デートを断られた時の返事はどうすればいい?好印象を残すコツ

どうも!TO-REN編集部です。

先日、LINEでこんな内容の恋愛相談を頂きました。

「好きな人をデートに誘ったら断られました…。どうすればいいでしょうか。」

確かに、勇気を出して彼女をデートに誘ったのに、断られたらガックリしますよね。

そこでこの記事では、次回のデートにつなげるために好印象を残すコツについて解説していきます。

TO-RENは「恋愛は勉強できる」を理念に、恋愛業界にはなかった「体系化された恋愛理論」をお届けする東大発恋愛研究コミュニティです。

公式LINE会員はGAFA社員や医師など累計1,800名以上で、東大駒場祭でのセミナー開催や週刊誌等のメディア掲載実績も多数あります。

ゼロから3ヶ月で60名と出会い最愛の女性と交際した方や、27年間の童貞人生に終わりを告げた方などTO-RENで理想の恋愛を実現する仲間も急増中です。

デートを断られた時の返事はどう伝えればいいの?【好印象編】

断 られ た 時 の 返事

せっかく勇気を出して誘ったデートを女性に断られたらショックですが、1度断られたからと言って全てが終わったわけではありません。

次回にチャンスをつなげておくためにも、彼女の中にポジティブなあなたの印象を根付かせておく方法をご紹介します。

1.悲観せずに明るく受け流す

女性にデートの誘いを断られたとしても、とにかく爽やかに「そっか、また誘うね!」などと明るく振る舞いましょう。

彼女もお断りするのは多少なりとも気が引けているはずなので、あなたが断られたことに何も気にしていない様子を見せてくれたら安心します。

LINEのように相手に表情や感情が伝わりづらい場合にも、落ち込みすぎず明るく爽やかに返事を返すようにしつつ、また誘うニュアンスの文もLINEの中で付け足しておくと、次も誘いやすくなります。

LINEの場合はスタンプなどを活用すると重くなりすぎずに感情表現もしやすいので、意識して取り入れてみるのもいいですね。

LINEやメールにしても対面にしても、女性にとって重荷になるような言動をしないことがとても大切なのです。

例えば誘いを断られた時に「やっぱり僕なんかじゃダメなんだね」「最初から断られるだろうと思っていたよ」など典型的な例文で悲観的なことを言うのは絶対にNG。

女性は今回都合が悪かっただけかもしれないのに、こんな風に言われたら今後誘いに応じてくれなくなるでしょう。

2.時間ができたら教えてと伝える

誘いを断られたとしても「じゃあ都合がよくなったら教えてね」とさらっと女性に伝えましょう。

デートの誘いを断られた時に男性がつい言ってしまいがちな例文が「じゃあいつならいいの?」です。

この言葉を断られた後に言うと、ほとんどの女性から嫌がられるNGワードだということを頭に入れておいてくださいね。

女性は男性に比べて警戒心が強い生き物です。

男性と2人でデートに出かけることは女性にとって勇気がいることなので、タイミングを大事にしたいと考えています。

ですので、具体的にいつならと聞いていなかったとしても、しつこく何度も女性の予定を聞いてしまうのもNG行動です。

せかすような男性は恋愛対象から外されてしまうので注意が必要です。

断られたその後にデートに誘うタイミングはこちらで計りますが、あくまで女性のタイミングに合わせるというスタンスであることを相手に伝えるということが大切です。

3.少しだけがっかりした様子を見せる

誘いを断られたことに無理に強がって見せるのではなく、LINEやメールの文面で「残念だなあ」といった様子を女性に見せるのもよいでしょう。

断られたことに対してほんの少しだけ悲しい顔をしたり、がっかりしたりする男性は女性の母性本能をくすぐります

LINEの場合には落ち込んでいたり、悲しんでいるスタンプを使ってみてもいいですね。

特にこの方法がおすすめなのは、普段は男らしく強い印象がある男性です。

そんな男性がデートを断っただけでシュンとしてしまうと、女性は「私愛されてるんだ」と感じるでしょう。

垣間見える男の弱さにぐっときてしまう女性は多いです。

実は売れっ子ホストや、いわゆる“ヒモ”の男性はこの手法で女性の母性本能に訴えかけて、自分に惚れさせているのです。

デートの誘いを忙しい理由断った女性は、断られた後しばらくして落ち着いた時にすぐにその男性にLINEやメールなどで連絡をくれる可能性が高くなります

4.「次の機会にみんなで行こう」と誘う

デートの誘いに断られても明るく「じゃあ次の機会にみんなで行こう」といった例文のようなことを女性に言えば、あなたの印象が悪くなることはありません。

ガードのかたい女性も「みんなで行こう」の「みんなで」というワードに安心してくれるでしょう。

「みんなで行こう」と言うことで「がつがつしてなくていい人だな」と女性に思ってもらえる可能性もあります。

女性はせかされることが嫌いで、急に距離を縮めることも苦手です。

男性を好きになるスピードもゆっくりなので、みんなで行こうという焦らないあなたの姿勢を見せることで好印象を与えることができるでしょう。

5.急に誘ったことを謝る

「急に誘ってごめんね。また次の機会に!」などと断られた後爽やかに謝るのもいい返しの例文の1つです。

誘いを断る方もその男性に対しうしろめたさを感じているので、「急に誘ってごめん」というようなあなたの方が低姿勢だと女性はびっくりするでしょう。

たまたまタイミングが合わなかった時や、忙しいという理由で断っていた場合など罪悪感を持つ女性もいますので、この「急に誘ってごめん」の一言で心の負担が一気に軽くなります。

それと同時に「謙虚でいい人だな」と感じるでしょう。

誘いを断られたその後、しばらくすればそんな男性と「一度くらいデートしてみてもいいかな」と女性に思ってもらえるかもしれません。

6.返信に対する感謝や思いやりを伝える

女性にデートの誘いを断られた時の上手な返信方法は、「感謝」と「思いやり」です。

デートの誘いを断る返信というのは、よほど剛胆な心の持ち主でもない限り心苦しいものとなります。

そんな女性には、断られたその後にまず返信を気遣う内容をLINEで送るのがベストです。

例文1「返信くれてありがとう」という文面ではデートを断られたとしても、返信そのものが嬉しいということが伝わります。

例文2「忙しそうですね。あまり無理しすぎないようにしてください」という文面では、相手への思いやりを伝えると、よりグッドです。

思いやりを伝える言葉は「ホスピタリティワード」といい、これを男性に言われると女性は嬉しく感じるでしょう。

デートを断られた時の返事はどう伝えればいいの?【地雷編】

断 られ た 時 の 返事

デートを断られた時の女性に対するベストな対応をご紹介してきましたが、NGな行動についても覚えておきましょう。

女性を困らせる言動をしてしまうと、その男性をなしと判断し次のチャンスが断たれてしまいかねません。

1.断る理由を聞く

「どうして出かけられないの?」「本当に忙しいの?」の例文のような、誘った男性から女性を問い詰めるのは絶対にいけません。

「せっかく勇気を出して誘ったのに断られてショックだ」という男の中にある気持ちは分かりますが、取り乱してしまってはスマートではありません。

もし女性が本当に都合が悪くて断った場合を考えてみましょう。

「都合が合えばデートしてもいいかな」と思っていたのに、あなたからしつこく問いただされたり疑われたりすると女性の中の気持ちも冷めてしまうでしょう。

せっかく脈ありだったかもしれないのに、一気に脈なしの男になってしまうのです。

執着心を手放して、女性に対しスマートに対応するのがベターです。

2.次のデートに誘う

「その日がダメならこの日はどう?」といった例文で、その場でなんとかデートの約束を取りつけようとすると、しつこい男だと思われてしまいます。

誘ってダメな場合には一旦持ち帰ることで冷静になるのですが、LINEではその時間感覚がよくわからなくなってしまうので特に注意が必要です。

例えば「その日は予定がある」というLINEの返事には「じゃあこの日は?」と聞いてみるのは自然な流れです。

ですが、そのあとに「先の予定はわからない」など曖昧なLINEの返事の時には、断る口実で予定がある話をしていたとも取れますので、食い下がると逆効果になってしまいます。

女性が誘いにのってくれないということは、その時点ではまだその男性のあなたの優先順位が低いということ。

無理に誘っても逆効果です。

しかし女性も環境や心境の変化があって、その男性の誘いにのってもいいかなと思う時がくるはずです。

その時まで焦らず待てると、成功率がぐっと高まります。

モテる男性はタイミングを見計らうのが上手なのです。

3.逆切れするなど態度を変える

自分の要望が通らなかったからと言って逆切れするなんてもってのほかですね。

男として女性にデートを断られたら、ショックを通り越して悔しさも出てくるでしょう。

しかし逆上してしまっては今までの努力が全て水の泡です。

また、急によそよそしくなったり「本当は誘うつもりなんかなかったんだけどね」などと強がったりと、いきなり態度を変えるようなこともいけません。

仕事やプライベートなど忙しい女性もいますし、たまたまタイミングが合わなかっただけということもあり得ますので、相手の状況などを考える余裕が必要ですね。

自分を否定されたような悔しさからついやってしまいがちな行動ではありますが、女性から嫌われてしまいます。

デートを断られた時の女性の脈なし返事とは?

断 られ た 時 の 返事

デートの誘いに対するお断りの返事によって、残念ながら脈なしだと判断できるケースも存在します。

では断られた返事がどんなものの場合、脈なしなのでしょうか?

代表的な脈なし返事をつ紹介するので、そんな返事が来たら脈なし確定なので諦めた方が吉です。

1.そもそも返信が来ない

「LINEの返信が来ない…」というのがデートの誘いに対する女性の対応なら、確実に脈なしでしょう。

そもそも説明する必要すらない脈なし対応ですが、少しでも気になる男性相手なら女性はLINEのチェックは欠かしませんし、デートの誘いのメッセージを返信しないわけがありません。

こちらがデートの誘いをしてもスルーしてくれるなら、その女性にとっては「どうでもいい存在の男」のカテゴリーに入ってしまっています。

かなり低い確率で相手が忙しくLINEの返信が来ないパターンもありますが、その後も完全に返信なしならその女性は脈なしだと判断し、別の人を探しましょう。

.デートできる日を教えてくれない「また今度ね」

デートに断われた時、もし相手の男性が脈ありなら、「○○だったらいいよ」や「予定がわかったらこっちから連絡するから」というポジティブな返事が返ってきます。

しかし反対に具体的な日付がなく、「また今度」という典型的な例文のようなそっけない返事だと、そもそも女性がデートにノリ気ではない証拠です。

この場合は無理にデートには誘わず、別のアプローチに切り替えましょう。

.恋愛より仕事優先「今仕事が忙しくて…」

「仕事なら仕方ないか…」とあなたが納得しやすい返事ですが、しかしこれはあなたよりも仕事を優先しているという意味の返事です。

「忙しくても会いたい」ということであれば「仕事は○○に終わるから」という自分の予定をふまえた返事になるでしょう。

なので仕事を言い訳にして予定埋まってることを言うのは遠回りに「興味がない」という返事であり、あなたには脈なしなのですっぱりと諦めた方がいいです。

.遠回しに伝えている「また皆で行きたいですね」

せっかくデートに誘ったのに「皆で行きたい」というお手本の例文のような返事。

ということはつまり、「2人では行きたくない」という相手の意志です。

2人っきりになりたくないので、ほぼほぼ脈なしということが確定です。

そんな相手にそれ以上しつこく誘っても、絶対にOKはしてくれません。

2人きりのデートは諦め、まずはみんなと一緒にいる中で関係を深める努力をしましょう。

.脈なし決定「好きな人がいるので無理です」

断り方としては文句なしのストレートでしっかりとした返事で、これを言われてしまうとしばらくはデートに誘いづらくなりますよね。

それくらい今はあなたとデートをするつもりはないという意思表示でもあります。

この返事をされたらかなり傷つきますが、曖昧に引き伸ばされるよりは早めに諦めがついて、次に進むことができると前向きに捉えましょう。

デートを断られた時の対処法とは?

断 られ た 時 の 返事

デートに誘って断られた時の返事の良い例と悪い例がわかったところで、実践的に使える対処法を紹介します。

つのポイントをおさえていれば、次のデートを誘うとき、LINEやマッチングアプリ内でよりよい返事をもらいやすくなるでしょう。

1.一旦距離を置いて冷静になる

デートの誘いを断る理由は様々ですが、どんな理由でも代替案を出しても乗ってこない、相手からもないのであれば、一旦距離を置いて冷静になる時間を作りましょう。

デートをしたいという気持ちがあって誘っていますので、どうにか漕ぎつけたいと思うのはわかりますが、そこはグッと我慢です。

押してもダメな時はいくら押してもダメですので、ここは相手に悟られないように、爽やかに潔く「了解、また誘うね〜」などシンプルな言葉で身を引きます。

ここで大事なのは相手の気持ちを察していますよということをわかりやすく伝えることです。

そうすればデートは断られても得たものは大きいです。

次にデートを誘うなら、本当に予定が合わないなどタイミングが合わなかった、もしくは一度目の誘いは様子を見るというマッチングアプリ利用者の女性もいますので、その場合には1〜2週間を目処に再度誘ってみてもいいでしょう。

2.女性との関係性を築くことに専念する

断られた後に一旦距離を置いたのはいいけれど、次のデートに誘う時にはうまくいく確率を上げておきたいものですよね。

そのためにできることが、女性との関係性を築いておくことです。

一旦、次のデートに誘うということは忘れて関係性を築くことに専念してもいいでしょう。

女性は信頼を深めた相手ですとスムーズに心を許し、二人で出かけることも抵抗が少なくなります。

まずはLINEなどで連絡を定期的に取れる仲になったり、何人かで遊びに行く事を繰り返したりして信頼関係を築いていきましょう。

マッチングアプリの相手ならやり取りを継続することに意識をおく。

関係を築けたところで、再度デートに誘ってみると成功する可能性が高くなります。

3.誘いを断られてしまった原因を考えてみる

続いてのデートの誘いを断られた時の対処法は、その原因を考察することです。

何がダメだったのか、自分がいけないのか脈なしなのか、まずはそれを探りましょう。

LINEやマッチングアプリのやり取りを振り返ってみてください。

マッチングアプリの相手ならプロフィールを確認するのも1つの方法です。

デートの誘いを断れたのがたまたまなのか、自分に原因があるかでもかなり大きく変わってきます。

たまたまなのであれば次の誘いはOKしてくれるかもしれませんし、自分に原因があれば再度誘ってもNOの返信になるでしょう。

何が原因かを確かめることで、再トライする時の足掛かりになるかと思います。

試行錯誤して、次のデートにはOKをもらえるように頑張りましょう。

デートを断られた時の返事は超重要!好印象を残そう

断 られ た 時 の 返事

1度や2度、デートを断られたからといってその恋が終わったわけではありません。

恋愛にはタイミングというものがあります。

あなたが悲しさや悔しさをおさえて、大人な対応をすることで必ずまたチャンスが巡ってくるでしょう。

TO-RENでは自分を変える最初の一歩を踏み出したいと考えている方に向けて、LINEコンサルティングを実施しています。
毎月100名様に限り無料でLINEにご登録頂けますので、恋愛において成功を掴むための「戦略」を知り本気で自分を変えたい方は今すぐ下のボタンから会員登録をしてください

【次ページ】「自信がなくて行動できない…」と悩む男性が恋愛で成功するための「戦略」とは?

    -デート