男性が苦手な女性を98%射止める接し方・アプローチ法をプロが伝授

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「僕が気になっている女性は、そもそも男性が苦手なタイプっぽいです…どうやってアプローチすれば彼女が振り向いてくれますか?」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。男性が苦手な女性ってあなたの力量と関係なく男性そのものに苦手意識を感じているので、どうしようもないんじゃないかと思ってしまいます。ただ、そんな女性へのベストなアプローチ法は存在するんですよね。

そこでこの記事では、

  • 男性が苦手な女性の特徴
  • 男性が苦手な女性が出す脈ありサイン
  • 男性が苦手な女性との接し方

について解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

男性が苦手な女性にありがちな3つの特徴

男性が苦手な女性 接し方

男性が苦手な女性に対しては、やはり普通にアプローチしていくだけでは嫌われてしまう可能性もあります。

まずはそんな男性が苦手な女性の特徴をしっかりと理解し、接し方を考える必要があるでしょう。

ここではそのような女性の特徴について解説していきます。では見ていきましょう。

1.男性との関わりが少なく、慣れていない

男性が苦手な女性の特徴としてまず挙げられるのは、今までに男性との関わりが少なく、男性に慣れていないということです。

これまでにほとんど女性同士での関わりしかなく男性と接する機会がなかった女性は、男性とどう接するか・何を話せばよいかなどが分からず、自然と男性のことを苦手に感じてしまうのです。

やっぱり物事の捉え方や価値観、それに会話の話題なども男性と女性では異なるので、そのギャップに対応できない女性も多く、そういった理由で男性との関わりを避けてしまう人も多いでしょう。

2.過去の恋愛で失敗続き

過去の恋愛で何かしらのトラウマがあることも、男性が苦手な女性の特徴です。すでに完了した課題より、未完の課題や中途半端な状態の課題の方が記憶に残りやすい、という効果を心理学ではツァイガルニク効果といいます。

過去の出来事、特に大きな失敗やショックを受けた出来事は、未完の課題として人の脳裏に焼き付くということですね。このツァイガルニク効果が働くことによって、過去の恋愛での苦い経験が強く記憶に残ってしまいます。

男性が苦手な女性は、それによって男性に対してマイナスなイメージを持っている場合もあるのです。

3.プライドが高い

上記の二つとは少し異なるタイプですが、男性が苦手な女性はプライドが高い場合もあります。プライドが高い人は、相手に対して常に優位に立っていたいと強く思います。

男性のほうが生物学的に身体が大きく筋力がありますから、そのようなプライドが高い女性は、男性を敵対視する可能性もあるのです。その結果、男性のとこが苦手になったり、男嫌いになったりするんですね。

男性が苦手な女性が出す3つの脈ありサイン

女性 好意 サイン

さて、男性が苦手な女性の特徴を見てきましたが、いずれの特徴を持っている女性であっても、男性に対して全く好意を抱かないということはありません。

心のどこかでは必ず男性の好意を抱くことがあるでしょう。そしてその場合、女性自身が気づかなかったとしても脈ありサインが出ていることもあります。

それではどんなサインを出しているのでしょうか。見ていきましょう。

1.あなたと一緒にいるときに自分の髪を触る

女性はあなたと一緒にいるときによく髪を触っていませんか?もし触っているようであれば、あなたの事が好きなのかもしれません。なぜなら、好きな相手の前では緊張してしまい、その緊張を解すために髪を触る傾向があるからです。

特に男性が苦手な女性は男性に慣れていない場合が多く、その傾向は強くなります。また、髪を触る行為には「自分を良く見せたい」心理が働きます。

あなたも女性と会う前は大した変化を起せなくても髪を触っていませんか?

男女問わず働く心理です。今一度、女性が髪を触っているかどうか気にかけてみてください。

2.過去に話した些細な会話の内容を覚えている

過去に話した細かい会話まで覚えているのはよっぽどあなたに興味がある証拠です。男性が苦手な女性は、自分から積極的にアピールすることは少ないでしょうが、その分相手の言動などをよく覚えています。

女性は興味ない人には表面上は優しく接してくれますが、心ここにあらずとなっています。会話も聞いているフリが上手です。しかし、細かい内容まで覚えているとなると、かなりあなたに興味を持って話を聞いていた事が分かります。あなたへの好意があると判断しても良いでしょう。

3.会話をしている時に視線を逸らす

女性の事が気になってついつい見ているけど、視線が合わない。脈なしだと諦めていませんか?

繰り返しになりますが男性が苦手な女性は、男性と話すと緊張して堅くなりがちです。ですので、視線を合わせてくれない場合にも脈ありの可能性は大いにあります。

なぜなら好意があればあるほど視線を合わせようとすると恥ずかしくなり目線を逸らしてしまうからです。

しかし、あなたから視線を合わせようとした時に全く合わないようであれば、相手が避けているかもしれません。一瞬目があって逸らすくらいがベストです。

ここまで男性が苦手な女性にありがちな特徴と脈ありサインについて解説してきましたが、実際のところ女性が男性に苦手意識を持つようになった経緯などによって最適なアプローチって異なってきます。

そのため重要なのは、相手の女性のタイプや好みをしっかりと理解して、そこに臨機応変に対応してあげることなんです。ただ、多くの男性はそれができておらず、この類の恋愛相談をよくお受けします。

そこでTO-RENでは、最短最速で彼女を作る方法を詰め込んだLINEマガジンをLINE@に友達追加してくれた方限定でお渡ししています。また、24時間いつでも恋愛相談をお受けしておりますので、興味のある方は次のページからLINE@に友だち追加してみてください。

男性が苦手な女性を98%射止めるアプローチ法(接し方)

女性 好意 サイン

これらのサインにいくつか当てはまるようであれば、女性にアプローチを仕掛けていきましょう。

ではどのような接し方を心がけるべきなのか、見ていきましょう。

まずは優しく接する

男性が苦手な女性の対する接し方としては、まず何よりも優しく接することが大切です。

男性のことが苦手な女性は、男性に慣れていないが故に、男性に対して恐怖心を抱いていることがあります。

もし脈ありサインがあったとしても、なかなか女性からは積極的にアピールしづらいものです。

ですのでまずは優しく接し、相手から認めてもらう必要があるのです。

そして徐々に信頼関係を築いていきましょう

LINEや電話でこまめに連絡を取り合う

続いてLINEや電話での接し方ですが、脈アリと感じたらこまめに連絡を取り合うようにしましょう。LINEや電話は信頼関係を築くのに非常に有効です。しかしLINEでの接し方で気をつけて欲しいことは、脈アリと気づいてから嬉しくなりすぎて連絡の頻度を高めてしまうことです。

ペースを上げ過ぎてしまうと引かれます。「何この人、ちょっと面倒になってきたな」と心変わりされる可能性があります。

もともと男性が苦手な女性はなおさらそのような気持ちを感じやすいです。今まで通りのペースから少し回数を増やす程度にしておきましょう。

また、LINEでの女性との接し方や会話術については、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください!

2人で食事やデートに行く約束をする

順調に連絡を取り合っていく中で、徐々に女性が心を開いてくれていると感じたら、次は二人でデートをしましょう

もちろん男性のことが苦手な女性をデートに誘うときは気を遣わなければなりません。強引に誘ったら、せっかく開いてくれた心がまた閉ざされてしまうかもしれません。

今まで連絡を取り合っていたのなら、きっと女性の好きな食べ物や好きな事を知っているでしょう。

パスタ好きの女性であれば、「今度の休みに一緒にパスタ食べに行かない?」または「今度の休みに恵比寿の美味しいパスタ屋か、渋谷のパスタ屋どっちか行かない?」とダブルバインドを使った方法でデートに誘ってみましょう。

初デートであれば、気軽さを演出するためにランチデートや午後のカフェデートから誘ってみましょう。脈ありで連絡を取り合ってきたなら、必ずOKの返事が貰えます。

ラポールを形成してから次に進める

男性が苦手な女性は他の女性よりも信頼構築のペースが遅く、自分が思っていたよりも早くアクションをされる(手を繋ごうとする、キスしようとするなど)と苦手意識から拒否されてしまいます。なので、相手との信頼関係を構築してから次のステップに移ることが何よりも重要になってきます。

そこで意識してほしいのが、「ラポール形成」です。ラポールというのはビジネス、特に営業で使われる用語で、心と心がつながりあった関係性を指します。「相手にモノを売るには、まず信頼関係がないとダメだよね」ってことで、営業の場面ではまずラポール形成が営業マンによって行われるのです。

これは男性が苦手な女性へのアプローチに応用できて、まずは相手の女性とのラポール形成を狙いましょう。ラポールを形成するためには、「ミラーリング」というテクニックを使いましょう。

ミラーリングというのは、相手の動作を真似することです。人間は心理学的に相手と同じ行動をしていると安心感を得られるという性質を持っており、それを活用したテクニックなんですね。具体的には、相手が飲み物を飲んだら同じタイミングで自分も飲むといった感じです。

まとめると、ミラーリングをして相手の女性とのラポールを形成し、先ほど紹介した脈ありサインが見えたら、次のステップに進めるといった手順が男性が苦手な女性へのベストなアプローチ法なんですね。

男性が苦手な女性が出す脈ありサインと接し方を知り、正しくアプローチしよう

女性 好意 サイン

ここまで、男性が苦手な女性が出す脈ありサインや接し方のポイントについて解説してきました。

脈ありサインに全て当てはまるのが一番ですが、こだわる必要はありません。

逆に全て当てはまるまで期を待っていれば他の男性に取られてしまいます。

いずれかの脈ありサインに心当たりがあれば具体的にアプローチを進めていきましょう。

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -会話術