつに負けるに決まっている」などと考えると、行動できなくなってしまいます。

そこで、彼女いない歴=年齢の男性におすすめしたいのがマッチングアプリです。

他の男性の存在を気にする必要もなく、じっくりと時間をかけて一人の女性とやりとりすることが可能です。

自分のペースを崩さず女性と仲を深められるのがマッチングアプリのいいところ。

無理のない方法で女性との出会いを増やしていきましょう。

2.見た目に気を使う

外見を整えるだけでも自分に自信がもて、出会いに対して前向きになれますよ。

大事なのは顔の造りではなく、清潔感。

目が細くても出っ歯でも、清潔感があれば爽やか男子になれます。

顔のパーツを気にするよりも、肌の状態を整えたり美容院で髪を切ったり、シンプルで女性ウケのいいファッションにチェンジしたりして清潔感を出しましょう。

女性が触れたいと思うような見た目を目指してください。

3.体型にコンプレックスがあるなら痩せるor太る努力をする

体型にコンプレックスがあると、女性との出会いに臆病になってしまいます。

これまでにバカにされたり、笑われたりといったトラウマからでしょう。

もちろん体型で人の価値は決まりません。

しかし、より多くの女性との恋愛のチャンスを掴みたいのであれば、普通体型になることを目標にしましょう。

ぽっちゃりやガリガリの男性が好きな女性もいますが、そういった人と相性がいいとも限りません。

万人受けを目指してダイエットや体重を増やす努力をする方が、効率よく彼女探しができますよ。

4.コミュニケーション能力を身に付ける

彼女いない歴=年齢で劣等感がある方は、コミュニケーション能力を身につけましょう。

女性と接する機会が少なくて最初は緊張しますが、場数を踏むことでいつの間に慣れます。

女性と上手くコミュニケーションが取れるようになると、自信がついて劣等感もなくなっていきますよ。

彼女いない歴=年齢でも諦めずに、どんどん経験を積みましょう!

彼女いない歴=年齢で劣等感を抱いても行動することが大事

彼女いない歴=年齢の男性は、自分に自信がなく劣等感を抱いており、女性との出会いが足りていません。

ネガティブ発言を控え、見た目を変える努力をすることで状況を変えることができるでしょう。

劣等感を乗り越えて、恋愛を楽しみましょう!

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -童貞卒業