清潔感を極めてモテる方法とは?

【男性向け】女性にモテる声の特徴と作り方

【男性向け】女性にモテる声の特徴と作り方

どうも、TO-REN(東大式恋愛勉強法)編集長のYuです!

たまに「この人の声かっこいいな~」って思うこと、ありませんか。テレビでドラマを見てたり映画を見てたりする時、僕も俳優さんを見てて「自分もこんな声だったらな~」なんて思うことがあります。

しかし皆さんは他の人のかっこいい声をうらやましく思うとき、

「まあ声って生まれつきだからしょうがないよなー」

という風にも思っていませんか。「自分は別にモテるかっこいい声で生まれてきたわけじゃないし…」と諦めてしまっていませんか。確かに声は生まれつきの要素もあるのですが、努力すればモテる声を作ることも不可能ではありません。「声=生まれつき」という前提から入ってしまうのはとてももったいないことなんですよね。

そこでこの記事では、女性にモテる声がどのような声なのかを紹介し、モテる声を皆さんが手に入れるためにはどうすればいいのかについて解説していきます。

女性にモテる声の特徴

そもそもどのような声・口調が女性にモテるのでしょうか。男性にはなかなか理解しにくいと思います。僕も以前までどんな声を目指せばいいのかわかりませんでした。そこで、女性陣に人気の声の特徴について解説していきます。

低音の声

一般的に人気なのが、低い声です。低音ボイスは聞き手に安心感を与えることができ、大人っぽい印象を与えます。しかし、低すぎて話がはっきり聞こえないと逆効果で、低くてもよく通る声がモテる男の声質なんだそう。

落ち着いた声

多くの女性にとってあまり好ましくないのが、喋るのが早すぎるなど、必死な印象を与えてしまうような高い声。女性に人気なのは、もっと落ち着いた安心感のある声なんです。もし皆さんの中で「自分結構早口なんですよね…」という方がいるなら、もう少し落ち着いた口調を意識するとよいでしょう。

ゆっくりとした口調

落ち着いた声と似ているのですが、口調はゆっくりとしている方が女性には好印象です。最近よく言われているのが、「東大生は短い時間でより多くの情報量を伝えたいがために早口な人が多い」ということ。(笑)

もしあなたがそうなってしまっているならよく考えてください。「相手により多くの情報を伝えること」はモテるためには必要ないです。早口が悪い印象を与えてしまうのなら、すぐにでも意識してゆっくり話すべきですよね。

てきぱきとした声

ゆっくりとした口調なのはいいのですが、「もっとてきぱき話してよ!」といらだってしまう女性も少なからずいます。ゆっくり話すことを意識しつつ、語尾を伸ばさないようにしたりしててきぱき話している感を出していきましょう。

女性にモテる声の作り方

では、自分の声を女性にモテる理想的な声に近づけるためには、どうすればよいのでしょう?ここでは、女性にモテる声をどのようにすれば作れるのかについて以下の3つのステップで解説していきます。

  1. 自分の声を録音する
  2. 自分の声を分析する
  3. 自分の声を改善する
では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.自分の声を録音する

いきなり自分の声を変えようと努力しても上手くいきません。なぜなら自分が聞いている自分の声と相手が聞いている自分の声は少し違うからです。そこで、まずは自分の声をスマホやタブレットなどで録音してみて、自分で聞いてみてください。客観的な自分の声を把握してみましょう。

2.自分の声を分析する

自分の声を好きな人はあまりいないので、「なんか自分の声いやだなー」って思う人が多いと思います。僕も初めて自分の声を聞いたときは「自分ってこんなかっこ悪い声だったの!」ってびっくりしました。(笑)

自分の声をモテる声にしていくために、まずは自分の声のダメな部分、欠点を整理し、直していくことから始めましょう。モテない声の特徴は、主にこれらのものがあります。

  • 声が小さすぎる
  • 滑舌が悪い
  • 抑揚がない・単調
  • 声が高すぎる・低すぎる
  • 口癖が気になる
これらのポイントは女性に悪印象を与える可能性がありますから、意識して直していきましょう。

3.自分の声を改善する

自分の声の非モテポイントを一つ一つ直していくこともモテるためには非常に重要なのですが、モテる声を作るには他の人よりも魅力的になる必要がありますよね。そこで皆さんに意識してほしいポイントは以下の3つです。

  • 腹式呼吸で声を出す(声に少し力を入れるイメージ)
  • 抑揚とメリハリをつける
  • ゆっくりはっきり話す
これらをしっかりと意識して話せば、以前の皆さんの声とは違った声が出せると思います。しかし問題なのは、実際に女性とあった時に一貫して全部のポイントを意識し続けられないということですよね。ですから、声を自分になれさせて習慣化する必要があります。

気になる女性にあった時だけ自分のモテ声を作るのではなく、日頃から意識するのが大切です。

話すだけで女性にモテるためには、自分で声を作ろう!

女性にモテる声になるためには、女性に安心感や大人っぽさを印象付けさせるような声質を作る必要もありますが、女性に不快感を与えず伝えたいことがはっきり明快に伝わるようなメリハリのある声にならなければいけません。

この記事に書かれたことを実践して、会うたびに自分の声で女性を魅了できるようなイケボ男子になってくださいね!

なたは恋愛でこんな間違いをしていませんか?

2代目編集長Yu

どうも、恋愛で間違いしかなかった

2代目編集長のYuです!(笑)

 

「髪型や服には気を付けているのにフラれた…」

「男として見れないと言われ、友達のまま…」

「努力が実らず、余計に自信がなくなった…」

 

これまでTO-RENでは、

数百人の方から恋愛相談を受けてきましたが、

 

その8割以上の方が、

「恋愛でさんざん努力をしたけど

結果が全然出ず、自信ばかり失う…」

という悩みを抱えています。

 

世間やメディアでは、

「努力できる男はモテる、かっこいい!」

ともてはやされるのに、

 

なんで現実では、

努力する男はモテないんだ!?

と疑問に思ったことはありませんか?

 

その答えは、でもお金でも、

はたまたコミュ力でもありません。

 

実は、恋愛の努力における間違い、

たった一つの間違いが原因なのです。

 

その間違いとは…

「恋愛で進むべき方向性を

知らないまま努力している」

たったこれだけです。

この”努力の方向性”

つまり、

「恋愛の全体像」を知り、

ゴールから逆算して、

今するべきことがわかるか?

たったこれだけが

「モテる男とモテない男の差」なのです。

 

このことに気がついた

TO-REN編集部は今回、

「恋愛の全体像レポート」

いわゆるカンニングペーパーを作りました(笑)

 

数年にわたるTO-RENの活動、

何百人の恋愛コンサルから得た知識と経験を

ギュッと凝縮したレポートになります。

 

文字数は、約5万字

原稿用紙100枚以上の分量です(笑)

 

このレポートを、

消化不良を起こさないために、

LINE7日間にわたってお送りしています。

 

もちろん喜んでいただける自信はあります。

ですが同時に恋愛相談も行っているため、

正直に言って、

いつまで続けられるかわかりません、、、

 

なのでもし、

あなたが努力を実らせるために、

「恋愛の全体像」を知りたいなら、

 

この機会を逃さず、

今すぐレポートを読んでみてください!

 

LINE@登録者限定で、

無料配布しています。

また、NOTEで清潔感を極めるチェックリストも配信しています。

ぜひ見てくださいね!