告白するのが怖いのはなぜ?怖い気持ちを勇気に変える対処法を紹介!

どうも、TO-REN編集部です!

TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

「告白するのが怖いです…。」

皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、振られたらどうしよう…と告白する勇気がでないことありますよね。

そこでこの記事では、告白する勇気が出る方法について解説していきます。

本記事のゴール告白する勇気が出る方法について知る

告白するのが怖いと感じる男性の心理とは?

告白 怖い

告白は相手の女性との将来が決まるようなものなので、「怖い」と感じる男性も多いです。

なぜ怖いと感じてしまうのか、その心理について解説していきます!

1.自分に自信がない

自分に自信がない男性は、全てにおいてネガティブに考えてしまうので、告白するのが怖くなってしまいます。

「告白したら相手の女性が迷惑に感じないだろうか…」

「女性にふさわしい男じゃないから…」

「俺なんかあんな可愛い子と釣り合わないよな…」

などと思い込んで不安になり、どんどん告白から遠ざかってしまうのです。

2.今の関係を壊したくない

告白しなければ、女性に気持ちが伝わることがないので今の関係を続けていけます。

しかし、もしも振られてしまったら、今の友達としての関係が崩れてしまう可能性があるのです。

そうなれば、連絡を取り合うことも友人グループで遊ぶこともなくなり、噂が広まって周囲に気を遣わせてしまうことになります。

女性にも周囲にも今と変わらずに接してほしいという気持ちが強いので、最悪のケースを考えると告白するのが怖くなってしまうのです。

3.傷つきたくない

告白は成功すればとても嬉しくて幸せな気持ちになりますが、失敗すれば辛くて落ち込みますよね。

女性のことを好きな気持ちが大きかったり、仲が良かったりするとなおさらです。

また、過去に失恋して深く傷つき立ち直るのに時間がかかった経験がある場合は、トラウマで恐怖心が強くなっている可能性が高いです。

傷つきたくないと誰もが思うことですが、片思い期間が長かったり初恋で特別な感情があったりする場合は、気持ちを伝えるよりも傷つかずに想い続けていたい思ってしまうのです。

4.女性と結婚するまでの覚悟がない

何事にも慎重なタイプの男性は、女性のことは好きで付き合いたいと思っても、結婚するまでの覚悟がなくて告白する勇気が出ません。

特に、結婚まで視野に入れないといけない年齢になっていると二の足を踏んでしまうのです。

結婚するまでの覚悟ができないのは、経済力が安定していなかったり、付き合ってみて価値観の違いを感じるのではないかと考えてしまうからなのですね。

将来のことを真剣に考えるのはいいのですが、付き合う前から二人の将来を心配するのは少し気が早いと言えます。

告白するのが怖いときに勇気が出る対処法5選!

告白 怖い

なぜ告白するのが怖いと感じてしまうのか明確になったら、勇気を出すための行動を起こす必要があります。

勇気がでる対処法を実践して告白への恐怖心から抜け出しましょう!

1.告白しない後悔を考える

告白するのが怖いと感じる男性は、「今の関係を壊したくない」「傷つきたくない」と告白した後の後悔ばかり考えてしまいがちです。

しかし、反対に告白しなくても後悔する可能性があります

たとえば、「女性が自分の仲のいい友人と付き合うことになった」「女性はあなたを好きだったが、いつまでも告白されないから別の人を好きになった」などが考えられます。

このように気持ちを伝えずに後悔している自分をイメージして、告白もせずに後悔するより告白して後悔した方がいいと自分を奮い立たせましょう。

2.告白が成功したイメージをする

告白が怖いのはネガティブ思考が関係しているので、告白が成功して付き合えたときのイメージをすることが重要です。

何事も失敗した時のことを考えると怖くなってしまいますが、成功した時のことを考えると楽しくなってやる気も湧いてきますよね。

女性が「私も好き」とOKしてくれる姿や女性と一緒にデートしている姿を想像してみましょう。

3.徹底的に好きな女性のリサーチをする

告白への恐怖心を取り除くには、徹底的に好きな女性をリサーチすることも大切です。

女性のことを知らないと「どうせ俺はタイプじゃないだろう」と自分に自信が持てなくなってしまいますが、好きなタイプが分かれば女性好みに近づけます。

また、好きな人がいるのか・結婚に対してどんな考えを持っているのかなどを知っておくと、告白するタイミングを見極めることが可能です。

他にも女性の趣味や好きなことを把握しておくと、会話が盛り上がったりとアプローチの仕方が変わってくるのでおすすめです!

4.信頼できる友人に相談する

告白するのが怖いときに一人で考え込んでいても、「やっぱりやめようかな」「俺なんか無理だよな」と同じ考えしか思い浮かびません。

しかし、信頼できる友人に相談すればアドバイスをもらえたり、客観的視点で告白するタイミングを見極めることができるのです。

「彼氏欲しいって言ってたよ!」「告白するなら来週の誕生日が良いんじゃない?」などと背中を押してくれますよ。

5.告白に失敗してもリベンジできると考える

告白に失敗したら「今までの関係が崩れる」「傷ついて立ち直れないかもしれない」と考えてしまうから告白へのハードルが上がり、怖いと思ってしまうのです。

告白して失敗してもそれで終わりではありません。

一度振られても再告白することはできます。

むしろ、あなたの気持ちを知って意識してくれる可能性もあるのです。

失敗しても好きな気持ちを全面に出してアプローチし、再トライしようくらいに考えると気持ちが軽くなります。

告白するのが怖い男性へ!成功率をアップする告白前の3つの準備!

告白 怖い

最後は告白するのが怖いあなたへ、告白の成功率をアップする告白前の準備について3つ紹介します。

少しでも怖い気持ちを和らげられるようにチェックしておくと良いですよ。

1.自己肯定感を上げる

怖い気持ちを打ち消すには、まず自己肯定感を上げることです。

告白がなぜ怖いのか?

それは自分に自信がないからかもしれません。

告白を成功させるためには自分に自信を持つことも重要なこと。

自己肯定感を高めるにはダイエットをしたり、肌や髪の手入れをしたりなど、見た目を変えることがおすすめです。

本を読んで勉強したり、料理を覚えるなど自分の長所を増やすことも良いですね。

自己肯定感を上げて、告白への怖い気持ちを打ち消しましょう。

2.女性と仲良くなっておく

告白を成功させるには、女性の心を掴んでおくことも必要です。

怖いと思ってしまうのは、告白することで女性との仲が壊れてしまう心配があるためですよね。

しかし、もし告白を一度断られたとしても友達として関係を続けていければ、後に付き合える可能性はゼロではありません。

告白によって壊れるような関係だと思うのであれば、そう簡単に壊れない関係を作っておけば良いのです。

怖い気持ちを抑えたいなら、「この子との関係はそう簡単に壊れない」と思えるほどに女性と仲良くなっておきましょう。

3.告白するタイミングを見計らう

最後に、告白するタイミングを見計らいましょう。

ここでいう告白のタイミングとは、あなたの中にある怖い気持ちが消え去ったときとは違います。

あなたと女性の仲が最大限に高まっているときがタイミングです。

告白は、する側ではなく受ける側のことも考えなくてはいけません。

「成功できるか怖い」といつまでも告白せずに悩んでいるようではもちろんダメですが、自分の勢いだけで告白してしまうのも考えもの。

女性との仲が強いものになり、告白しても相手をびっくりさせずに済むと思えるときまで、様子を見てみましょう。

「今ならいける!」とあなたが思えれば、もう怖いものなどないはずです。

告白するのが怖いなら、勇気が出る対処法を実践しよう!

告白するのが怖くても、気持ちを伝えずに後悔するだけは避けるべき。

告白する勇気が出る対処法を実践して、好きな女性に気持ちを伝えましょう!

TO-RENでは恋愛で困らない自分になるための「スタートガイド」を無料でお配りしています。

毎月100名様までに限定しているので、本気で自分を変えたいと思っている方は今すぐ下のボタンからダウンロードしてください。

【次ページ】女性から「お願い、付き合って」と言われる男が意識する「たった1つの力」とは?

    -告白