LINEでの告白はOK?メリットや成功ポイントも解説!

LINEでの告白はアリ?メリットとデメリット、成功ポイントも解説!

どうも、TO-REN編集部です! TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。

好きな人に彼氏ができた
LINEで女性に告白するのってアリですか?
皆さんの中にもこのような疑問を抱えた方はいると思います。確かに、直接会って告白するのが一般的なので、LINEで告白するのはアリなのか気になりますよね。

そこでこの記事では、

  • LINEでの告白はアリなのか?
  • LINEで告白するメリット・デメリット
  • LINEで告白する際のポイント

について解説していきます。

また、この記事ではLINEでの告白を考える方のためにそのメリットやポイントを紹介していきます。

「まだ告白をするほどには関係を深められていない」という方は以下の記事を参照してみて下さい!モテる男のLINE会話術を徹底解説しています。

関連記事

どうも、TO-REN編集部です!TO-RENではLINE@を通して恋愛相談も受けているのですが、先日つぎのような質問がありました。「女性とLINEしているんですが、会話がネタ切れしてしまいます。どんな話題で盛り上げる[…]

モテる男 LINE 会話 テクニック
TO-RENは、「お願いだから付き合って。」と女の子から求められる男になれるよう恋愛を研究するコミュニティです。「東京大学駒場祭」「週刊SPA!」「U-meet」などのメディア掲載実績や、学生や医師、弁護士、GAFA社員など400名以上のコンサル実績があります。
また編集長Yuに恋愛相談したいと言う方は遠慮無く下のボタンからLINE登録くださいね!
TO-REN会員限定サポートで 自分だけの成功方法を! TO-REN会員限定サポートLINEで参加する!

LINEでの告白はアリなのか?

では、LINEでの告白はアリなのかについて解説していきます。

8割以上の女性が「ナシ」と回答

LINEでの告白はアリなの?という問いに対して、20代、30代女性のうち8割以上が「ナシ」と回答しています。

やはり気軽に送れるLINEだと、相手の顔も見えないため気持ちが伝わらないという考えもあります。

しかし、2割は「LINEで告白されてもいい」と思っているため、文字だけで気持ちを伝える自信がある人は活用してみてもいいでしょう。

告白しないよりはマシ

LINEであっても気持ちを伝える方が、告白しないよりはマシです。

告白しないことには何の進展もないし、諦めることしか道はありません。

もちろん直接告白するに越したことはないですが、告白しないよりはLINEで気持ちを伝える方がいいでしょう。

「告白したいけど直接はちょっと…。」という人は、LINEでありのままの気持ち送ってみることが大切です。

ただその際に最も重要なことは、LINEでの告白のメリット・デメリットをしっかりと認知しておくことです。

LINEでの告白の特徴をしっかり把握したうえで告白することが、成功率を高めることに繋がるでしょう。

LINEで告白するメリット

LINEで告白するより、直接告白した方が気持ちは伝わりやすいです。

しかし、LINEでの告白にもメリットが3つあります。

ではLINEで告白するメリットについて詳しく解説します。

気まずい雰囲気になりにくい

LINEで告白するメリットには、気まずい雰囲気になりにくいという点があります。

告白された側のことを考えると、すぐに返事が出せなかったり、いい返事をできない場合もあります。

直接告白したとすると、変な沈黙があったりして気まずい雰囲気になりやすいです。

しかしLINEで告白することにより、相手に考える時間を与えることもできたりと、返事に気を遣わせることがないのです。

告白の言葉をじっくりと選べる

LINEでの告白には、告白の言葉をじっくり選べるというメリットがあります。

直接告白するとなると、緊張して言葉がつまってしまったり、

伝えたかったことが全て言えなかったりすることも考えられます。

逆にLINEでの告白の場合は、伝えたいことを文字として表すことで気持ちを整理することもできるし、

じっくりと言葉を考えて後悔なく送ることができます

タイミングや流れを掴みやすい

直接の告白に比べて、タイミングや流れをつかみやすいというのもLINEでの告白のメリットです。

直接告白しようとしても、「話の流れが合わずタイミングがつかめなかった」「結局告白できなかった…」なんてこともあると思います。

しかしLINEの場合は、時間をかけて相手とやり取りできるので、告白の流れに持って行ったりタイミングを掴んだりしやすいんですね。

また、直接の告白ではタイミングがあったとしても勇気がなければ決心できずに逃してしまうかもしれません。

それに対してLINEでも会話のキャッチボールでは、自分がなにかしらの返信をしまければ話が進まないので、その決心もしやすくなるのです。

LINEで告白するデメリット

LINEで告白するメリットを解説しましたが、「デメリットもあるのでは?」と思った方のために、

LINEで告白するデメリットについても解説していきます。

冗談だと思われる可能性がある

LINEで告白するデメリットは、冗談だと思われる可能性があることです。

やはり直接での告白が普通であると思っている人が大多数ですから、LINEでの告白では真剣度が伝わりづらいんですよね。

相手によっては、LINEでの告白が初めてだったりすると

「LINEで告白ってラフすぎない?もしかして冗談でからかわれてる?」と疑うこともあります。

そのため、LINEで告白しても真剣であることが伝わる文脈を作った上で告白することが大切です。

スクショされ第三者に見られる可能性がある

スクショされ第三者に見られる可能性があるも、LINEで告白するデメリットです。

LINEでのメッセージは簡単にスクショすることができ、

自分や相手が消したとしても画像として残ってしまう可能性があります。

もし、相手が友人に相談した場合は第三者にも筒抜けになってしまうのです。

他人の目を気にすることなく告白できるというのはLINEでの告白のメリットですが、逆に自分の告白が文面で残ってしまい結果的に第三者に渡ってしまうという点ではデメリットになってしまうのです。

「恥ずかしいから第三者には見られたくない!」という人は、直接告白することも視野に入れたほうがいいでしょう。

既読スルー・未読スルーされる可能性もある

LINEでの告白でのデメリットとしては、既読無視・未読無視されるかもしれない、という点も挙げられます。

直接告白する時はもちろん二人きりのシチュエーションだと思うので、必ず相手からの返事がもらえます(保留の場合もありますが)。

仮に告白が失敗に終わったとしても、「ごめんなさい。」だけ言って去って行ってしまう女性は少ないでしょう。ほとんどの場合、なんでダメなのか、その理由を一言くらいは言ってくれるはずです。

しかしLINEでは、なんの返事もなしに会話を終わらせることができてしまいます。ですので告白が受け入れてもらえない場合に既読スルーされてしまうと、なんでOKじゃないのか、という理由すらも分からないまま終わってしまう可能性もあるのです。

失敗の際の気まずさがないことはメリットと言えますが、逆にそのまま関係が終了してしまうこともあるので、その失敗を次の出会いに活かすことができないのです。それは大きなデメリットとなります。

メリットを活かし、LINEでの告白を成功させる3つのポイント

LINEで告白するメリット・デメリットをふまえた上で、

「LINEで告白を成功させることはできるの?」と不安になった方もいるでしょう。

LINEでの告白のメリットとしては、じっくり言葉を選べること、タイミングを整えられることなどがありました。

ここでは、これらのメリットを存分に活かして、LINEでの告白を成功させる3つのポイントを詳しく解説していきます。

1.「大事な話がある」と切り出す

LINEでの告白を成功させるには「大事な話がある」と切り出すようにしましょう。

いつもと違った雰囲気に「大事な話って何だろう。」と気になりはじめ、ドキドキした気持ちが告白のムードを作り出してくれます。

そして、改まった雰囲気がより相手に真剣な気持ちを伝えやすくなり、告白を成功させるポイントとなるのです。

2.夕方から夜の時間を利用する

夕方から夜の時間を利用するのも、LINEで告白を成功させるポイントです。

心理学的にも、夕方から夜にかけての時間帯は、異性に心を開いてしまうため恋愛話をしやすいと言われています。

「夕方から夜の時間って何時くらいがいいの?」という点についてですが、

仕事が終わって帰宅する18時くらいから22時くらいまでの「ゴールデンタイム」を目安にしましょう。

3.はっきりと言いたいことを伝える

LINEでの告白を成功させるには、はっきりと言いたいことを伝えるようにしましょう。

恥ずかしい気持ちや振られた時のことを考えると、遠回しにだらだらと文章を打ってしまうことが多いです。

あまり長文になりすぎると「伝えたいことは何?」と本当に伝えたいことがわからない状態になりかねません。

はっきりと言いたいことをまとめて伝えるようにすることが大切です。

告白LINEのポイントを理解して相手の心を掴もう!

告白しないよりはマシですが、8割以上の女性が「ナシ」と回答しているため、直接告白されたいと思っています。

しかし「直接した方がいいのはわかっているけど、タイミングを掴めないし恥ずかしくて頭が真っ白になってしまう。」という人もいるでしょう。

言葉をじっくり考えられる、タイミングをしっかり計れる、というLINEでの告白のメリットを活かして最高の告白をすれば、受け入れてくれる可能性はあります

告白LINEのポイントをしっかり理解して、相手の心を掴みましょう。

さて、この記事を読んでLINEでの告白のメリット・デメリット、ポイントを理解していただけたと思います。

たとえ告白がLINEで成功できそう、と感じたとしても告白に至るまでの出会いやデートは、すべてオンライン上で完結させることは不可能です。

実際に女性と会って、女性を楽しませなければ告白を成功させることはできません。

そこで次のページでは、最短最速で彼女を作ることにフォーカスして、その方法を論理的に解説しているので、興味のある方はぜひ「次ページ」をクリックしてチェックしてみて下さい!

>今すぐ「童貞を卒業したい」あなたへ

今すぐ「童貞を卒業したい」あなたへ

TO-RENの公式LINEでは無料で恋愛相談を行っています。「童貞を卒業する方法が分からない」「行動はしてるけど、恋愛の話題になると怖い」といった悩みをもった方に対して、同じ悩みを抱えていた僕が何かできないかという思いで、公式Line@で無料恋愛相談を始めることにしました!気になる方は下のボタンから友達追加してみてください!